生ゴミのガスでコンロに火がつく「家庭用エコシステム」

食べ残しなどから堆肥をつくれる「コンポストボックス」の進化版が開発されました。生ゴミや動物の糞から出る「バイオガス」を抽出し、キッチンのガスコンロで利用できます。

ガスも肥料も作れて、環境にも家計にも優しいーーどんなものか、実際に使っている様子を見てみましょう。

生ゴミから出るガスを
再利用!

このガスコンロで使われているのは、生ゴミから抽出したバイオガスです。

ちゃんと火がついています。

ガスをつくるために必要な食べ残しなどを、バケツに貯めて外に持って行きます。

庭にあるコンポストボックスの蓋を開け、

ゴミを入れたら…

ポンプを数回プッシュ。これだけでOK。中の仕組みは下の画像のとおり。

バイオガスは有機物が腐敗することで生まれるもの。ゴミがボックスの下部に収納されると、そこから出たガスがフィルタリングされて蓄積。パイプを通じてキッチンへと運ばれる仕組みです。

ガス以外は肥料として利用できます。

ミルク・肉・野菜・動物の糞など、消化できるのは1日に6リットルまで。

1キログラム分の廃棄物から200リットルのガスが生み出されます。1時間ほどコンロを使える計算です。

資源・リサイクル促進センター」に掲載されている2013年度の統計によれば、日本人1人あたりが出す生ゴミの排出量は1日平均972グラム。一般家庭でこのコンポストボックスを使えば、1日分のガスを十分に賄えます。

しかも、生ゴミから出る年間6トンもの二酸化炭素排出を削減できるため、環境にも優しいのだとか。車に例えると一年分の排気ガスに匹敵。

さらには、業務用としてではなく家庭用として開発されているところにも魅力があります。組み立てにかかる時間はたったの2-3時間ほど。驚くほど手軽です。

HomeBiogas」は、INDIEGOGOで事前予約ができる商品。2016年の5月配送開始を予定しており、通常販売価格は1,500ドル(約18万円)になる予定です。

残念ながら、日本からの注文はまだ受けつけていません。が、今なら945ドル(約11万5千円)から予約できます(2015年12月23日時点)。17度以下に気温が下がると生産性が落ちてしまうという弱点もあるようですが、画期的な製品ですよね。

すでに、NGO団体を通じて温暖な地域で試験的に利用されているようです。

Licensed material used with permission by homebiogas
Reference:INDIEGOGO
イスラエルのバイオ関連企業が開発した超特大のコンポスト。できるのはガス。
どうやって?と思ってしまうような機能を持つ圧力鍋「SUR’POT」。料理をするのに、電気もガスも要りません。簡単にご飯を炊き上げることができるんです。
2012年に設立された、子どものためのエコバンク「Banco del Estudiante Bartselana」。考案したのはペルーに暮らすJose A...
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
奈良県の老舗パンストメーカーが開発した「TSUMUGI」のレギンスは、虫除け、冷却、UVカットに優れ、夏を快適に過ごせるアイテム。
「ローカルフードサイクリング株式会社」は、畑や庭などを所有していない都市部に住んでいる人でも家庭からの生ごみを減らすことができる「LFCコンポスト」の販売...
役目を終えても、ゴミになることなく芸術として命を吹き込まれるということ。作品の魅力に加え、その成り立ち自体に大きな意味を感じます。
オランダのエネルギー企業ARNは、使用済みオムツをリサイクルできる工場の建設を始めました。
夏になると、コンピューターの排熱がかなり気になってきます。「暑いし、熱い…」。大量のコンピューターが同じ部屋に入っているサーバールームならなおさら。せっか...
アメリカのバークレー市は、「ガス」の使用禁止を決定。地球温暖化対策として、2020年から施行されるようだ。
「CAMP FIRE」にて支援募集中の持ち運び可能なモニター「TRIO」なら、手持ちのノートPCがトリプルディスプレイ化。テレワークでも生産性MAXで作業...
アメリカ・バーモント州で7月1日に環境保全に関する新しい法律が制定された。同法律では、プラスチック製の袋やストロー、発泡スチロール容器などの使い捨て用品の...
日々悩まされる生ゴミ、オムツ、ペットのトイレシートといった「臭いゴミ」の不快な臭い。「CLEAN BOX」は、これらをマイナス10度で冷やして一時保管する...
ミミズに手伝ってもらって有機ゴミから堆肥(腐植土)をつくる。いわゆる「コンポスト」が室内でできる。こう聞いて敬遠したくなる人の方が多いのは承知。ベランダで...
化石燃料に比べて、温室効果ガスの排出量が少ないと言われているバイオガス。ノルウェーの海運会社「フッティルーテン」もまた、この燃料を使用すると発表しました。
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
世界初、焼肉用の代替肉「ネクスト焼肉シリーズ」が登場。一般的な焼肉と比べ、脂質は半分以下、タンパク質は約2倍。見た目、食感、風味も本物の肉と見紛うほどの高...
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第六弾は、山形・鋳心ノ工房発、「鉄」の置き型風鈴。950年以上の歴史を持つ伝統工芸でありなが...
オランダのデザインスタジオ「The New Raw」はユニークな方法を使って、ゴミを減らしつつ、プラスチックの大量消費に対して注意を向けさせています。
カナダの企業「Carbon Engineering」が、空気をフィルタリングすることで二酸化炭素濃度を削減することができる新しいシステムを開発した。加えて...
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
台湾のデザイナーMikey WuさんとFang Shihさんが、タピオカ専用エコカップ「Float」を製作しました。