Instagramのフォロワー1万人以上で一泊無料!シドニーのホテルが仕掛けるPR戦略がナイス

「Instagramのフォロワーが1万人を超える人は、宿泊料をタダにします」シドニーのホテルが、画期的なサービスで利用客招致に取り組んでいる。ホテルのPRを人気インスタグラマーたちの投稿でまかなう。これが、意外に効果アリだとか。

SNSによるPR効果を
巧みに利用したホテル

6dd3706494f5cf770f85bd88193650a956679aea

シドニー郊外、ダーリングハーバーのすぐそばに位置する「1888 Hotel」。5階建ての赤レンガのビルは、当初羊毛加工工場として使用されていたものを2013年にリノベーション。スタイリッシュなホテルとして生まれ変わった。オシャレなのは、その内装。ここは、“写真を撮られることをとことん意識”したホテルなのだ。

というのも、1888 Hotelは利用客に館内の写真を撮影されること前提に、Instagramに投稿してもらいシェアされることで宣伝広告の代用とする、独自のサービスを実施している。


フォロワー1万人以上で
宿泊費が一泊無料に

Ce1baf2ce6c54b196c658ecc97676542d20ef38d

それは、Instagramのフォロワーが1万人以上いる人の宿泊費を「一泊無料」とするもの。実際にホテルに宿泊してもらい、その魅力を写真に撮り投稿してもらうことで、彼ら自身を広告塔として活用しようという試みだ。宣伝広告を打つよりも、1万人のフォロワーを通じて、直接的に世界中の人々にホテルのPRをしようというアイデア。

さらに、Instagramに投稿された写真の中から、毎月ホテルが選ぶ「ベストショット」の投稿者にも、同じく一泊分が無料となる。


Reference:adrianfernando

たとえば、こちらは実際にこのホテルに宿泊したAdrian Fernandoさんが撮影してInstagramにアップした写真。

Reference:dancinpenny

こちらはフォロワー数7万人を超えるプロのダンサー・振付師のPenny Higgsさん。彼らが実際にタダでこのホテルに泊まった訳ではないかもしれない。それでも、フォロワーたちへの宣伝効果は少なからずあるはず。

「写真を撮られること」を
どこまでも追求した内装

3422479483006b9a72b72733c181dd7d115ee586

1888 Hotel側も、利用客が写真を撮りたくなるための工夫を欠かさない。

5bd27a33dfd712649e6b12c0ebe22979010efbf87a11a2e1cb25b8fcae13df107fefb380e086775a

スポットライトに照らし出されたルームナンバー。こんな工夫ひとつとってもフォトジェニック。

Fdfc27bdf7b2bba11bb9feeee16472d5922a2e01A2f36c85e3dfde5546a36ee7432f92bdb83a7d8a

天井が高く開放感のある室内は、昔ながらの赤レンガの壁面をそのまま残しつつ、スタイリッシュなインテリアやモダンアートとうまく融合させたハイエンドな空間づくりを意識している。

2d0e9a89269852ff90c8d3e8d544d152db376981D17ac5c62039a18a93b867b629f6b6cdb2b00dd5

アメニティも充実。オーストラリア製ナチュラルスキンケア製品として注目が集まる「Biology」。

90d28874cb9117e2347684e0e25058fe224b7b61

小さなバルコニーでは、朝食や夕暮れどきのカクテルが楽しめそう。

8efa69ff51d95e8351dc3b22cf1f0b5df39e3e70840b1296982a6b7d562e25e1b04176e2006028461e8efc0491c880f3d2777484fd18f81ffb7468b9

レストランの料理も美味しそう。ついつい写真を撮りたくなる、その気にさせるビジュアルも◎。

これまでのように、無数の人を対象にした広告戦略から、より直接的に届けたい人に向けて発信する方法として、SNSを利用したいわば“口伝い”の宣伝。効果は意外に大きそうだ。

Licensed material used with permission by 1888 Hotel, Facebook, Instagram, Hashtag: #ovolo1888darlingharbour
ヒューストンに拠点を置くスタートアップOrion Spanは、2022年に宇宙ホテル「Aurora Station」を開業予定です。
スイスのアッペンツェルにある、『Null Stern Hotel(ヌル・スターン・ホテル)』は、見ての通り、壁もないし、天井もない。でも、普通のホテルだっ...
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
それは、北海道の自然をありのままに感じる、最高に贅沢なアウトドアステイ。広尾郡大樹町にある環境技術研究施設「メム メドウズ」内に、大自然一体型ホテル「ME...
アメリカ国防総省からは約11億円の投資を受けているそうですよ。
ゆずには多様な使い道がありますが、もうひとつの愛媛県の特産品しいたけと合わせてお味噌で和えることで、ゆずの香りが食欲をそそる、白いご飯にぴったりのおかず味...
2016年もあっという間に年末ですね。今年も、世界中でたくさんの素敵なホテルが誕生しました。年明けを迎える前に、今年オープンした世界の最新ホテル10軒をご...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
NYの有名ホテルチェーン「ACE HOTEL」のロビーでは、クリエイターやノマドワーカー、スタートアップ企業たちが仕事をしているらしい。日本でもそんな新し...
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
飛行機で長時間眠れない子どものために開発された「Fly Tot」。ふかふかのクッションですが、背もたれに使うわけでも、抱いて使うわけでもありません。
バンクーバー在住のおしゃれなマルチーズ、トビーくん。なんと彼は8万5,000人のフォロワーを抱える超人気者。洋服を着た多くの“おめかし犬”の中で、彼をここ...
ホテルになるべくして造られた新築の建物の中にも、あなたのお気に入りはあるはず。でも、もともと異なる目的で使われていた既存の建物を、ホテルとして生まれ変わら...
打ちっぱなしのコンクリートに、剥き出しのパイプ。ここ数年、そんなインダストリアル要素をデザインに取り入れたホテルが増えました。確かに、味わいのある質感を持...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
先日、カルガリー大学に通っている246人のニコルさんたちが友だちになるという、ちょっと変わった出来事がありました。
一人で行くならあまりこだわらないけれど、ふたりで行くなら宿泊先は重要。スウェーデン北部のJukkasjärviにある「ICEHOTEL」は、そのすべてが雪...
フロントで出迎えてくれるのは、1人の女性と2匹の恐竜。なるほど、もう既にヘンだ。しかも、唯一“まとも”だと思っていた女性も、実はロボットというオチ──。こ...
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
海外ツアーの添乗員として働いていた頃は、お客様と一緒に高級ホテルに泊まる機会も多かった。主な顧客がシニア層だったこともあり、ツアーではだいたい4ツ星か5ツ...
もう、何から何まで想像以上に素敵で。
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。