世界各地のストリートで「死体を演じる」女優

女優Stephanie Leigh Roseは、世界の各地で美人台無しの“死体ポーズ”を撮影してInstagramに公開している。輝かしい自分の容姿ではなく、著名人の彼女があえて演じる死体には、深い理由があった。

見た目ではなく、
「生きざま」で魅せる

「ねえ、彼女はどうして死んだの?」この言葉を人々から引き出したくて、死体を演じているのです。写真って、風景や感情を後世に残すものだと思うから。自撮りで表面的な美しさを見せるのではなく、その場所で生きてきた自分の人生を人に問われるようになりたい。

アメリカ、日本、ヨーロッパなど世界のいたるところで、Stephanieはこれまで死体を演出してきた。彼女が“死んだ場所”はさまざまだけど、どれも死にいたるまでの物語を連想させるものだ。

誰だって自分の人生がどこで終わるのかわからない。最後は道端を歩いている時かもしれないし、汚れた公衆トイレという可能性も。

要はその人の生き方次第で、後世に何かを残すために生きることが重要なわけで……。Stephanieの写真に、ただ面白いとか、ユーモアがあるというだけではないメッセージ性を感じてしまった。

Licensed material used with permission by STEFDIES
夢に死体が出てきたら、そこには、一体どんなメッセージが込められているのでしょう。気持ち悪いという一言で片付けてしまうのも一つの方法ですが、それでは大事なメ...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
フランス人風景写真家のBeboyさんは、世界各地をすでに3年以上かけて旅をしている。目的は、世界で一番美しい景色をフレームに収めるため。それを演出する最良...
暑さを言い訳にして、ついつい何杯も飲んじゃいそうなオレンジ色したレモネード。いちごとバジルの香りがスッキリしていて、うだるような暑さも気持ちよく感じられるかも!
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
ロシアのあるクリエイティブ・エージェンシーが、世界で初めてとなる試み「ストリートミュージシャン専門の音楽レーベル」を立ち上げました。
絶滅の危機に瀕しているキタシロサイ一頭が死体で発見された。場所はケニアのオルペジェタ自然保護区。これで世界で生き残っているキタシロサイはわずか6頭。死亡が...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
地域の特性を活かしたコンセプトストアを各地に展開するスターバックス。そのひとつ富山環水公園店は、「世界一美しい」と賞賛されるスタバなんだそう。どれどれ、I...
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
世界中のストリートに、バスケットコートは無数に存在する。そんな中でも、3年ほど前にトロントで見たこの場所は衝撃的で、こんなところでプレーできるなんて羨まし...
先日、ジャスティン・ビーバーが後ろ姿のヌードをInstagramで披露し、大きな反響を呼びました。それに触発されたのかはわかりませんが、Instagram...
スマホに保存したり、財布の中にしまっていたり、自分にとっての大切な写真は常に持ち歩きたい。そうすることで、いつも大好きな人たちとの思い出にひたることができ...
持っているから「思い出」なのか? 失ってしまうから「思い出」なのか?
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
エチオピア・ナミビア・ケニア・インド・中国の部族を探し求めて旅をする写真家のTerri Gold。彼女は、現代に残った「ごくわずかな伝統」を目にしてきた。...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
「インスタジェニックな香港」といえば、ヴィクトリア・ピークやシンフォニー・オブ・ライツで異論なし。だけど、James Wongは、単なるストリートにその美...
ハッピーエンドを迎えたら、物語も主人公たちの時間もそこで終わり。けれど、もしもストーリーのその先があったなら…。そんな「if」の世界を演じるのは母と娘。デ...
ひとくちに「フォトグラファー」と言っても、そこには様々な形があります。ここで紹介する保井崇志(Takashi Yasui)さんが本格的に写真を撮り始めたの...
Rafael Mantessoさんは、30歳の誕生日に妻と離婚。家具や思い出の写真などすべてを失い、彼に残されたのは、愛犬のジミーチュウ(以下ジミー君)だ...
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
大人になっても「良い子」を演じ続けてしまう人へ、『THE SCHOOL OF LIFE』がその生き方の問題点と、解決策を紹介しています。