世界各地のストリートで「死体を演じる」女優

女優Stephanie Leigh Roseは、世界の各地で美人台無しの“死体ポーズ”を撮影してInstagramに公開している。輝かしい自分の容姿ではなく、著名人の彼女があえて演じる死体には、深い理由があった。

見た目ではなく、
「生きざま」で魅せる

「ねえ、彼女はどうして死んだの?」この言葉を人々から引き出したくて、死体を演じているのです。写真って、風景や感情を後世に残すものだと思うから。自撮りで表面的な美しさを見せるのではなく、その場所で生きてきた自分の人生を人に問われるようになりたい。

アメリカ、日本、ヨーロッパなど世界のいたるところで、Stephanieはこれまで死体を演出してきた。彼女が“死んだ場所”はさまざまだけど、どれも死にいたるまでの物語を連想させるものだ。

誰だって自分の人生がどこで終わるのかわからない。最後は道端を歩いている時かもしれないし、汚れた公衆トイレという可能性も。

要はその人の生き方次第で、後世に何かを残すために生きることが重要なわけで……。Stephanieの写真に、ただ面白いとか、ユーモアがあるというだけではないメッセージ性を感じてしまった。

Licensed material used with permission by STEFDIES

関連する記事

夢に死体が出てきたら、そこには、一体どんなメッセージが込められているのでしょう。死体の夢にも意味が存在します。それらを状況別に紹介していきましょう。
Instagramから美しい写真を掘り起こして、表彰しようとはじまったのが「PHOTOBOX INSTAGRAM PHOTOGRAPHY AWARDS(P...
世界各地の廃墟となっている城・教会・修道院等の美しい遺構の写真集が発売。世界遺産に登録されているスケールの大きな歴史的な遺構から、どのような経緯で打ち捨て...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
PBM(プラントベースドミート)の未来型レストラン「The Vegetarian Butcher」の、世界初コンセプトストアにおいて、都市型農園「アーバン...
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
映画のなかで猟奇殺人犯のバッファロー・ビルが拠点にしていた家が、現在、宿泊施設に改装されているらしい。4つのベッドルーム、1つのバスルームが備えられており...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...