自分のアバターで「試着」ができるように!

11月4日、ライフスタイルに関わるさまざまな商品を販売しているオンラインストア「YOOX」が、AIを搭載したバーチャルスタイリングサービス「YOOXMIRROR」に新機能を追加した。

これまでは特定の3Dアバターに洋服を試着させることしかできなかったのだが、新たな機能により、そのアバターを“ユーザー自身”にすることが可能となった。

ユーザーは、セルフィーもしくは自分が写っている写真をアップロードするだけでOK。その後は、好きなようにジャケットを着せてみたり、ジーンズを穿かせたりして、自分に似合う洋服を探すことができる。

“洋服の購入もオンラインで”という行為は当たり前になったが、それをさらに推し進める機能となりそうだ。

©YOOX
Top image: © YOOX
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
オンライン上で試着できるサービス「Kimakuri」が、体験版の提供を開始。自分の情報を登録したアバターを利用して、1秒で試着可能です。
北欧を中心に洋服を販売しているWEBサイト「Carlings」が、「Neo-Ex」というファッションブランドを立ち上げました。実際に洋服を買うことはできな...
「シチズン時計」は11月28日、ARで腕時計の試着体験ができる新サービス「CITIZEN AR try」を開始。
店内をぐるっと一周しては、気になった洋服をいくつかピック。試着室とフロアを行ったり来たりしながら、どうしようかとお悩みモード。そんな買い物の形はこれから少...
世間では今、“ルビー“のような赤きピンクのカラーが特徴の「ルビーチョコレート」が話題。色による新しい楽しさもあって、カワイイ!食べたい!誰かにあげたい!そ...