あったかい飲み物は最後まであたたかく。このマグならそれが可能。

どんなにおいしいドリップコーヒーであっても、淹れたてのお茶であっても、時間が経てば冷める。味だって変わります。マズくなる、ではないんだけれど、やっぱり最適な温度を持続するというのは、どうしたって難しい。

これまではね。

けれど、これはからその“最適”を最後の一口まで楽しめそうです。

60~65℃を1時間
「淹れたて気分」キープ

マグカップ 60~65℃を1時間 「淹れたて気分」キープマグカップ 60~65℃を1時間 「淹れたて気分」キープ

「GlowStone」は充電式の保温マグ。従来の保温容器とは違い、マグカップ自体が発熱して飲み物の温度を保ってくれます。

開発チームが調べたところによると、なんでもコーヒーやお茶が最もおいしく感じられる温度は60~65度だとかで。通常のマグカップだと、温度はわずか数分しか保てないようです。

その点GlowStoneは、飲み物を入れるだけで自動で作動。しかも60~65度を1時間も保ってくれるというんだから、賢い。

置くだけで充電可

マグカップ 60~65℃を1時間 「淹れたて気分」キープ

あったまる仕掛けがこちら。

コースターも専用の「Qiコースター」の上に置くだけで充電完了。USBポートで充電できます。ちなみにQiに対応している電子機器があれば、それもこのコースターに置くだけで充電できるらしいですよ。

マグカップ 60~65℃を1時間 「淹れたて気分」キープ

作動中はライトが点灯。もちろん底は熱くなりません。最後まで飲みきったら自動的に電源が切れ、ライトが消えます。

電子機器が内蔵されていますが、なんと食洗器対応。逆さになった状態では、たとえ水分が入っていても動作しないようになっており、誤作動を防ぎます。

ボーンチャイナの美しいデザイン

マグカップ 60~65℃を1時間 「淹れたて気分」キープマグカップ 60~65℃を1時間 「淹れたて気分」キープマグカップ 60~65℃を1時間 「淹れたて気分」キープ
Licensed material used with permission by GLOWSTONE
「レザー」と「セラミック」のバランスがおしゃれなマグカップ。デザイン性に特化したアイテムだからこそ、カップ以外の使用方法が次々に思い浮かびます。
このマグカップのユーモラスな形がすごくいい。“まる”というのがひとつのキーになっているようで、持ち手も台座も全体のフォルムも丸っこい。でも、カワイイだけに...
新時代のコーヒー飲料の誕生。8/19発売のO CHER(オーカー)はコーヒー生豆を独自の焙煎法で加熱し、クロロゲン酸(ポリフェノール)やカフェイン、トリゴ...
「Personalized Heat Change Mug(英訳:熱で変化するパーソナライズマグカップ)」は、名称そのままに、温かい飲み物を入れると注文の...
本日10月1日、「リーボック」がブランド初の植物由来素材を原料とする高機能性ランニングシューズ「FOREVER FLOATRIDE GROW」を発売する。
メディアクリエイターのハイロックさんが、自身の“マグカップコレクションの頂点に君臨する”と紹介する逸品。
〈アデリア60〉の「ルック マグ」は、1960年代後半にコーラを飲むために作られた「コーラグラス」が原型。アンバーの高級感ある色やマグタイプという点で進化...
「 Floating Mug」はカップの結露や輪ジミを防止するために開発されたマグカップで、コップ部分を宙に浮かせ、その下に水を集めるお皿があるというもの...
朝のコーヒーは豆から挽いて淹れています。今思うのは、一杯だけ淹れることが多いからサーバーはいらなかったし、金属のドリッパーならペーパーフィルターを買い置き...
航空・軍事など幅広い分野で採用されている"温度制御素材”により、100℃の沸騰したお湯を、たった1~2分で約55℃まで冷却できるボトル「DOCA」。電力も...
レトロなデザインと革新的な技術を持ち合わせたワイヤレスキーボード「PENNA」。タイプライターからインスピレーションを得てデザインされたというレトロクロー...
バリスタの世界チャンピオンや神経科学の専門家のアドバイスを取り入れつつ開発されたというグラスウェア。味、香り、感触、見た目などコーヒーをよりおいしく味わう...
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
これまで、タンブラーや水筒を使うことで可能だったのは、一度入れた飲み物を「保温」すること。しかしこの「Yecup 365」なら、温めたり冷やしたりと自由に...
冷たい水を入れてもドリップには10分とかからないそうです。使い方もシンプル。たとえば、コーヒーなら…もちろんお茶もいれられます。充電式ですが、ACアダプタ...
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
「海ではしゃぐマッチョ」や「告白してフラれるマッチョ」など、「マッチョだけのフリー素材」を集めたサイトが登場。
今週末10月2日(金)、米国発の「キンプトン ホテルズ&レストランツ」ブランドの日本初上陸となる「キンプトン新宿東京」が東京・西新宿にオープン。
目覚まし時計とドリップ式コーヒーメーカーが一体となった「The Barisieur」。いよいよ国内販売へ。
よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?
毎年、クリスマスシーズンになると巷で話題となるのが、イギリスの百貨店「ジョン・ルイス」のTVCM。商品広告は一切なく、心があったかくなるショート・スト−リ...
コーヒー好きな身として王道の楽しみ方ももちろん外せないけど……
わたし、まだまだコーヒーの可能性を信じています。
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...