ボタンプッシュで歯磨き粉が出る、ライター型「携帯歯ブラシ」

旅行や職場で使う「携帯用歯ブラシ」は、すでに存在している。とはいえ、普通の歯ブラシにキャップを付けて、小さな歯磨き粉と一緒に細長いケースに入れただけなんだけど。

正直いうと、特にそれで不自由なわけでもなかったから、この「Banale Toothbrushがすごい!」…なんて手放しで褒めるわけでもない。ただ、これまでになかったようなデザインと使い勝手の良さで、魅力的な選択肢となったのは事実。

胸ポケットに入るほど
小ぶりなサイズ

これは、ミラノに拠点を置くBANALEが作ったもの。 非喫煙者の人でも持ちたくなる(かもしれない)「ライター型歯ブラシ」だ。

パスポートと比べると、いかに小ぶりなサイズであるかがわかる。いわゆる“無難な色使い”でない、珍しい組み合わせばかりのカラバリも新鮮。

中でも、僕のイチオシはこのカラー。なんとなく「チェコの国旗」っぽくて。

で、どう使う?

中からブラシを引っ張りだしつつ、ボタンをプッシュして歯磨き粉を出す

そのままクルッと回してセッティング。

歯磨き粉がなくなったときは、こうして補充。

価格は20ユーロ(約2,300円)で、購入はこちらから。ちゃんと、ブラシの硬さも3種類から選択可能。GWの旅行へ向けて、早速あの“チェコ”注文してみようかな。

Licensed material used with permission by BANALE
Christina Ramirezさんが立ち上げた「PLUS ULTRA」は、竹から作られた歯ブラシを販売しています。
パリを拠点にするデザイナーAlexandre Touguetが考案する歯ブラシは、ブラシだけでも交換できるようになっている。
10秒で歯磨きができる、しかも完璧に。忙しい朝や、ランチの後にさっと、就寝前にも「口にくわえて、ボタンを押すだけ」でOK。ありそうでなかったマウスピース型...
子どもに歯磨きを慣れさせるのって、意外と大変なんですよね。歯の健康維持のためには、きちんと自分で磨けるようになってほしい。でも、それを面倒くさがったりして...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...