オープンは4年後!1泊8500万円の宇宙ホテル「Aurora Station」

1泊約8,500万円。12日間宿泊で約10億円。そんなホテルの紹介です。

「Aurora Station」は、ヒューストンに拠点を置くスタートアップOrion Spanが2022年に開業を予定しているホテル。場所は国際宇宙ステーションよりも少し高度が低いぐらい。その高度をキープしつつ、地球を90分で1周するとのこと。

1回の旅行が12日間のパッケージになっているので、日の出と日の入りを何百回も見ることができます。飽きるかもしれないけど……。それでも、オーロラを観測できるチャンスはかなり高そう!

誰でも宇宙に滞在できる未来が4年後に迫っていると考えると、なんだかワクワクしますね。すでに約860万円のデポジットを支払えば、予約ができるそうですよ。

Reference: Orion Span
Top image: © Orion Span
宇宙探索ソフト、SpaceEngine。自分で惑星をつくったりマニュアルを覚えて宇宙船を操作したり。とにかくリアルです!
宇宙旅行は、かつて宇宙飛行士のみに許された特別なものでしたが、現在旅行会社がプランを取り扱うなど、民間人にも夢ではなくなって来ました。今度は「宇宙ホテル」...
こっちはもう、夏真っ盛りだわよ〜。
総工費約3380億円ともいわれる、UAE・アブダビのホテル『エミレーツ・パレス』。ホテルというより、その名の通り「宮殿」のような超豪華な施設は、宿泊者でな...
今、全世界的に話題になっている「ASMR」。ここで紹介するのは、それのクリスマスバージョンです。音を聞いていると目を閉じたくなるのですが、この動画は最後(...
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
日進月歩で研究が進み、ますます宇宙への進出が現実を帯びてきました。とはいえ宇宙に出るには当然、特別な訓練が必要です。今までは選ばれた数少ない宇宙飛行士しか...
カナダのケベック・シティにある「Hotel de Glace」は、毎年テーマが変わるアイスホテル。前回の冬、2018年のテーマはサーカスでした。2019年...
宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
看板メニューは「ゴルゴンゾーラ・エスプーマ」 10種類のソースでムール貝を楽しめる、中目黒のフレンチビストロムール&ビストロ massa〒153-0051...
「種子島宇宙芸術祭」は、日本で唯一の大型ロケット発射施設を有するなど、宇宙を固有資源とする種子島を舞台に開催予定。2012年からプレイベントとして開かれて...
「TORACO Konohana」はコンテナを利用したホテルです。USJから歩ける距離にオープンです。
イラストレーターのThomas Duboisが描くのは、「宇宙の先」を考えさせるリアルな物語。国際宇宙ステーションが爆発し、無重力空間を漂うこととなった宇...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
万が一、映画観賞中にお腹が痛くなってしまっても安心です。壁じゃなく、床にスクリーンを設置しているところがポイント。
いかだの原理を活用したホテル。湖、森、陽の光などの自然を、部屋を離れることなく満喫できます。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
女の子なら一度は訪れて欲しい、カラフルでキュートな場所。
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
マンダリン・オリエンタルホテルグループは、XOJETというプライベートジェットのチャーターを専門にする企業とタッグを組んで、リッチなサービスを展開。
ロシアのソユーズロケットに乗って宇宙を旅した、高知県ひまわり乳業の乳酸菌。その子孫たちを使って作られたグミ、その名も「宇宙のグミ」を紹介する。商品開発の経...
「Instagramのフォロワーが1万人を超える人は、宿泊料をタダにします」シドニーのホテルが、画期的なサービスで利用客招致に取り組んでいる。ホテルのPR...
Ani Liuさんはダイヤル式で3つの匂いを嗅ぎ分けられるネックレス型のアイテムを開発して、地球の香りを宇宙飛行士に楽しんでもらうプロジェクトをおこなっている。