自分のアバターで「試着」ができるように!

11月4日、ライフスタイルに関わるさまざまな商品を販売しているオンラインストア「YOOX」が、AIを搭載したバーチャルスタイリングサービス「YOOXMIRROR」に新機能を追加した。

これまでは特定の3Dアバターに洋服を試着させることしかできなかったのだが、新たな機能により、そのアバターを“ユーザー自身”にすることが可能となった。

ユーザーは、セルフィーもしくは自分が写っている写真をアップロードするだけでOK。その後は、好きなようにジャケットを着せてみたり、ジーンズを穿かせたりして、自分に似合う洋服を探すことができる。

“洋服の購入もオンラインで”という行為は当たり前になったが、それをさらに推し進める機能となりそうだ。

©YOOX
Top image: © YOOX
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
オンライン上で試着できるサービス「Kimakuri」が、体験版の提供を開始。自分の情報を登録したアバターを利用して、1秒で試着可能です。
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
店内をぐるっと一周しては、気になった洋服をいくつかピック。試着室とフロアを行ったり来たりしながら、どうしようかとお悩みモード。そんな買い物の形はこれから少...
イギリス・ロンドンに、レゴウェアとスナップチャットがAR技術を使って、洋服を置かない洋服屋さんをオープンさせました。
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、CONANの『Volt THrower』です。
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
間もなく到来する年末セール。試着室は順番待ちで長蛇の列…。そんな場面でこそ、ゼッタイ役立つライフハックをビエボ動画より紹介します。こういうのって知っておく...
アーティストLibby Oliverさんは、複数の人に持っているすべての洋服を身にまとってもらい、シャッターを切りました。
このおしゃれなトラック、なんだと思いますか?実は、下着屋さんなんです。オンライン下着ブランド「True & Co」が行っている「Try-On Truck」...
洋服を決めるときは試着、新しい食材を買う際には試食、車を購入する前には試乗──。何かを判断する前には「試す」という行為があるべきなのに、こと住まいにおいて...
明洞から徒歩15分程にある「ウルチロ3街(乙支路3街)」。今ここに若いクリエイターたちが目をつけ、自分たちの好きを貫いたお店をオープンさせている。HIPチ...
「NorBlack NorWhite」というファッションレーベルが狙うのは、インドからカルチャー発信をすることです。
5月21日にアーバンアウトフィッターズが発表した、洋服のレンタルサービス「Nuuly」。月額88ドル(約9500円)を支払えば、最大で800ドル(約8万6...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
あなたにピッタリのドレスが見つけられると打ち出している、プラスサイズの女性だけでなく“みんな”をターゲットにしたファッションブランド「Laws of Mo...
自分の分身となるキャラクター、アバター。全世界興行収入第1位となった映画『アバター』続編の制作もはじまるようだけど、現実の世界においてアバターネタで話題を...
1989年、糸井重里がゲームデザインを手掛けた「MOTHER」がゲーム発売30周年を記念してオリジナルサウンドトラックを発売!しかも、当時を彷彿とさせるア...
「MIMION」は、温泉や岩盤浴に入ったようなポカポカとした温もりを感じることができるという“耳のお布団”。
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
「Voyage Club」というサービスは、予算と目的地を教えれば、現地の雰囲気とマッチした洋服を用意してくれるんです。ホテルに着いたら、クローゼットに洋...
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
「SKIN Ⅱ」のルックスはコンプレッションウェアだが、その繊維はプロバイオティクスを含んでいる。開発したのは、ファッションデザイナーのRosie Bro...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
彼女に殺されかけた男が、なんとその彼女に法廷でプロポーズしたという話。しかも、どうしても彼女と結婚したいからという理由で、裁判官に情状酌量を求めたとのこと。