旅行にも仕事にも!持ち歩ける「コーヒードリッパー」が超便利

お気に入りの豆を使って、淹れたてのコーヒーをどこでも、気軽に味わえたらいいのに…。

と思っているコーヒー好きの皆さんに朗報です。
どこにでも持ち歩けるコーヒードリッパーが誕生しました。
その名も「Tetra Drip」。

drip01

胸ポケットにも入って
超コンパクト

これまでにも登山やトレッキングへの携行を目的とした、コンパクトなコーヒードリッパーはありましたが、軽量化を追い求めすぎて使いやすいとは言えませんでした。また、キャンプでの使用を目的としたものは、折りたたんだ状態でも厚みがあったり、重みがあったりと、携帯性を犠牲にしていました。

drip05

drip07

しかしTetra Dripはそんな問題をすべてを解決。折りたたんだ状態ではパスポートよりも小さく、胸ポケットにもすっぽり入る、薄くて軽くてコンパクトなデザインです。

さらに、「美味しさ」を追求

drip04

さらに「携帯性」「使いやすさ」ともう1つ、「美味しさ」も兼ね揃えています。抽出口が大きいので、抽出速度が円錐形ドリッパーとほぼ同じ。そのため雑味の少ないクリーンな味わいを実現してくれるのです。

サイズは2つあり、カップ約1杯分と約3杯分。一人でも、仲間ともコーヒーブレイクを楽しめます。
さらに、さまざまなサイズの円錐形ペーパーフィルターに対応するように設計されているので、互換性も◎。

drip08

旅先に、そして出張に、そしてピクニックのお供に、重宝しそうなアイテムです。

でもこのTetra Dripはまだ発売まで至っておらず…。現在、クラウドファンディングサイト「READYFOR」のコチラのページで量産するための制作費用を募っています。ぜひ、ご協力をお願いします。

コンテンツ提供元:READYFOR

カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
子どもの頃なりたかった仕事や、見事な職人技を見て「やってみたい!」と思ったり、ある職業に就きたいと本気で思っているけれど、どうしたらいいかわからないーー。...
砂時計の要領でポタポタ……。
バルセロナにあるデザインスタジオBel&Belがつくった、電動立ち乗り二輪車「Z-Scooter」の紹介です。
いまやコーヒースタイルの定番になりつつある「コールドブリュー」。じっくり時間をかけて抽出するわけですが、これをもっと美味しく飲む方法がありました。
春が近づき、本格的な行楽シーズンは目の前。ポカポカ陽気の中、公園に出かけたり、花見やフェスの予定を立てたり…気温とともに気分も上がってきますよね。そんなち...
旅行や出張先のホテルで洗濯したものを「どうしても翌朝までに乾かしたい!」なんてことはありませんか?そんなときに便利なのが、超小型乾燥機「ハンディー・セコ」...
楽しい旅行は、準備している間もワクワクするもの。でも実際にパッキングしたら、あまりの荷物の多さにびっくり!「これを持ち歩くのか…」と思うと、楽しみにしてい...
自転車乗りってコーヒー好きが結構多いんですよね。“こだわると深い”みたいなところが、似ているんでしょうか。僕もその一人です。自転車でコーヒーショップを回っ...
観光名所を訪れたり、その土地でしか味わえないグルメを堪能する──。旅行の楽しみは様々ですが、「ショッピング」も間違いなくそのうちの一つ。でも、調子に乗って...
宇宙飛行士になるための基礎知識と身体能力が鍛えられる「Space Nation Navigator」。
以下のようなシチュエーションって、ありませんか?仕事の合間に一息つこうと、コーヒーを購入。自分の席に戻り、ゆっくり飲みながら休憩を…なんて思っていたら、上...
朝のコーヒーは豆から挽いて淹れています。今思うのは、一杯だけ淹れることが多いからサーバーはいらなかったし、金属のドリッパーならペーパーフィルターを買い置き...
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
旅好きの女性に、ぜひともオススメしたいアイテムがこちら。ちなみに、自分の周りではかなり好評なんです。一緒に旅行に行く男性からすると、持ち運びが大変だなあと...
『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。
ここまで慎重になるべき?と思うぐらい丁寧に書かれた、カレとの初旅行で気をつけるべき9つのこと。大好きなパートナーとの胸踊るワクワク旅行が最悪な形で終わらな...
どうしても仕事に行きたくない朝。あなただったらどうしますか?重い足を引きずって泣く泣く会社に行く人もいれば、ウソも方便と1日だけ休んで家でゴロゴロしちゃう...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
シアトル、メルボルン、イーストロンドン、世界のコーヒータウンで活躍するバリスタたちが、わざわざ日本から輸入するコーヒードリッパーがあります。創業1921年...
冷たい水を入れてもドリップには10分とかからないそうです。使い方もシンプル。たとえば、コーヒーなら…もちろんお茶もいれられます。充電式ですが、ACアダプタ...