押して回すだけ。ハンドドリップの味を手軽に楽しめる「コーヒードリッパー」

おいしいハンドドリップコーヒーを淹れるための画期的な商品が登場した。

「HOFFE ONE」はスキルが必要とされているハンドドリップを簡単操作でおこなうために開発されたアイテム。プロのバリスタのドリップ術を参考に設計されている。

ベース部とカップ部の2つの部品で構成されており、使い方はこう。

ベース部にコーヒーカップを載せ、中挽きのコーヒー粉を入れる。カップ部にお湯を注ぎベース部にセット。15秒ほど上から押し回すとドリップが開始され、コーヒーブルームのために30秒ほど待つと完成——。

電源不要ポータブル。忙しい朝でもスピーディーにドリップが可能となる。金属製メッシュ内蔵でペーパーフィルター不要だから、使用後の掃除も簡単だろう。

ブラック、ホワイト、レッドの3色展開。価格は1万5000円で購入はこちら

©株式会社Gloture
©株式会社Gloture
Top image: © 株式会社Gloture
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
金属加工の街、新潟県・燕三条で誕生した「KOGU 珈琲考具」より、家庭でおいしいハンドドリップを楽しむために考え、デザインされたコーヒーのための「回転式ロ...
「押すだけで、最高のコーヒーと紅茶を淹れる」。コーヒー好きにとってはそんな夢のような話をモットーに作られた"FLASK"。このフラスコ型のコーヒー&ティー...
「ルイ・ヴィトン」のメンズラインのクリエイティブディレクターであるヴァージル・アブローと、「メルセデス・ベンツ」のチーフクリエイティブディレクターであるゴ...
「キーコーヒー」が、コーヒーをドリップするおいしさや楽しさを伝える創業100周年オンラインイベント『100人ドリップ』を9月26日(土)に開催。
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
砂時計の要領でポタポタ……。
バリスタの世界チャンピオンや神経科学の専門家のアドバイスを取り入れつつ開発されたというグラスウェア。味、香り、感触、見た目などコーヒーをよりおいしく味わう...
屋外ドリップやキャンプでのコーヒー時間を充実させる「ドリッパースタンド」が「Makuake」で販売中。
「UHA味覚糖」が開発を進めていた宇宙日本食ミルクキャンディ「宇宙食 特濃ミルク8.2」。ついに「JAXA」の認証を受け、米国の宇宙企業「スペースX」が開...
「V60オートプアオーバーSmart7」は、湯量・湯温・スピードの3要素をコントロールできる、新感覚のコーヒーメーカーです。「コンパクトサイズで...
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
水出しコーヒーメーカーには、ドリッパータイプ、ポットタイプ、パックタイプがあるなかで、一歩抜きん出た機能を持ったのが「リヴィーズ電動水出しコーヒーメーカー...
お気に入りの豆を使って、淹れたてのコーヒーをどこでも、気軽に味わえたらいいのに…。と思っているコーヒー好きの皆さんに朗報です。どこにでも持ち歩けるコーヒー...
朝のコーヒーは豆から挽いて淹れています。今思うのは、一杯だけ淹れることが多いからサーバーはいらなかったし、金属のドリッパーならペーパーフィルターを買い置き...
「Apple」は、9月16日におこなわれたオンラインイベントを通して、「Apple One」と名付けられたサブスクリプションサービスのバンドル(一式)を発...
撮ったその場でモノクロ写真を印刷できるインスタントカメラが登場。しかも、レシートなどに使われる「感熱紙」を使用することで、フィルムの費用を抑えつつコンパク...
見た目はコンパクトなコーヒーミルと同じ。使い方もほとんど同じで、茶葉を入れてハンドルを回すだけで粉末茶が完成する。
目覚まし時計とドリップ式コーヒーメーカーが一体となった「The Barisieur」。いよいよ国内販売へ。
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
チャイ専門ブランド「モクシャチャイ」などを手がける「The Moksha Japan株式会社」は、レンジで手軽に作ることができるチャイ「レンジでチャイ」を...