90秒で本格ピッツァが焼ける「ポータブル石窯」。薪・ガスどっちも使える!

これは、たった15分で窯の温度が500℃まで上がる「Roccbox」。小さくて持ち運べるうえ、内部の構造は本格的な石窯そのものです。

本場・ナポリの味を
簡単に再現!

E8e75c8880d54362b2e35a1f61b89fc9e342bc10F6782ed7d8b48fed6fd36c9709e13daa1439545c

木材・ガスどちらも使用可能で、前述のとおり15分で500℃に達するところが魅力。石窯といえば熱するのに時間が掛かるものですが、持って出た先で待ちぼうけーーでは意味がありません。でも、これならスグに調理開始可能。

肉・魚・野菜など
石窯料理も楽しめる!

6d234aaf5c2e4b7f8c3dd325b2aaf3189c9428f574f57d5d6289d49cea500cfdd9d32a4bb07a268c11a55095fddae08aee8af11e7639ecc9f989b0d61a356d44c45c6732f701522a3443a07048f292c6

何をつくっても美味しそうですね。くぅ〜、お腹が空いてくる!

Fe97ff3476f08f00ffdbc3ab1ab06b6a84e79ffc362f3590847560b16ce73a74ac0328ead1a09951

外側には断熱コーティングが施されており、側面には温度計も。最低限ながら必要な物は揃っており、手軽に本格的な石窯料理ができちゃいます。アウトドアで大活躍しそうですよね。

「オーソドックスなマルゲリータなら90秒で焼ける!」

と語る開発元のトムCEO。またまた…と思いきや、下の動画で実演していますよ。

INDIEGOGO」では、すでに目標金額を大きく上回って達成済。残念ながら、まだ日本への配送は行なっていませんが、送料別575ドル(約6万円)で販売中

ぜひ、日本でも販売してほしいですね。続報を待ちましょう!

Licensed material used with permission by ROCCBOX
ほんの数分でピザを調理するには、ガスコンロの火力がいちばん。このピザオーブンは、自宅にいながらにして本格ピザを手早く簡単に焼くことができる調理ツール。本格...
こんがりふっくら生地が焼けて、ふつふつチーズがとろけていく。石窯からもれてくるちょっぴりスモーキーな薪のにおいが、食欲をさらに増幅させる。焼きたてピザより...
沖縄・那覇市にある「BACAR」は、県庁前駅から少し歩いたところにひっそり佇むピッツァ屋さん。外から見た印象が暗いので “ひっそり” と書いてはみたものの...
天気とともに毎日を過ごしているような感覚になれる、不思議な水槽。
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
ピザ、パン、それにローストビーフやローストチキン。どうしても窯で焼かなければ出せない味わいがある料理たち。でも、実際に薪や炭で火おこしするオーブンを設置す...
「DUOECHO(デュオエコー)」。スピーカーが左右に分かれる仕様は、ポータブルタイプとしては珍しい作り。鴻海グループに属するFIT鴻騰の開発チームによる...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
屋外で音楽を楽しむのに大事なのはスピーカーの音量です。「UE Boom 2」は最大サウンドレベル90dBAとかなりパワフル。しかも、防水機能付き!
この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだ...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
電気、ガス、IH。炊飯器が進化しても求められるごはんといえば、「かまど」で炊いた“ふっくら”した炊きあがり。ならばいっそ、かまどでごはんを炊いてみてはいか...
小さいけれど、とってもパワフルで賢いポータブル空気浄化機「Wynd」。500Lのペットボトルとほぼ同じサイズで、重量も約450g。
〈OUTDOOR TECH.(アウトドアテック)〉のポータブルバッテリー「KODIAK MINI 2.0」です。容量は2,600mAh。スマホで約1.5回...
料理が面倒なときに思い出すナンシーさんの言葉。30年前にアメリカから日本に移住したナンシー八須さんは、埼玉の農家の夫と結婚し、今や料理研究家として多忙な日...
素材の持ち味を逃さず、しかも柔らかく仕上がると、いま話題の調理法に“真空調理”があります。材料に応じた時間と温度設定で真空状態にしたお肉などを加熱していく...
素敵なデザインが多い反面、その重さや洗いにくそうなイメージから、使ったことがないという人も多い「無水調理鍋」。ですが、この鍋でつくった料理を一度食べてしま...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
料理好きのあいだで密かに話題となっている道具があります。こういう気が利いたキッチンツールって、持ってるだけで料理上手になったような気にさせるんですよね。
キャンプやBBQなどのアウトドアでは、暑さだって醍醐味のひとつ。そういう考え方の人もいるかもしれない。でも、現実的な話をすれば、やっぱり涼しいほうが嬉しい...
沖縄・那覇市にある「ゆうなんぎい」のお母さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味...
持ち運べるヒーターは数あれど、壁掛け床置き対応で、さらにいいアイデアが隠れているんです。
「自分のものは自分で買う」も、素敵だけれど。
山口県で150年以上もの間、日本の伝統的な調味料を作り続けている光浦醸造の『FLOAT LEMON TEA(フロートレモンティー)』。黄色のパッケージを開...