重量5kgと聞いてなお、キャンプに連れていきたい「ピザ用クッカー」

こんがりふっくら生地が焼けて、ふつふつチーズがとろけていく。石窯からもれてくるちょっぴりスモーキーな薪のにおいに食欲はさらに増幅する。
焼きたてピザよりほかに心おどる料理があるだろか。というくらいピザを愛してやまない人は、決して少なくありません。

あの味は、ピザ窯あってはじめて成立する。たしかにそうかもしれません。でもね、この「IRONATE」には、期待せずにはいられない何かがある。アウトドア料理に目がない人や、キャンプ好きなら尚のこと。

石窯でつくる味を
本格再現した、ピザ用鍋

16cc5c5dceeea2cf8930630a0b327b5266150cbb6e1b97885bf5fce523de7591db89c3b8ad10dc13

そもそも、なぜ窯で焼くピザがおいしいのかといえば、食材を直接焼くのではなく、余熱で焼きあげるから。熱風が瞬間的に食材を包み込むことで、旨みや水分を逃すことなく、均一に焼き上げることができるからです。
近年、この石窯の原理を応用した家庭用オーブンも登場してはいますが、味にうるさいピザ好きを満足させるのは、なかなかに難しいようで。

そこでIRONATE。

石窯も最新式のオーブンもなくたって、この仕上がりです。聞けば家庭用のガスコンロでもこんがりふっくらピザが焼け、調理時間もたったの3分程度だとか。

「Tale Impossibile!(そんなの無理だって!)」

なんて肩をすくめるイタリア人を想像してしまいますが、以下に紹介する動画を見れば、それがデタラメでないことが分かってもらえるはず。

4177cc412cb3777633450429b8c6c17f6ddcce17

“石窯風”を再現するために開発された、薄く熱伝導をよくした特注の鉄鍋。前述のとおり、家庭用ガスコンロ(IHも可)の火力にも対応するよう設計されたもの。けれど、直径25センチ(宅配ピザでいうところのMサイズ)を焼き上げる薄い平鍋は、重さもも5kgにとどまり、場所もとらない(多分)。おまけに専用の木箱に入れて持ち運びもラクラク(そうであってほしい)。

ならば、活躍の場を家だけに限定する必要はなし。

外ピザがやりたい!
その夢、叶えます

Ec95df0c8cc7c1e741f88164502afc307e4ed1893f098184fb8c8bb530eaacc4223eac90fdad5b04

例えば、こんな感じにアウトドアの直火でいかがでしょう。薪を燃やせば直火でおおよそ230〜250℃にはなります。ここにIRONATEを10分ほど火にかければ、鍋の温度は400℃近くにまで上昇。

高温に熱された鉄鍋とフタで上下から生地を閉じ込めることで、石窯の炉床と同じ環境をつくり出すわけです。これが仕掛け。ビール片手に、焼き上がりまでのしばしの時間を楽しむ。これからのシーズンに最高じゃありませんか。

09ad7ea275e085a4e44d3270bf42653b412e74cb

そうそう、グリルパンとしても活用できるので、余分に調理道具を持たずとも、これさえあれば“アウトドアめし”が自在に楽しめてしまいます。

159ドルならば、手の届かないこともない。公式サイトからどうぞ。懸念点を挙げるとすれば、5kgの重量を考慮した輸送費くらいなもの。秋のキャンプの主役になれるはず!

Reference: IRONATE
Top image: © IRONATE
ほんの数分でピザを調理するには、ガスコンロの火力がいちばん。このピザオーブンは、自宅にいながらにして本格ピザを手早く簡単に焼くことができる調理ツール。本格...
写真は、先日TABI LABOメンバー全員参加の合宿(と称したキャンプ)でつくったピザ。見たまんまの真っ黒を生み出しているのはイカスミです。ドラム缶でつく...
TVを見ながら、注文したピザを待っているとき、ここは絶対見逃せないってシーンに限ってピザのご到着。いま手が離せないんだよ!ってね。この経験に少しでも心当た...
米国のマサチューセッツ州でマリファナ入りのピザが登場した。2017年7月現在、米国でマリファナが合法化されていのは首都ワシントンD.C.及び、28州にも上...
サンフランシスコに拠点をおくメンズアパレルブランド「Eison Triple Thread」は、先日テクノロジーを最大限に活用したサービス「Fits」を始...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
世界一大きなグミのピザをつくるというおバカなことを、大真面目にやってのける大人たちの動画があります。思わずクスッとなる場面がいくつかありますよ。Check...
ピザ、パン、それにローストビーフやローストチキン。どうしても窯で焼かなければ出せない味わいがある料理たち。でも、実際に薪や炭で火おこしするオーブンを設置す...
アウトドア料理は、限られた器材だけでいかに感性を働かせて作るかが勝負。もちろん、火おこしもそのうちの一つ。だから楽しい。というのは百も承知。でも、ここまで...
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。
ミッドソールには「転売用じゃないよ」、シュータンには「ちゃんと履いてね」などのメッセージが入っています。
ピザ箱である「The Pizza Pipe」は一部が取れるようになっていて、それを丸めればパイプをDIYできます。
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
イタリア南部のローカルフード。「ピザトースト」なんて呼ばないで。このクオリティならばお腹もココロも同時に満たしてくれるはず!
アウトドアがまたひとつ難解になった。週末のたびに野山にこもったり、シーズンごとに登場するギアをウォッチするほどのギークではないけれど、クライマーやハイカー...
チューインガムの原材料を見直したら、必要なのは6つだけだった。
旅先の宿の選択肢として、今や欠かせない存在になったAirbnb。個人宅に泊まる体験も魅力ですが、すでにアメリカのミレニアル世代の間では、これのアウトドア版...
ワッフルメーカーを使って無理やりピザを作る。ちょっぴり過激な動画をご紹介。ピザとワッフルの中間をいく不思議な食べものになりました。これ、呼び名をつけるなら...
これは、たった15分で窯の温度が500℃まで上がる「Roccbox」。小さくて持ち運べるうえ、内部の構造は本格的な石窯そのものです。木材・ガスどちらも使用...
その理由は、「THE PINT」がボトルであり、グラスでもあるから。水やジュースはもちろん、トランスフォームさせてコーヒーやビールだって楽しめるため、ちょ...