エジプト、8月まで観光ビザなどを「値下げ」すると発表

新型コロナウイルスのパンデミックを受けて、観光産業が盛んな国は大きな打撃を受けている。

古代の遺跡世界遺産を目的に、世界中から多くの人が訪れる中東の国・エジプトも危機に直面しているようだ。

そんななか、エジプト観光省は、6月から8月までの間、観光ビザの費用を値下げする方針を決定。併せて、すべての遺跡や博物館の入場料も半額にすると発表した。

すでに政府による大きな財政支援がおこわれており、観光地にある収入が途絶えていたお店やレストランは家賃が無料に。これから段階的に観光客を増やし、観光業の再活性化を狙っている。

いつかは訪れてみたいナイルの至宝と呼ばれる古代エジプトの遺跡群。日本からいくことは簡単ではないが、いつかのその機会まで、どうか持ち堪えてほしい。

Top image: © Merydolla/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
エジプトの古代都市メンフィスの市長だった人物の墓で見つかったのは、なんと約3,300年前のチーズ!世界最古のチーズとみられています。
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
新型コロナウイルスがアメリカで猛威を奮っていた最中、アメリカ全土で豆腐の売り上げが急上昇していたというデータが発表された。
持続可能な観光業について取り上げるカンファレンス「Global Green Destinations Days(GGDD)」が10月6日〜8日に開催。今年...
ニューヨーク市のMTAは、非接触型決済システム導入完了を発表。2023年にはメトロカードが廃止される予定。
イギリスを拠点に活動するクリエイターStefania EspositoさんとRenato Tataさんが「新型コロナウイルス(COVID-19)をスマホの...
8月初旬、Xboxを開発したゲームデザイナーでもある物理学者Seamus Blackley氏がツイートしたパン作りの様子が話題に。そのパンに使われている酵...
旅行ガイドブック『Lonely Planet』が「究極の旅行先ランキング」を発表した。今回はサステイナビリティの項目を新たに追加し、500の旅行先をピック...
先週、カリフォルニア州政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ホームレスの人々に一時的にホテルやモーテルの部屋を提供すると発表し話題となっている。
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
お茶を製造する工程で発生する「茶殻」を有効活用すべく、伊藤園が研究開発に取り組んでいる「茶殻リサイクルシステム」。茶殻からできたのは3D立体構造のマスクフ...
先日、ローマ市が市内観光に関わる新しい発表を行いました。市民の健康的な生活や観光客の安全、記念碑、建築遺産などを守るためのもので、様々な行為に対する制約と...
探知犬たちが新型コロナウイルスを探知することができるか英国では6000万円以上の研究費を費やした試験を実施中。“スーパー・シックス”と名付けられた6匹の犬...
3月19日、KEENが新型コロナウイルス(COVID-19)に立ち向かう人々のために、10万足のシューズを無償で提供すると発表した。
米「Apple」と「Google」は先日、スマートフォンを使って新型コロナウイルスの濃厚接触の可能性を検出・通知する技術を共同開発することを発表した。5月...
4月7日、「Nike」が新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、「個人用防護具(PPE)用フェイスシールド」と「電動ファン付き呼吸用防護...
衣類をかけてボタンを押すだけで服を除菌してくれる「スマートUV除菌ハンガー」が誕生。
1月5日より、Netflixが卑語をテーマにした新番組『あなたの知らない卑語の歴史』の配信を始めた。6話構成で、それぞれ約20分の長さとなっている。
2019年8月、ミラノやユトレヒトなどに建設される住宅「垂直の森(Bosco Verticale)」のデザインを手がけた建築家ステファノ・ボエリが、カイロ...
イギリスのボリス・ジョンソン首相は、イングランドに住む単身者、または18歳未満の子どもがいる一人親を対象に、現地時間の6月13日から「別の一世帯の家での滞...
新型コロナウイルスと戦う医療従事者たちへの支援として、ロンドンの大手ブルワリー「CAMDENTOWN BREWERY」がオリジナルビールを「ヒーローのため...
アラブ首長国連邦(UAE)の新たな観光スポット「Qasr Al Watan」。大統領官邸でもあるこの場所は、3月から観光客に開放されています。ツアーも組ま...
イギリスで出版され、その後世界中で愛されている『ウォーリーをさがせ!』。子どもの頃、豆粒サイズの彼を一生懸命探した人も多いのでは?しかし、ここで紹介したい...
新型コロナウイルス感染症のワクチンの開発支援と、平等かつ迅速な供給を求めて。日本政府への支援金増額を求める署名プロジェクト「#SignforLife」始動。