あったかい飲み物は最後まであたたかく。このマグならそれが可能。

どんなにおいしいドリップコーヒーであっても、淹れたてのお茶であっても、時間が経てば冷める。味だって変わります。マズくなる、ではないんだけれど、やっぱり最適な温度を持続するというのは、どうしたって難しい。

これまではね。

けれど、これはからその“最適”を最後の一口まで楽しめそうです。

60~65℃を1時間
「淹れたて気分」キープ

「GlowStone」は充電式の保温マグ。従来の保温容器とは違い、マグカップ自体が発熱して飲み物の温度を保ってくれます。

開発チームが調べたところによると、なんでもコーヒーやお茶が最もおいしく感じられる温度は60~65度だとかで。通常のマグカップだと、温度はわずか数分しか保てないようです。

その点GlowStoneは、飲み物を入れるだけで自動で作動。しかも60~65度を1時間も保ってくれるというんだから、賢い。

置くだけで充電可

あったまる仕掛けがこちら。

コースターも専用の「Qiコースター」の上に置くだけで充電完了。USBポートで充電できます。ちなみにQiに対応している電子機器があれば、それもこのコースターに置くだけで充電できるらしいですよ。

作動中はライトが点灯。もちろん底は熱くなりません。最後まで飲みきったら自動的に電源が切れ、ライトが消えます。

電子機器が内蔵されていますが、なんと食洗器対応。逆さになった状態では、たとえ水分が入っていても動作しないようになっており、誤作動を防ぎます。

ボーンチャイナの美しいデザイン

Licensed material used with permission by GLOWSTONE
「レザー」と「セラミック」のバランスがおしゃれなマグカップ。デザイン性に特化したアイテムだからこそ、カップ以外の使用方法が次々に思い浮かびます。
このマグカップのユーモラスな形がすごくいい。“まる”というのがひとつのキーになっているようで、持ち手も台座も全体のフォルムも丸っこい。でも、カワイイだけに...
新時代のコーヒー飲料の誕生。8/19発売のO CHER(オーカー)はコーヒー生豆を独自の焙煎法で加熱し、クロロゲン酸(ポリフェノール)やカフェイン、トリゴ...
「Personalized Heat Change Mug(英訳:熱で変化するパーソナライズマグカップ)」は、名称そのままに、温かい飲み物を入れると注文の...
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!