「優秀すぎるストーブ」で、キャンプを何倍も楽しくしよう!

INDIEGOGOで気になるストーブを発見!

「Aquaforno Ⅱ」は、ストーブと言いながら、BBQ用のグリル、ピザが焼けるオーブン、湯沸かし用のタンクまで、サブ機能が充実。つまり、これ1台あればコンロもケトルも必要なし。優秀です。

とくに湯沸かし用タンクは、コック付きなので、手軽に温かい飲み物を楽しめます。これは便利。

加えて、こういった多機能なギアにありがちな、ごちゃごちゃした感じが一切ないところもポイントが高い。個々のパーツを分解してスタッキングすれば、持ち運びもとってもコンパクト。これは近いうち、日本でも人気でそうです。

それにしても、アメリカのクラウドファンディングサイトって、おもしろいアウトドアギアが多い。キャンプやBBQが身近な楽しみとしてあるからなんだろうな〜。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ハイカーやキャンパーたちのあいだで、かねてから支持者が多い「Solo Stove(ソロストーブ)」に新シリーズが登場した。それがいわゆる携行用の小型タイプ...
アウトドアアクティビティのひとつとして数えられるまでになった「焚き火」の「着火」に関連する話題&注目のアイテムを厳選してご紹介! 「ファイヤーサイド」「ロ...
これこそアウトドア好きのためのインドアアイテム!ガス要らずで、木の枝を焚べてテント内や車の中でも暖がとれます。ストーブの台を使えば料理も。…え、煙は?とい...
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
「スペースX」は宇宙船での“国際宇宙ステーションへのドッキング”をWebブラウザで体験することができるシミュレーターを公開。実際のインタフェースを元にして...
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
疲れたときに、たまらないですこの愛くるしさ。
オーストラリアにある独特なバーベキュー文化を紹介するコラム。独自の要素が詰まっていて面白いものばかり。「トングを渡されたら気をつけろ」など、ライターの個人...
創業70年の老舗ストーブメーカーが提案する、室内用ランタン「Re:ful」。日常にともる15分間の炎をインテリアに。
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
本記事では、キスの仕方を「フレンチ」「ディープ」「ユニーク」の3種類に分けてまとめています。また、キスの仕方によっては、相手の気分が下がるキス、逆に気分が...
屋内だけでなく、その汎用性の高さからアウトドアのシーンでも注目されている「CB缶」を使用するギア&グッズを厳選してご紹介! 災害時にも役立つアイテムが満載です。
「L-Breath(エルブレス)」のアウトドア用品スポーツナビゲーターが厳選した「防災グッズとして役立つ最新キャンプ用品ランキング」をご紹介。
家庭でもアウトドアシーンでも、手間も時間もかけずにサッとつくれておいしい海苔の活用法をご紹介。
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
「クリーンカンティーン」「スタンレー」「GSI」など、冬のアウトドアの醍醐味「星空の下で飲むウイスキー」を素敵においしく楽しませてくれるギア&グッズをご紹...
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「リモートワークが捗るアイテム」を3つ紹介。スマホ用刑務所...
岐阜県大垣市の伝統工芸品である枡を作り続けて70年の「大橋量器」が販売を始めたのが、ヒノキの香りでストレスを緩和させる新感覚マスク「hinoki MASU...
ベアボーンズ・リビングの「プラスキアックス」と「ハチェット」、キャプテンスタッグの「全鋼馬斧 360」、バックの「バックナイフ 106 ハンドアックス」を紹介。
旅先の宿の選択肢として、今や欠かせない存在になったAirbnb。個人宅に泊まる体験も魅力ですが、すでにアメリカのミレニアル世代の間では、これのアウトドア版...
ベランピングなど屋外を感じながら楽しむプライベートアクティビティでの使用を見込んだ「EQUALS」のこたつ。
これから夏に向けて、ますますキャンプが楽しい季節になってきました。ここで紹介するのは、アウトドアで使う一般的なテント、ではなくハンモック型のテント「テント...
アウトドア料理は、限られた器材だけでいかに感性を働かせて作るかが勝負。もちろん、火おこしもそのうちの一つ。だから楽しい。というのは百も承知。でも、ここまで...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。