押して回すだけ。ハンドドリップの味を手軽に楽しめる「コーヒードリッパー」

おいしいハンドドリップコーヒーを淹れるための画期的な商品が登場した。

「HOFFE ONE」はスキルが必要とされているハンドドリップを簡単操作でおこなうために開発されたアイテム。プロのバリスタのドリップ術を参考に設計されている。

ベース部とカップ部の2つの部品で構成されており、使い方はこう。

ベース部にコーヒーカップを載せ、中挽きのコーヒー粉を入れる。カップ部にお湯を注ぎベース部にセット。15秒ほど上から押し回すとドリップが開始され、コーヒーブルームのために30秒ほど待つと完成——。

電源不要ポータブル。忙しい朝でもスピーディーにドリップが可能となる。金属製メッシュ内蔵でペーパーフィルター不要だから、使用後の掃除も簡単だろう。

ブラック、ホワイト、レッドの3色展開。価格は1万5000円で購入はこちら

©株式会社Gloture
©株式会社Gloture
Top image: © 株式会社Gloture
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
金属加工の街、新潟県・燕三条で誕生した「KOGU 珈琲考具」より、家庭でおいしいハンドドリップを楽しむために考え、デザインされたコーヒーのための「回転式ロ...
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
「押すだけで、最高のコーヒーと紅茶を淹れる」。コーヒー好きにとってはそんな夢のような話をモットーに作られた"FLASK"。このフラスコ型のコーヒー&ティー...
「ジョニーウォーカー」の最高峰ブルーラベルから、200周年の数量限定ボトル「ジョニーウォーカー ブルーラベル レジェンダリー エイト」が発売された。
「キーコーヒー」が、コーヒーをドリップするおいしさや楽しさを伝える創業100周年オンラインイベント『100人ドリップ』を9月26日(土)に開催。
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
間もなく旬を迎えるアスパラガス。フレッシュなままもいいけれど、もっとおいしい食べ方があるんです。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...