コーヒーが冷めない。温度調節できる「サーモマグ」が誕生!

淹れたてのコーヒー美味しさを、いつまでもキープし続けるためには、最適な温度を維持すること。この目的のためだけに開発された、コーヒー好き必見のサーモマグをご紹介。
ぬるく味の変わった褐色の液体にがっかりする必要は、もうありません!

コーヒーを美味しく
その目的だけに開発。
“絶対に冷めない”マグ

lifestyle5

まず最初に、この革新的なサーモマグの開発秘話をかいつまんでご紹介しましょう。
オリジナルのキッチンウエアや、カトラリーをデザインする「Ember」。世界中で70以上の特許を持つCEOのClayton Alexander氏は、自他共に認めるコーヒー狂です。仕事中に冷えていくコーヒーが嫌で嫌で仕方なく、研究に研究を重ねました。いつでも「コーヒーを美味しく飲む」。ただその目的だけに、開発がスタートしたんだそう。こうして誕生したのが“絶対に冷めないマグ”でした。

lifestyle10

Emberの調査結果によれば、淹れたてのコーヒーの温度は平均71度。そこから57.2度に下がった時が、最も美味しく飲むのに適した温度なんだそう。この“飲みどき”をいち早く得られるよう、このマグは熱々のコーヒーの温度を一気に下げ、そこから適温を飲み終わるまで、ずっとキープしてくれるという優れもの。
「すぐ飲みたいけど熱くて…」なんて、猫舌さんたちのジレンマも解消する、これまはまさに大発明では!?

温度調節機能付き
ワインの急速冷却にも◎

product7

上の写真で、マグ上に示されている数字が内部の温度(華氏表記)を示しています。たとえば、現在のコーヒーの温度は58.3度。マグ下部のダイヤルを左右に回すことで、好みの温度へと変化させてくれます。

スクリーンショット 2015-10-28 16.03.41

ちなみに、専用アプリを使うことでスマホからも温度調節が可能です。もちろん、コーヒー以外の飲みのをを淹れたってOK!もしも、紅茶や緑茶など別の飲み物を入れる場合も、あらかじめ適温をプリセットしておける機能付き。
さらに、このサーモマグの機能を活かせば、常温ワインの急速冷却なんて使い方も可能です。

アイデアマンが自分の欲を満たす目的から開発された、これまでにない、適温へと自在に調節できるサーモマグ。すでにクラウドファインディングで潤沢な資金を調達し、いよいよ販売開始。これは欲しい!

Licensed material used with permission by Ember Technologies , Inc.

これまで、タンブラーや水筒を使うことで可能だったのは、一度入れた飲み物を「保温」すること。しかしこの「Yecup 365」なら、温めたり冷やしたりと自由に...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
安定して手軽においしいコーヒーを自宅でも楽しみたい人向けに開発されたコーヒーメーカー「GINA」は、アプリが分量や蒸らし時間をすべて計算して手助けしてくれます。
同じワインなのに、レストランで飲んだ味と違う…。そんな経験があるなら、それは温度のせいかも。「Kelvin(ケルビン)」ならおいしかったあの味を家でも楽し...
以下のようなシチュエーションって、ありませんか?仕事の合間に一息つこうと、コーヒーを購入。自分の席に戻り、ゆっくり飲みながら休憩を…なんて思っていたら、上...
睡眠不足は、様々な健康上の問題を引き起こす可能性もあるといわれている。それだけに、睡眠、ひいては、睡眠の質の重要性については、古今東西、様々な研究がなされ...
家族や恋人、友人たちが盛り上がっているときに、自分だけテンションが低いまま。そのせいで「冷めてるね」とよく言われるけれど、本当はそんな冷めた性格、直したい...
どんなに寒い冬の日でも、コーヒーは必ずアイスで。そんなアイスコーヒー愛飲家の人にとっておきのアイテムを紹介。これなら、普通に淹れた熱々のコーヒーを、ほんの...
「Nitro Cold Brew」は、専用のサーバーで注がれる窒素ガス入り水出しアイスコーヒー。まるで黒ビールのようなその見た目が、昨年の夏頃に大きな話題...
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
挽く前に、よく豆を冷やすと、より深いアロマが楽しめるーー。という研究結果が「ネイチャー」に掲載されました。イギリスのバース大学と、地元のコーヒーショップ「...
「V60オートプアオーバーSmart7」は、湯量・湯温・スピードの3要素をコントロールできる、新感覚のコーヒーメーカーです。「コンパクトサイズで...
奥渋にある「CAMELBACK sandwich&espresso」。コーヒー担当の鈴木啓太郎さんとサンドウィッチ担当の成瀬隼人さん(元寿司職人)のふたり...
名古屋育ちの私にとって、喫茶店でコーヒーを頼むとピーナッツが付いてきたり、午前中にコーヒーを頼むとモーニングがついてくることはけっこう普通のことで、逆に何...
新茶のおいしい季節ですね。4月中旬から5月中旬に摘み取られたお茶は「一番茶」とも呼ばれ、味や香りがよく、栄養価が高いという特徴があります。お茶はガン予防、...
お店で飲むコーヒーはプロが淹れてくれたものなので、やっぱりおいしいですよね。私は家でも毎日自分でコーヒーを淹れるんですが、かなり大雑把な性格なので計量した...
思えば海外のこういったコンテンツって、そのほとんどが女性目線。そういう意味でも男性的視点からの恋バナはちょっと気になるところ。「彼らの失敗から学ぼう」なん...
「ハマる」という現象は、思いもよらず訪れるのかもしれません。とくにそれまで興味がなかったり、逆に「食わず嫌い」だったりすると、その反動でハマり方の振れ幅が...
コーヒーとビールで健康管理できたり、メンタルの向上に役立つなんて言われても、にわかには信じがたい話ですよね。そこでこの本のご紹介。メディアカルクリニックで...