コーヒーが冷めない。温度調節できる「サーモマグ」が誕生!

淹れたてのコーヒー美味しさを、いつまでもキープし続けるためには、最適な温度を維持すること。この目的のためだけに開発された、コーヒー好き必見のサーモマグをご紹介。
ぬるく味の変わった褐色の液体にがっかりする必要は、もうありません!

コーヒーを美味しく
その目的だけに開発。
“絶対に冷めない”マグ

lifestyle5

まず最初に、この革新的なサーモマグの開発秘話をかいつまんでご紹介しましょう。
オリジナルのキッチンウエアや、カトラリーをデザインする「Ember」。世界中で70以上の特許を持つCEOのClayton Alexander氏は、自他共に認めるコーヒー狂です。仕事中に冷えていくコーヒーが嫌で嫌で仕方なく、研究に研究を重ねました。いつでも「コーヒーを美味しく飲む」。ただその目的だけに、開発がスタートしたんだそう。こうして誕生したのが“絶対に冷めないマグ”でした。

lifestyle10

Emberの調査結果によれば、淹れたてのコーヒーの温度は平均71度。そこから57.2度に下がった時が、最も美味しく飲むのに適した温度なんだそう。この“飲みどき”をいち早く得られるよう、このマグは熱々のコーヒーの温度を一気に下げ、そこから適温を飲み終わるまで、ずっとキープしてくれるという優れもの。
「すぐ飲みたいけど熱くて…」なんて、猫舌さんたちのジレンマも解消する、これまはまさに大発明では!?

温度調節機能付き
ワインの急速冷却にも◎

product7

上の写真で、マグ上に示されている数字が内部の温度(華氏表記)を示しています。たとえば、現在のコーヒーの温度は58.3度。マグ下部のダイヤルを左右に回すことで、好みの温度へと変化させてくれます。

スクリーンショット 2015-10-28 16.03.41

ちなみに、専用アプリを使うことでスマホからも温度調節が可能です。もちろん、コーヒー以外の飲みのをを淹れたってOK!もしも、紅茶や緑茶など別の飲み物を入れる場合も、あらかじめ適温をプリセットしておける機能付き。
さらに、このサーモマグの機能を活かせば、常温ワインの急速冷却なんて使い方も可能です。

アイデアマンが自分の欲を満たす目的から開発された、これまでにない、適温へと自在に調節できるサーモマグ。すでにクラウドファインディングで潤沢な資金を調達し、いよいよ販売開始。これは欲しい!

Licensed material used with permission by Ember Technologies , Inc.

これまで、タンブラーや水筒を使うことで可能だったのは、一度入れた飲み物を「保温」すること。しかしこの「Yecup 365」なら、温めたり冷やしたりと自由に...
飲み頃がずーっと続いてくれたならば、いつまでもおいしいまま。そういうところからスタートしたマグなんでしょうね。
おなじみの料理でも最適の温度があるのですが、ご存知ですか?「弱火」「中火」「強火」なんてざっくりしてちゃ、失敗しちゃいますよ。
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
一見すればコンクリートや石の質感。ところが、パリパリとひび割れて中から顔を出すのは、とろ〜りクリームやムース。
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
同じワインなのに、レストランで飲んだ味と違う…。そんな経験があるなら、それは温度のせいかも。「Kelvin(ケルビン)」ならおいしかったあの味を家でも楽し...
以下のようなシチュエーションって、ありませんか?仕事の合間に一息つこうと、コーヒーを購入。自分の席に戻り、ゆっくり飲みながら休憩を…なんて思っていたら、上...
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。
睡眠不足は、様々な健康上の問題を引き起こす可能性もあるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては、睡眠の質の重要性については、古今東西、様々な研究がなされ...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
部屋の温度はエアコンやらファンヒーターやらで調節できますが、足元が寒い。そこで〈もちはだ〉のルームソックスです。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
モッツァレラ、チェダー、リコッタ……。このチーズの順番はというと? チーズ料理で失敗した経験がある人も、これからチーズ料理に挑戦する人も、読み終わったころ...
煙突のようなこの「かぶりもの」いったいナンダ?
家族や恋人、友人たちが盛り上がっているときに、自分だけテンションが低いまま。そのせいで「冷めてるね」とよく言われるけれど、本当はそんな冷めた性格、直したい...
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
どんなに寒い冬の日でも、コーヒーは必ずアイスで。そんなアイスコーヒー愛飲家の人にとっておきのアイテムを紹介。これなら、普通に淹れた熱々のコーヒーを、ほんの...