ロハスな暮らしを知りたいなら、NZで「究極のエコホテル」泊

「世界の最先端ホテルが提供するのはエコステイ」って何かの紹介で聞いたりするけど、何がどんなふうにいいのだろう?
地球に優しく、心と体が整うとは言うわれても、その感覚はやってみないとわからない。

そういうときって、体験したほうが100倍早い。

で、究極のエコステイならここ。世界60ヶ国を訪れた旅の達人で、NZで自給自足の生活を送る自然派作家・四角大輔さんも舌を巻いた、ニュージーランド、クイーンズタウンにあるリトリートホテル「シャーウッド・クイーンズタウン

ここは、新著『LOVELY GREEN NEW ZEALAND 未来の国を旅するガイドブック』の取材で、ニュージーランド中を2ヵ月以上かけて旅していたときに見つけたというホテル。

「世界を代表するエコホテル」にも選ばれた、
再生材料を全面に使った内装

©Toshitake Suzuki

シャーウッド・クイーンズタウンは、アメリカの『USA TODAY』にて、世界を代表する5つのエコホテルに選ばれています。

屋根にソーラーパネルを設置しているのは当たり前、カーペットには漁師の廃棄ネット、壁の断熱材はワインコルクをリサイクルしたものを使用、純毛の毛布、アメニティのボディ&ヘアケア製品も、ニュージーランドのナチュラルブランド「Sans」によるオリジナルのもの。四角さんは「これは世界有数のエコレベルだ」と評します。

いくらニュージーランドがサステナブル、地産地消、オーガニックの最先端を走ると言われていても、ここまで建物自体の素材にこだわっているホテルってそうありません。「入った瞬間の空気の透明度が違うだけでなく、インテリアや雑貨のセンスがワールドクラス」と四角さんの熱弁は続きます。

「Farm to Table」じゃまだ甘い!
ここでは「Garden to Table」が基本

©Toshitake Suzuki

ホテルのレストランはニュージーランド南島でもトップクラスの評価を得ています。野菜と果物は、敷地内の菜園と地元の有機農家さんによるもの。ホテルの自家菜園や養蜂場では、世界最高峰の有機農法と言われている、「バイオダイナミック農法」を採用しています。

©Toshitake Suzuki

調理を担当するのは、アリス・ウォータースに強い影響を受けたという敏腕シェフ。エシカルな飼育法によるお肉やフェアな方法で獲られた魚を用意し、ホロピトやカワカワなどのこの土地にしかない野生ハーブをたっぷり使い、極上のひと皿に仕上げます。

ちなみに、アリス・ウォータースは、世界初のオーガニックレストランを開店しスローフードを普及させた「オーガニックの母」と呼ばれる人物。その方から伝播した料理の数々が、オーガニックフード推進活動をしている四角さんの舌を唸らせたというわけですね。

©Toshitake Suzuki

厨房の壁には、ピクルスなどの保存食瓶と、乾燥中の手打ちパスタがずらり。これも、加工品に頼らずハンドメイドにこだわるこのホテルの哲学の表れ。朝食のバイキングに並ぶジャム、ピーナッツバター、 ミューズリー、ヨーグルトもすべて無添加で自家製なんだそう。

すべてが揃うリトリートだから、究極の体験

©Toshitake Suzuki

ホテルですから、楽しむべきはレストランだけではありません。

ヨガのクラスはもちろん、ピラティスや瞑想など精神を静かに整えるプログラムや、体の調子を整えるマッサージ、サウナ施設も完備されています。
自由に焚き火ができるファイヤープレイスと薪まで準備され、夜はナチュラル製法の地ビールやヴァンナチュール(自然派ワイン)を片手に、火を囲んで過ごすことだってできる。
世界中のリトリートが叶う場所を訪れてきた四角さんも「焚き火ができるホテルは見たことがない」と語ります。

©Toshitake Suzuki

大自然に包まれながら、ここまで揃っているからこその「究極」。心と体、そして地球環境の健康を重視する生活が、どれほど自分に影響を与えるか、一泊でもすればきっとわかります。

Sherwood Queenstown
554 Frankton Rd, Queenstown 9348 ニュージーランド

最後に四角さんから届いたメッセージ

「最高な国だけど、ニュージーランドへの渡航費は高い!って言う人がいますよね。それはかなり古い情報です(笑)。最短時間で行ける唯一の直行便を運行するニュージーランド航空のチケットは、ここ数年で驚くほど安くなっているし!ぼくも愛用してます」

ちなみに、3月8日まで代官山T-SITEで四角さんイチオシのニュージーランドアイテムと、彼が旅で愛用する超軽量ギアを揃えたNZフェア」が開催されています。オーガニックのアボガドオイルや、パーマカルチャーワインなど、ロハスな暮らしの予習にいかが?

Top image: © Toshitake Suzuki
日本から飛行機で11時間程のニュージーランド。「異次元なほど贅沢な時間がある」と、自然派作家・四角大輔さんが教えてくれたのは、「世界一美しい遊歩道」ミルフ...
ポルトガル・リスボンにある4ツ星ホテル「Inspira Santa Marta Hotel」。ここはサステイナブルな観光をする上で世界的に有名。2018年...
実際にホテルで使用されているモノを中心に揃えたオンラインセレクトショップ 「Retreat Selection by okcs」が今月からスタート。旅行し...
連なる山々に囲まれて、どこまでも緑が広がるニュージーランドの風景。目に入るのは山岳地帯、そしてムクムクと地上から生えている柔らかそうな林。そして、この中に...
「あなたがいちばん感動した本を、ください」。そんな呼びかけをして関東地方のとある森のなかに「青空図書館」を作ろうというプロジェクトが始動した。本の寄贈は、...
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
環境先進国として知られるニュージーランドで生まれたエコバッグ「Zerobag2.0」が日本上陸。ペットボトルを100%素材に用いており、購入代金の一部を海...
菌の増殖を抑えつつ、時間の経過とともに徐々に菌数を減らす効果のある「制菌加工」を施した、衛生的で持ち運びもラクラクな「制菌エコバッグ」が誕生。
現在、フィリピンの海は、過度の漁獲量、観光地化、プラスチック廃棄物や有毒製品による大規模汚染などによって深刻な脅威にさらされている。そんな背景から、パラワ...
ニュージーランドの11月は気温が上がり始めた初夏。冷え込みはじめた日本を抜け出す計画するなら「Pure Pod」が最高の宿泊先。初夏にオススメなのはこの3...
コロナ渦の中で生まれた、新しい言葉をご存知ですか?いつの時代でも新しい言葉は生まれるもの。今回はコロナがきっかけで広がったソーシャルディスタンス、ソーシャ...
タコベルがカリフォルニア州パームスプリングスに期間限定でホテル「The Bell: A Taco Bell Hotel and Resort」をオープンします。
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
もうすぐ一周年の「コモ ウマ チャングー」。このホテルの一番の特長は、優美な曲線を描く屋根付きプールがあるペントハウス。バリで優雅な時間を味わう旅を検討し...
ラジオ・ニュージーランドが作成したニュージーランドの地図。いくつもの星マークが表示されていて、クリックするとその土地にゆかりの曲のタイトルと短い紹介文がで...
ニュージーランドのワイヘケ島は、オークランドから40分でいける島。ワイナリーと海が有名で、景色が最高に綺麗なんです。島の人たちも優しくて、疲れた心を癒して...
プリン、キャラメル、チョコなど、おやつの香りがするマスクのご紹介。
レトロなPCのようなコロンとした見た目のワイヤレススピーカー「DITOO」がかなり万能。ピクセルアートの作成やリマインダーなどの機能を搭載している。
「世界一高いホテルのスイートルームのひとつ」と報じられているのは、ラスベガスのパームズ カジノ リゾートに新しくできた一室。宿泊料金は1泊なんと10万ドル...
アメリカ・ルイジアナ州ニューオーリンズの1860年代に建てられた教会が、ホテル「Hotel Peter & Paul」として生まれ変わりました。
ヒューストンに拠点を置くスタートアップOrion Spanは、2022年に宇宙ホテル「Aurora Station」を開業予定です。
「Autonomous Travel Suite」は、まだアイデアベースですが、イノベーションアワードを授賞するほど秀逸な移動式ホテル。ドアツードアで移動...
京都の「そわか(SOWAKA)」は、2019年3月にオープンしたモダンホテル。老舗料亭の数寄屋建築をリノベーションした本館は、伝統とモダンを調和させた空間...
JETMINMINの「MARKET-L」は、「スーパーで買い物」がラクになるエコバッグ。