ロハスな暮らしを知りたいなら、NZで「究極のエコホテル」泊

「世界の最先端ホテルが提供するのはエコステイ」って何かの紹介で聞いたりするけど、何がどんなふうにいいのだろう?
地球に優しく、心と体が整うとは言うわれても、その感覚はやってみないとわからない。

そういうときって、体験したほうが100倍早い。

で、究極のエコステイならここ。世界60ヶ国を訪れた旅の達人で、NZで自給自足の生活を送る自然派作家・四角大輔さんも舌を巻いた、ニュージーランド、クイーンズタウンにあるリトリートホテル「シャーウッド・クイーンズタウン

ここは、新著『LOVELY GREEN NEW ZEALAND 未来の国を旅するガイドブック』の取材で、ニュージーランド中を2ヵ月以上かけて旅していたときに見つけたというホテル。

「世界を代表するエコホテル」にも選ばれた、
再生材料を全面に使った内装

©Toshitake Suzuki

シャーウッド・クイーンズタウンは、アメリカの『USA TODAY』にて、世界を代表する5つのエコホテルに選ばれています。

屋根にソーラーパネルを設置しているのは当たり前、カーペットには漁師の廃棄ネット、壁の断熱材はワインコルクをリサイクルしたものを使用、純毛の毛布、アメニティのボディ&ヘアケア製品も、ニュージーランドのナチュラルブランド「Sans」によるオリジナルのもの。四角さんは「これは世界有数のエコレベルだ」と評します。

いくらニュージーランドがサステナブル、地産地消、オーガニックの最先端を走ると言われていても、ここまで建物自体の素材にこだわっているホテルってそうありません。「入った瞬間の空気の透明度が違うだけでなく、インテリアや雑貨のセンスがワールドクラス」と四角さんの熱弁は続きます。

「Farm to Table」じゃまだ甘い!
ここでは「Garden to Table」が基本

©Toshitake Suzuki

ホテルのレストランはニュージーランド南島でもトップクラスの評価を得ています。野菜と果物は、敷地内の菜園と地元の有機農家さんによるもの。ホテルの自家菜園や養蜂場では、世界最高峰の有機農法と言われている、「バイオダイナミック農法」を採用しています。

©Toshitake Suzuki

調理を担当するのは、アリス・ウォータースに強い影響を受けたという敏腕シェフ。エシカルな飼育法によるお肉やフェアな方法で獲られた魚を用意し、ホロピトやカワカワなどのこの土地にしかない野生ハーブをたっぷり使い、極上のひと皿に仕上げます。

ちなみに、アリス・ウォータースは、世界初のオーガニックレストランを開店しスローフードを普及させた「オーガニックの母」と呼ばれる人物。その方から伝播した料理の数々が、オーガニックフード推進活動をしている四角さんの舌を唸らせたというわけですね。

©Toshitake Suzuki

厨房の壁には、ピクルスなどの保存食瓶と、乾燥中の手打ちパスタがずらり。これも、加工品に頼らずハンドメイドにこだわるこのホテルの哲学の表れ。朝食のバイキングに並ぶジャム、ピーナッツバター、 ミューズリー、ヨーグルトもすべて無添加で自家製なんだそう。

すべてが揃うリトリートだから、究極の体験

©Toshitake Suzuki

ホテルですから、楽しむべきはレストランだけではありません。

ヨガのクラスはもちろん、ピラティスや瞑想など精神を静かに整えるプログラムや、体の調子を整えるマッサージ、サウナ施設も完備されています。
自由に焚き火ができるファイヤープレイスと薪まで準備され、夜はナチュラル製法の地ビールやヴァンナチュール(自然派ワイン)を片手に、火を囲んで過ごすことだってできる。
世界中のリトリートが叶う場所を訪れてきた四角さんも「焚き火ができるホテルは見たことがない」と語ります。

©Toshitake Suzuki

大自然に包まれながら、ここまで揃っているからこその「究極」。心と体、そして地球環境の健康を重視する生活が、どれほど自分に影響を与えるか、一泊でもすればきっとわかります。

Sherwood Queenstown
554 Frankton Rd, Queenstown 9348 ニュージーランド

最後に四角さんから届いたメッセージ

「最高な国だけど、ニュージーランドへの渡航費は高い!って言う人がいますよね。それはかなり古い情報です(笑)。最短時間で行ける唯一の直行便を運行するニュージーランド航空のチケットは、ここ数年で驚くほど安くなっているし!ぼくも愛用してます」

ちなみに、3月8日まで代官山T-SITEで四角さんイチオシのニュージーランドアイテムと、彼が旅で愛用する超軽量ギアを揃えたNZフェア」が開催されています。オーガニックのアボガドオイルや、パーマカルチャーワインなど、ロハスな暮らしの予習にいかが?

Top image: © Toshitake Suzuki

関連する記事

日本から飛行機で11時間程のニュージーランド。「異次元なほど贅沢な時間がある」と、自然派作家・四角大輔さんが教えてくれたのは、「世界一美しい遊歩道」ミルフ...
トルコの建築事務所「Hayri Atak Architectural Design Studio」は、2020年3月からカタールに巨大なエコフローティング...
ポルトガル・リスボンにある4ツ星ホテル「Inspira Santa Marta Hotel」。ここはサステイナブルな観光をする上で世界的に有名。2018年...
環境先進国として知られるニュージーランドで生まれたエコバッグ「Zerobag2.0」が日本上陸。ペットボトルを100%素材に用いており、購入代金の一部を海...
日本初のグランピングリゾート「星のや富士」が、今月4月26日(月)~今夏8月31日(火)までウェルネスプログラム 「樹海リトリート」を提供。
実際にホテルで使用されているモノを中心に揃えたオンラインセレクトショップ 「Retreat Selection by okcs」が今月からスタート。旅行し...
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
連なる山々に囲まれて、どこまでも緑が広がるニュージーランドの風景。目に入るのは山岳地帯、そしてムクムクと地上から生えている柔らかそうな林。そして、この中に...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
アメリカ、ニューヨークを代表する老舗ホテル「ルーズベルトホテル」。約100年ほど、世界中の人に愛されてきたこのホテルが、10月いっぱいで惜しまれつつ閉館に。
海外のクラウドファンディングで圧倒的な支援を集めた小型ミルクフォーマー「Nano Former(ナノ フォーマー)」が「Makuake」に登場。シルクのよ...
エコバッグって畳んで仕舞うの面倒くさい!そんな問題を解決してくれる画期的なエコバッグを紹介。
ニュージーランドの11月は気温が上がり始めた初夏。冷え込みはじめた日本を抜け出す計画するなら「Pure Pod」が最高の宿泊先。初夏にオススメなのはこの3...
タコベルがカリフォルニア州パームスプリングスに期間限定でホテル「The Bell: A Taco Bell Hotel and Resort」をオープンします。
現在、フィリピンの海は、過度の漁獲量、観光地化、プラスチック廃棄物や有毒製品による大規模汚染などによって深刻な脅威にさらされている。そんな背景から、パラワ...
兵庫県西播磨の伝統工芸「藍染、草木染め」を施したジャパンメイドのエコラップが登場。
「東急ハンズ」から雨傘の端材を活用した「東急ハンズオリジナル エコバッグ」が登場。全国の東急ハンズ、ネットストアで販売中だ。
「ローソン」は、デザインオフィス「nendo」が手掛けるコンビニで便利なエコバッグを、関東・甲信越地区の「ローソン」と「ナチュラルローソン」にて販売中。
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
もうすぐ一周年の「コモ ウマ チャングー」。このホテルの一番の特長は、優美な曲線を描く屋根付きプールがあるペントハウス。バリで優雅な時間を味わう旅を検討し...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
世界最大級の宿泊予約サイト「Booking.com」が、自社のクチコミスコアをもとに割り出した西日本における「最も居心地の良い場所」のランキングを発表した。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
「beta post」の「Homeless Backpack」の紹介。