飛行機での乗客の「物理的接触」を減らす新たな「座席デザイン」

新型コロナウイルスによるパンデミックは、さまざまなプロダクトデザインにも影響を与え始めているようだ。

イタリアを拠点にする飛行機の座席デザイン会社「Aviointeriors」は、このたび、乗客同士の物理的接触を避けた斬新なシートデザインを発表した。ローマ神話に登場する門の守護神の名前から「Janus」と名付けられたこのデザインは、保護パネルで区切られた座席が交互に並ぶ設計だ。

© aviointeriors/Instagram

さらに、通常の座席にも簡単に取り付けられるパネルキットも同時に発表。これは、ウイルスの感染防止には、空気接触を避けるだけでも有効という研究結果をもとに発想。もちろん、パネルは簡単に洗浄することが可能で、衛生的な状態を長く保つことができるという。

長時間同じ座席に座る飛行機での移動が問題視されているなかでの新たなソリューション。実際に採用されるかは不明だが、乗客の安心・安全を守るため、航空各社は前向きにご検討を。

© aviointeriors/Instagram
Top image: © iStock.com/Cathal Stadler
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

新型コロナウイルス感染者のスクリーニング手段として、アラブ首長国連邦(UAE)にある「ドバイ国際空港」では8月初めから警察犬ユニットが配置中。なんと91%...
「ノースウェスタン大学」の研究者とシカゴの「Shirley Ryan AbilityLab」が共同で、新型コロナウイルスに関連する兆候と症状を捉えるウェア...
先週、カリフォルニア州政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ホームレスの人々に一時的にホテルやモーテルの部屋を提供すると発表し話題となっている。
探知犬たちが新型コロナウイルスを探知することができるか英国では6000万円以上の研究費を費やした試験を実施中。“スーパー・シックス”と名付けられた6匹の犬...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
検索トレンド分析ツール「Google Trend」を利用して、「コロナウイルス」の規模を数字的に可視化。グラフを見ることで、コロナウイルスが未だかつてない...
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、中国の「ケンタッキー」は、人との接触なく商品を受け渡しをする「コンタクトレスデリバリーサービス」を開始。

人気の記事

毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
最高級羽毛「アイダーダウン」を生態模倣した人工羽毛「AirFlake」を中綿素材に使用。マミー型と封筒型の両方のメリットを活かした「ブーツ型」の寝袋「レリ...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...