「ペンギン村っぽい」ファンヒーター。

海外の映画とか写真集でみる部屋に憧れるのと同様に、自分のなかではマンガ『Dr.スランプ』に登場する、則巻千兵衛博士の家がひとつの理想です。というか、あの作品に出てくるペンギン村に憧れています。町並み、家の佇まい、走ってる車、インテリア、家電。全部カッコイイ。

この足元用セラミックファンヒーターはまさにペンギン村っぽい“マシン”。イエローのボックスフォルムが最高!

そして、実用的でもあります。

とてもコンパクトでハンドル付き。家中どこでも持ち運べて、ちゃんと足元を温めてくれます。しかも、温かくなるのがとても早い。

Amazonで購入可能です。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

他の記事を見る
仮想通貨を稼ぐ(マイニング)際にコンピューターから出る熱を利用して、部屋を暖めるヒーターがパリに登場しました。すでに市内6つのビルに設置されており、スマホ...
『Double Glass Heater(ダブルグラスヒーター)』にはヒーター機能を有したガラスが使われているそう。ガラス自体が熱を発して、下から取り込ま...
シンプルで個性的なヒーターに出会いました。
部屋の温度はエアコンやらファンヒーターやらで調節できますが、足元が寒い。そこで〈もちはだ〉のルームソックスです。
Kickstarterでクラウドファンディング中の「Hot Pocket」。シュラフ用バッグであり、電気ブランケットとしても使えます。
気づけば2月も終盤。さあ、春がやってきます。そんなタイミングで暖房機の紹介をするのは、時期外れだと思う人もいるかもしれません。でも、そこにはちゃんと理由が...
ついつい「つけっぱなし」になりがち。大きさにもよりますが、いくら省エネ仕様のものでも、電気代がかさんでしまうことも…。寒い冬場でも取り入れやすいように節約...
人気映画やドラマをテーマにしたクルーズもファンにはおすすめ。例えば、「Walker Stalker」主催の『ウォーキング・デッド』がテーマのクルーズ。これ...
以下のようなシチュエーションって、ありませんか?仕事の合間に一息つこうと、コーヒーを購入。自分の席に戻り、ゆっくり飲みながら休憩を…なんて思っていたら、上...
この「L.L.Beanのタオル」、隠れファンが多いみたいです。昨年、一度記事で紹介したところ、“オレも好き”、“私も使ってる”という声が多数。
ただの照明器具?それとも、便利な機械?たぶん、もっと新しい、友だちのような存在。
静かな空間としてのクルマ選び。ロールス・ロイスが本気で挑んだ「世界で最も静粛なクルマ」をラインナップに入れずにはいられません。
ニュージーランド南東のオアマルの港では世界一小さなペンギン、ブルーペンギンたちのコロニーが観光の呼び物となっています。しかし、年々ブルーペンギンの数は減少...
これは、アメリカのパンクロックスター、イギー・ポップが彼のファンである21歳のローレンスへ送ったファンレターの返事。イギーは普段から義理に厚く、人情深いキ...
〈Seria〉のスクエアボックスは、インテリアだけでなくアウトドアシンーンでも大活躍。ロープやカラピナなど細々したものを入れるのに重宝します。
お香の先っぽを折って、ぶら下げるかたちで使用する。燃えている部分は缶の中になるので、灰が飛び散らない。風が強い外で使用しても大丈夫。
電化製品のON/OFFをセットできるダイヤルタイマーです。使い方はいたって簡単。電化製品をプラグに差し込んで、タイマーを回すだけ。最大11時間まで設定可能です。
細長い容器に、バターをブロックのまま豪快に投入。すると、数秒でスプレー状の“バタービーム”を放てるように!コレは、冷蔵庫から取り出したばかりの「固いバター...
夏になると、コンピューターの排熱がかなり気になってきます。「暑いし、熱い…」。大量のコンピューターが同じ部屋に入っているサーバールームならなおさら。せっか...
1960年代から70年代あたりにフランスの〈ブルボン社〉が制作した通称「ブルボンキーホルダー」。一見おもちゃのようですが、レトロな企業ロゴのデザインや全体...