冷めたコーヒーを温めてくれる!紙コップウォーマー「LAVACLIP」なら、持ち運びもラクラク

以下のようなシチュエーションって、ありませんか?

仕事の合間に一息つこうと、コーヒーを購入。自分の席に戻り、ゆっくり飲みながら休憩を…なんて思っていたら、上司に呼び出される。しかも、話が結構長い。そうこうしているうちにコーヒーは冷め、まったく美味しくない。なんだか損した気分…。

ここで紹介するのは、そんな事態の救世主です!

再び「あたたか〜い」に!

これは、紙コップにセットし、再び飲み物を温めてくれる小型ヒーター「LAVACLIP」。クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場し、話題を集めています。

サイズの調整が可能なため、ほとんどの大きさの紙コップで使用可能なのだとか。

持ち運びに便利なコンパクトサイズ。出張はもちろん、

普段の仕事でも、カバンに入れておけば重宝しそう!

カラーは、嬉しい6色展開。価格は今なら25ドル(約2,700円)です。これで、一度冷めてしまったコーヒーでも、美味しく飲める!

Licensed material used with permission by Lavaclip
『Double Glass Heater(ダブルグラスヒーター)』にはヒーター機能を有したガラスが使われているそう。ガラス自体が熱を発して、下から取り込ま...
仮想通貨を稼ぐ(マイニング)際にコンピューターから出る熱を利用して、部屋を暖めるヒーターがパリに登場しました。すでに市内6つのビルに設置されており、スマホ...
Kickstarterでクラウドファンディング中の「Hot Pocket」。シュラフ用バッグであり、電気ブランケットとしても使えます。
この足元用セラミックファンヒーターはまさにペンギン村にありそうなマシンです。イエローのボックスフォルムが最高!
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、Kanye Westの『Runaway(Extended Video Version) ft. Push...
シンプルで個性的なヒーターに出会いました。
社会を生き抜くうえで、私たちには想像力が必要。では問います、この紙は何を目的につくられた紙だと思いますか。(ちなみに巻いて使います)
トルコ出身のバックパッカーBerk Armaganさんは、紙コップに絵を描いてそれを売ることで、旅の資金集めをしている。1つの作品には30分〜5時間かかる...
「もしも時間が紙になったら」。そんなアイディアを製品化したのが、紙の専門商社・竹尾とフェリシモのコラボで生まれたこちらのアイテム。500種類の紙によって、...
このたび、セイコーエプソン株式会社が開発したのは、使用済みの紙を原料として新しい紙を生産する小型製紙機。オフィスで完結できる、小さく、新しい資源サイクルを...
イタリア政府が、小学生から高校生を対象に、2020年9月から「気候変動」についての授業を必修科目とすることを発表した。
自然界の存続に実は多大な影響を与えているハチがいま、絶滅の危機にさらされています。捨てれば捨てるほどハチを救える「紙」が、世界ではじめて開発されました。
春が近づき、本格的な行楽シーズンは目の前。ポカポカ陽気の中、公園に出かけたり、花見やフェスの予定を立てたり…気温とともに気分も上がってきますよね。そんなち...
家や部屋はきれいに片付けておきたいけれど、たまの来客用に机やイスがあると便利だし、たまにはソファも使いたい。でも、できればデザインにもこだわりたい…。いま...
ついつい「つけっぱなし」になりがち。大きさにもよりますが、いくら省エネ仕様のものでも、電気代がかさんでしまうことも…。寒い冬場でも取り入れやすいように節約...
ニューヨークの街で年間1億8,000個も使用されているというコーヒーの紙コップをモチーフにしたウォレット。
SNSで人気のお店って実際どーなんよ?価格や味を読者のみなさまにレポートしていく企画。今回は「Viva la Burger」。食感がおいしいリッチな“BO...
クレアモントの教会「Claremont United Methodist Church」が設置した、移民・難民が直面している状況を表現したインスタレーショ...
「SHERLOCK」では、少しの血液を採取し紙につけるだけで、がんだけでなく感染症も発見できる。
真冬とチョコレートのかけ算はズルさがある。たとえ、オーナーが有名バリスタで、本格派コーヒーを出す店『COFFEEHOUSE NISHIYA』でも、ホットチ...
まず、使い方が簡単。防水加工が施されたペーパーを手持ちのプランターにクルッと巻くだけ。手先が不器用な自分でも難なくできた。
飛行機という限られた空間を快適にしてくれる便利グッズは旅のお供にいかがでしょう?eチケットなどA4サイズの出力も折り畳んでしまえるキングジム「OLETTA...
同国のカルチャー誌「The Atlantic」によれば、彼らは授業中に紙を回す代わりに、Google ドキュメントを使っているといいます。
材料は紙だけ。破ったり、ちぎったりすることができるランプです。自由にかたちをつくれるから、光量もお好みに合わせて。すこし歪で脆い光が、やさしくあなたを包ん...