生ゴミのガスでコンロに火がつく「家庭用エコシステム」

食べ残しなどから堆肥をつくれる「コンポストボックス」の進化版が開発されました。生ゴミや動物の糞から出る「バイオガス」を抽出し、キッチンのガスコンロで利用できます。

ガスも肥料も作れて、環境にも家計にも優しいーーどんなものか、実際に使っている様子を見てみましょう。

生ゴミから出るガスを
再利用!

このガスコンロで使われているのは、生ゴミから抽出したバイオガスです。

ちゃんと火がついています。

ガスをつくるために必要な食べ残しなどを、バケツに貯めて外に持って行きます。

庭にあるコンポストボックスの蓋を開け、

ゴミを入れたら…

ポンプを数回プッシュ。これだけでOK。中の仕組みは下の画像のとおり。

バイオガスは有機物が腐敗することで生まれるもの。ゴミがボックスの下部に収納されると、そこから出たガスがフィルタリングされて蓄積。パイプを通じてキッチンへと運ばれる仕組みです。

ガス以外は肥料として利用できます。

ミルク・肉・野菜・動物の糞など、消化できるのは1日に6リットルまで。

1キログラム分の廃棄物から200リットルのガスが生み出されます。1時間ほどコンロを使える計算です。

資源・リサイクル促進センター」に掲載されている2013年度の統計によれば、日本人1人あたりが出す生ゴミの排出量は1日平均972グラム。一般家庭でこのコンポストボックスを使えば、1日分のガスを十分に賄えます。

しかも、生ゴミから出る年間6トンもの二酸化炭素排出を削減できるため、環境にも優しいのだとか。車に例えると一年分の排気ガスに匹敵。

さらには、業務用としてではなく家庭用として開発されているところにも魅力があります。組み立てにかかる時間はたったの2-3時間ほど。驚くほど手軽です。

HomeBiogas」は、INDIEGOGOで事前予約ができる商品。2016年の5月配送開始を予定しており、通常販売価格は1,500ドル(約18万円)になる予定です。

残念ながら、日本からの注文はまだ受けつけていません。が、今なら945ドル(約11万5千円)から予約できます(2015年12月23日時点)。17度以下に気温が下がると生産性が落ちてしまうという弱点もあるようですが、画期的な製品ですよね。

すでに、NGO団体を通じて温暖な地域で試験的に利用されているようです。

Licensed material used with permission by homebiogas
Reference:INDIEGOGO
他の記事を見る
イスラエルのバイオ関連企業が開発した超特大のコンポスト。できるのはガス。
夏になると、コンピューターの排熱がかなり気になってきます。「暑いし、熱い…」。大量のコンピューターが同じ部屋に入っているサーバールームならなおさら。せっか...
2012年に設立された、子どものためのエコバンク「Banco del Estudiante Bartselana」。考案したのはペルーに暮らすJose A...
オランダのエネルギー企業ARNは、使用済みオムツをリサイクルできる工場の建設を始めました。
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
役目を終えても、ゴミになることなく芸術として命を吹き込まれるということ。作品の魅力に加え、その成り立ち自体に大きな意味を感じます。
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
ミミズに手伝ってもらって有機ゴミから堆肥(腐植土)をつくる。いわゆる「コンポスト」が室内でできる。こう聞いて敬遠したくなる人の方が多いのは承知。ベランダで...
オランダのデザインスタジオ「The New Raw」はユニークな方法を使って、ゴミを減らしつつ、プラスチックの大量消費に対して注意を向けさせています。
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
カナダの企業「Carbon Engineering」が、空気をフィルタリングすることで二酸化炭素濃度を削減することができる新しいシステムを開発した。加えて...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
大気汚染の問題は、とりわけ、急速な発展を見せる東南・南アジアで深刻だ。発電所や工場、建設現場やごみ焼却など様々な理由が考えられるが、中でも自動車は主要因だ...
クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で、破格の調達金を得たトラベルアイテム。その名も「CleanseBot」。集めた額は、なんと約1億700...
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられている。このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用できるかもしれない。20...
「本日は〇〇航空をご利用いただき、誠にありがとうございます。当機は羽田発ホノルル行きです。なお、フライトには廃材を再利用したバイオ燃料を使用しております。...
2016年から、イギリス国内の一部の道路を、“環境に優しいアスファルト”に変えてきた「MacRebur」。そのアスファルトとは、プラスチックごみを再利用し...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
建設コストや温室効果ガスの排出量を減らすことにも成功しています。
Makuakeでクラウドファンディング中のマグボトル「FLSK」には、炭酸飲料を入れることができるのだとか。フタを緩めるときに気泡を逃すミリ単位の隙間が発...
「Zostera」という名のこのスツール。座面に使われている素材は、なんと海草。しかも、日本の水辺にも生息するあの「藻」だとか。 毎年、北海に面したドイツ...