持ち運びができる「ストーブ」。テント、屋外でも大活躍!

これこそアウトドア好きのためのインドアアイテム!ガス要らずで、木の枝を焚べてテント内や車の中でも暖がとれます。ストーブの台を使えば料理も。

…え、煙は?という疑問が浮かびますが、煙突がついているので外に排出できます。まずは、三脚を立てて置いてみた写真がコチラ。

冬場のテント泊でもポカポカ
持ち運べるストーブ

424450b3afa26f0997fb2355ca7c5862354d69e0

ちょっとレトロな雰囲気もありつつ、カジュアルなデザインも◎。三脚をたたんで、煙突を中に収納すると、

5271c6e531554a634e0886ef19879a91125c8cba

こんな感じ。このまま専用の手さげバッグに収まります。肝心な煙突の設置方法は大きく分けてふたつ。

出入口やすき間から

5207d223ab3c435e8d48b10f5bf253057d1aee485f970696c75695df137411bff930c593872abda4

または
通り穴をつくればOK

05ea5212dbdb2b0b8efe347a5e3b024a764dd71e

そのためのキットがあります

Fa94c817161a3796ffeb88835ce2adfb015983eb0d9a0fc12e8aca13ae3fdbb3994c514fbe57b62eE21c31090840fb96910f9ea083a859cbd03a7058

山小屋みたいでかわいい!

もちろん
外でも使えます

Cb40cce850f708d677dab52219348c4713bd8b3b

これなら煙たくないかも。

4db5f80a50392326123847edd3d6181e05e8c5e0

煙突の根本には、タンクが設置可能。水を入れて冷却する効果と同時に、コックをひねればお湯が使える仕様に。

91dcf00f63599031879c84bff7fcde0c470d429f

フライパンを乗せて料理ができますね。

A87e33182a66c7e89fcad97f6554f4cdf67a12df

三脚の高さは40cm・48cmと二段階調節可能。使うスペースはそれぞれ、71.5cm×35.5cm、または83cm×45cm。煙突の高さは2.7m。重さは全部で16.95kg。

76e8ba0b00d8fa41f2e2515056bc4a32c5054d9d

バッグにコンパクトに収まるので持ち運びは工夫できそう。ただし、使うときにはくれぐれも…

57b21efa7e44196b3d1199be81e2c6f72214c74f

火傷に注意!

Frontier Plus」は、ストーブと煙突のセットで299ポンド(送料別、約54,500円)。ホームページで事前予約でき、配送開始は2016年2月を予定しています。

冬場から春先にかけて、アウトドア体験にもうひとつパンチを効かせたい人にはおすすめかもしれませんね。

ちなみに、直接焚き火の煙にあたりながら料理をしている貧困地域の人々のために、もっと健康的な設備をーーそんな想いがデザインに込められているそうですよ。

Licensed material used with permission by Anevay
ハイカーやキャンパーたちのあいだで、かねてから支持者が多い「Solo Stove(ソロストーブ)」に新シリーズが登場した。それがいわゆる携行用の小型タイプ...
春が近づき、本格的な行楽シーズンは目の前。ポカポカ陽気の中、公園に出かけたり、花見やフェスの予定を立てたり…気温とともに気分も上がってきますよね。そんなち...
キャンプやBBQなどのアウトドアでは、暑さだって醍醐味のひとつ。そういう考え方の人もいるかもしれない。でも、現実的な話をすれば、やっぱり涼しいほうが嬉しい...
どんな場所にも持ち運びのできる“モバイル風力発電機”が、Kickstarterで出資を募っています。災害時や旅行の際にも大活躍の発電機「Trinity 5...
「RhinoWolf」は、できるだけ荷物を減らしたいというアウトドア派の切実な願いに応えてくれる、一人用の小型テント。エアマットレスと寝袋が一体になってい...
水面に浮かぶフローティングテント「Shoal Tent」で、より非日常を感じてみるのはどうでしょう。テント床面はゴムボートのように空気を入れて膨らませる仕...
原っぱに寝転がって星空を眺める。そんなアウトドアの醍醐味を一晩中味わうためにはどうしたらいいんだろう。そう考えたリトアニアのデザイナーVytautas P...
都会の生活に疲れたので、自然に癒されたい。とは言っても、普段の便利な生活に慣れすぎているから、完全なアウトドアはそれはそれでハードルが高い。そんなわがまま...
疲れたときに、たまらないですこの愛くるしさ。
家を失った難民たちの仮設住宅として、まったく新しい構造の折りたたみ式テントが登場しました。避難所暮らしの生活を、少しでもストレスなく暮らせるように開発され...
海でも山でも、もっと広げればイベントやフェスでも大活躍しそうなソファーをご紹介。アウトドアなのにソファーなんて、おかしく聞こえるでしょう。だけど、この心地...
面倒な組立てが不要のポップアップテントは、すでに多くの種類が発売中。だからその手軽さの説明はここでは割愛。代わりに、この「Cinch!」だからこそのメリッ...
アウトドアといえば、どう考えても夏のイメージ。寒さゆえ外で過ごす機会が減ってしまう冬は、はっきり言って不向きでしょう。でも、こんなグランピング体験なら話は...
湿度と温度が保たれた空間で、植物や野菜を育てるコンサバトリー(温室)。全面透明なガラス張りで、燦々と太陽の光が降り注ぐ、あの空間に着想を得て製作したテント...
アナログレコードを聴くことに対して、敷居の高さを感じていた私。だけど、CROSLEYが販売する「MESSENGER TURNTABLE」には親しみやすさを...
アウトドア好きやキャンパーは、気にも掛けないようなテントが開発されました。じゃあ、いったい何の需要があるのか?その機能を知れば、その答えが分かるばかりか「...
楽しい楽しいアウトドア。でも、朝からはしゃぎすぎて疲れてしまうこともありますよね。特に子供は体力がないので、急に電池切れしてウトウト…なんてことも。そんな...
これから夏に向けて、ますますキャンプが楽しい季節になってきました。ここで紹介するのは、アウトドアで使う一般的なテント、ではなくハンモック型のテント「テント...
スロベニアからまったく新しい概念のSUP(スタンドアップサドル)ボードが誕生。なんでも、スクリューモーターを搭載した電動アシスト機能付きだとか。さらには、...
〈Kirkham's(カーカムス)〉は、コットンテントで知られるソルトレイクシティのアウトドアメーカーです。そのペグバッグは、ハンドルがあって軽量なので普...