世界各地のストリートで「死体を演じる」女優

女優Stephanie Leigh Roseは、世界の各地で美人台無しの“死体ポーズ”を撮影してInstagramに公開している。輝かしい自分の容姿ではなく、著名人の彼女があえて演じる死体には、深い理由があった。

見た目ではなく、
「生きざま」で魅せる

「ねえ、彼女はどうして死んだの?」この言葉を人々から引き出したくて、死体を演じているのです。写真って、風景や感情を後世に残すものだと思うから。自撮りで表面的な美しさを見せるのではなく、その場所で生きてきた自分の人生を人に問われるようになりたい。

アメリカ、日本、ヨーロッパなど世界のいたるところで、Stephanieはこれまで死体を演出してきた。彼女が“死んだ場所”はさまざまだけど、どれも死にいたるまでの物語を連想させるものだ。

誰だって自分の人生がどこで終わるのかわからない。最後は道端を歩いている時かもしれないし、汚れた公衆トイレという可能性も。

要はその人の生き方次第で、後世に何かを残すために生きることが重要なわけで……。Stephanieの写真に、ただ面白いとか、ユーモアがあるというだけではないメッセージ性を感じてしまった。

Licensed material used with permission by STEFDIES
夢に死体が出てきたら、そこには、一体どんなメッセージが込められているのでしょう。気持ち悪いという一言で片付けてしまうのも一つの方法ですが、それでは大事なメ...
Instagramから美しい写真を掘り起こして、表彰しようとはじまったのが「PHOTOBOX INSTAGRAM PHOTOGRAPHY AWARDS(P...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
フランス人風景写真家のBeboyさんは、世界各地をすでに3年以上かけて旅をしている。目的は、世界で一番美しい景色をフレームに収めるため。それを演出する最良...
ロシアのあるクリエイティブ・エージェンシーが、世界で初めてとなる試み「ストリートミュージシャン専門の音楽レーベル」を立ち上げました。
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
絶滅の危機に瀕しているキタシロサイ一頭が死体で発見された。場所はケニアのオルペジェタ自然保護区。これで世界で生き残っているキタシロサイはわずか6頭。死亡が...
画像編集ソフト×ポートレートって、見た目の美を追求するために使われることがほとんど。でも、昨年展開されたAdobeによる「The Future Is Yo...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
シンガポール在住メリッサさんのInstagramアカウントでは、各国のグルメと観光スポットを掛け合わせた写真が投稿されています。
おもしろいInstagramのアカウントを見つけました。
身近にあるものを使って色を紹介するInstagram「@lucialitman」。これまで知らなかった色をたくさん知ることができておもしろい。
地域の特性を活かしたコンセプトストアを各地に展開するスターバックス。そのひとつ富山環水公園店は、「世界一美しい」と賞賛されるスタバなんだそう。どれどれ、I...
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
大人になっても「良い子」を演じ続けてしまう人へ、『THE SCHOOL OF LIFE』がその生き方の問題点と、解決策を紹介しています。
Bella Foxwellさんのアカウント「The Doors of London」には、ロンドンにある「ドア」の写真が投稿されています。
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。