ボタンプッシュで歯磨き粉が出る、ライター型「携帯歯ブラシ」

旅行や職場で使う「携帯用歯ブラシ」は、すでに存在している。とはいえ、普通の歯ブラシにキャップを付けて、小さな歯磨き粉と一緒に細長いケースに入れただけなんだけど。

正直いうと、特にそれで不自由なわけでもなかったから、この「Banale Toothbrushがすごい!」…なんて手放しで褒めるわけでもない。ただ、これまでになかったようなデザインと使い勝手の良さで、魅力的な選択肢となったのは事実。

胸ポケットに入るほど
小ぶりなサイズ

これは、ミラノに拠点を置くBANALEが作ったもの。 非喫煙者の人でも持ちたくなる(かもしれない)「ライター型歯ブラシ」だ。

パスポートと比べると、いかに小ぶりなサイズであるかがわかる。いわゆる“無難な色使い”でない、珍しい組み合わせばかりのカラバリも新鮮。

中でも、僕のイチオシはこのカラー。なんとなく「チェコの国旗」っぽくて。

で、どう使う?

中からブラシを引っ張りだしつつ、ボタンをプッシュして歯磨き粉を出す

そのままクルッと回してセッティング。

歯磨き粉がなくなったときは、こうして補充。

価格は20ユーロ(約2,300円)で、購入はこちらから。ちゃんと、ブラシの硬さも3種類から選択可能。GWの旅行へ向けて、早速あの“チェコ”注文してみようかな。

Licensed material used with permission by BANALE
Christina Ramirezさんが立ち上げた「PLUS ULTRA」は、竹から作られた歯ブラシを販売しています。
「CAMPFIRE」にて発売中の携帯用歯ブラシ乾燥機「mini」は、歯ブラシの先端をケースに入れるだけで強力殺菌。オフィスや旅行シーンで大活躍間違いなし!
パリを拠点にするデザイナーAlexandre Touguetが考案する歯ブラシは、ブラシだけでも交換できるようになっている。
ズボラな人でも手軽に歯ブラシを99.9%除菌できる「壁掛け歯ブラシ除菌ホルダー」 が、今月末までクラウドファンディングサービス「Makuake」で応援購入...
グローバルビールブランド「コロナ エキストラ」が、ブランドメッセージ「THIS IS LIVING」を体現した映像をリリースしました。いま、世界の人々に、...
10秒で歯磨きができる、しかも完璧に。忙しい朝や、ランチの後にさっと、就寝前にも「口にくわえて、ボタンを押すだけ」でOK。ありそうでなかったマウスピース型...
子どもに歯磨きを慣れさせるのって、意外と大変なんですよね。歯の健康維持のためには、きちんと自分で磨けるようになってほしい。でも、それを面倒くさがったりして...
歯ブラシって、なぜか高機能そうでシャープなデザインばっかりでつまらない。アートな暮らしに憧れているなら、こんなところまで気を使いたい!
電動歯ブラシのバッテリーを取り除き、代わりに手巻き充電器を搭載した「Be.」。使うときはたった2回、歯ブラシの下部をひねるだけ。クラウドファンディングでは...
「ブラウン」が発売した電動歯ブラシ「ジーニアスX」が、今までの歯磨きの仕方に変化を起こしそうだ。これは同ブランドの代名詞ともいえる「オーラルB」の最上位モ...
テーブルウェアブランド「KINTO(キント)」から、キャンドルで温めるアロマディフューザー「AROMA OIL WARMER」発売。
ハミガキ粉や電気のチカラを一切使わずとも、光と水だけで歯垢を落としてくれる、画期的な歯ブラシが登場しました。“電子”を使って歯垢を落とすSOLADEY N...
計200万本売れている大ヒット商品「MISOKA」と〈THE〉がコラボレーションして生まれたのが、「THE TOOTHBRUSH by MISOKA」。持...
「歯磨きが好きな子になってほしいから、赤ちゃんが好きになれる歯ブラシを作りたい」歯科医師や歯科衛生士のそんな思いがたくさん詰まった「HAMICO」は、赤ち...
創業は1837年。世界約50ヵ国で愛されているノルウェー発の北欧シェアNo.1ブランド「Jordan」の人気商品 「GREEN CLEAN」が日本に初上陸。
「Zanco S-Pen」は、マルチな機能が付いたペン型の携帯電話。レーザーポインターやボイスレコーダー、静止画や動画撮影などなど。さまざまな機能を駆使す...
東南アジアを拠点に地元の村でとれた素材でストローを作る「EQUO」によるストローシリーズは、さまざまな方法で処分が可能な有機ストロー。4種類がラインナップ...
「ダイドードリンコ」の自販機では「顔認証決済サービス」の実証実験を7月3日から開始し、「手ぶら」で飲料の購入ができるように。スマホやタブレットなどの端末で...
無機質で男性っぽくてちゃんと清潔感があって、いい感じ。それだけなんだけど、この“それだけ”っていうのが、案外探してみるとなかったりする。
〈GRAVEL(グラベル)〉というアメリカブランドの防水トラベルポーチ。ポケットの充実度がハンパじゃない。ポイントは、外側だけでなく内側にも防水ポケットが...
外出中に携帯電話の充電が切れて困ってしまう…という経験は、誰しも一度はしたことがあるのではないでしょうか。そんな問題を解消するべく、ワシントン大学は世界で...
開発を手がけたイタリア企業「Banale」の社員は、いま購入できるネックピローのほとんどに満足感を得られず、他のシーンでも使えるようにと、このトラベルグッ...
先週はうんざりするほど雨続き。週末と月曜日は台風で、お気に入りの靴が泥だらけになってしまった人も少なくないはず。掃除用の歯ブラシを使って、自宅で綺麗にでき...
「TO&FROのサングラス」は、トラベル用のサングラス。あの「BuddyOptical」とのコラボレーションモデルです。