コーヒーのあたたかさが残る、土曜日の朝。

私、レイカは渋谷のIT企業に勤めるOL。最近、職場に気になる先輩がいるけれど、なかなか声をかけられずにいる。でも雪の日の夜、自然と2人きりに…。

「もう帰っても良いって」

同僚のカナコの声でタイピングの手を止め、私はパソコンから顔を上げた。状況を把握しきれていない顔をしていると、「雪でまた電車が止まりそうだから社内で許可が下りたって、さっき部長が言ってたよ」と付け足した。

週末前には、先方に提出しなきゃいけない企画書があって、イヤホンをつけながら集中していたからまったく耳に入ってこなかった。

「早くしないと駅でまた足止め食らうよ」

カナコは早々に荷物をまとめて去っていった。

でも、目の前の仕事が終わらないと、どうにもこうにも帰れないのが現実。そりゃ、早く帰って温かい部屋でゴロゴロしたいよ…。

そんなことを考えていると、他の部署の人たちもぞろぞろと立ち上がり帰り始めた。でもまだ一部残っている人たちもいる。

5606702720221184

数人しか残っていないオフィス。カタカタとキーボードを打つ音だけが響いた。

一時間ほど経った頃、ついに他部署の先輩が「お疲れさまでしたー」と軽快な足取りでオフィスを出ていってしまった。

時々残業で遅くなることがあるけれど、広いオフィスでひとりになると、なかなか寂しい。

あとひとり、残っているのは同じ部署の先輩だけ。

チラ見してみると、その先輩もパソコンを閉じているようだった。

どこかガッカリしている自分がいた。ふたりだけになった時点で、今日こそは仕事のこととかいろいろ聞けるかな、なんて期待していたから。

テキパキと仕事をこなして、人望が厚くて、上司からも一目置かれている先輩。入社してからずっと密かに憧れていた存在。

同じ部署に配属されてから、「悩みとかあればいつでも言ってね」と声をかけられていたけれど、「じゃあ」と言って素直に相談できるほど私は甘え上手じゃない。それに、先輩ほどの器用さもなくて、いつも目の前の仕事に忙殺されていた。

パソコンを鞄に入れて立ち上がったタイミングで「お疲れさまです」と先輩に声をかけてみた。

すると、なぜか「お疲れ」と言ってこちらに歩み寄ってくる。

(あれ?)

少し動揺していると、「ハイ」と言って先輩はコーヒーを手渡してきた。

「さっき買ってきたんだけど、結局飲まなかったから。あまり無理しないでね」

「ありがとうございます」

突然の優しさが心にしみて、それ以上言葉がでなかった。手に持ったコーヒーの温かさが手からじんわりと広がった。

5260338706513920

次の日、土曜日の朝に目を覚ますと、ベッド脇に置いてあった昨夜のコーヒーのカップが目に入った。

まだ少し温かさが残ったそれを握りながら夜道を帰り、そのまま置きっぱなしにしてあったやつ。

ベッドのうえで寝ぼけながらボーっと見ていると、昨日の先輩の顔が頭に浮かんできた。

来週は、もっと話してみようかな。


 
【TABI LABOのsarahahができました◎】
 
・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと
 
などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
コーヒーは、起き抜けよりも「他の時間」に飲むほうがいいらしい。それは一体いつなのでしょうか。
popIn Aladdinは「YouTube」や「AbemaTV」の映像を自室の壁に映し出すプロジェクター。細かい設定や操作は必要ありません。天井に設置す...
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
コーヒーとビールで健康管理できたり、メンタルの向上に役立つなんて言われても、にわかには信じがたい話ですよね。そこでこの本のご紹介。メディアカルクリニックで...
「なんかクジラみたいだなぁ」「あっちは巨人」「これはウサギっぽい」だなんて、ぼーっと考えながら夢の中にゆっくり落ちていく、このまったりした時間がたまらない。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
余裕を持って朝を過ごし、仕事にもプライベートにも取り組みたい。「Elite Daily」のCaroline Burkeさんのアイデアは、カンタンにできちゃ...
書いて削って、短くなったら終わり、がこれまでの鉛筆。けどSproutには続きがありました。
よく一日に何杯もコーヒーは飲むものじゃない、なんてことを耳にしますが、あれってなんでかわかります?
「押すだけで、最高のコーヒーと紅茶を淹れる」。コーヒー好きにとってはそんな夢のような話をモットーに作られた"FLASK"。このフラスコ型のコーヒー&ティー...
白・金・銀の3色がセットになった「雪色鉛筆」。それだけなら普通の色鉛筆。でもよく見て、ちょっと形が違う。
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
今年こそ朝型人間になる!2017年の目標は早寝早起き!なんて抱負を立ててみたけど、年越しや正月ボケで、むしろ生活リズムは最悪…。そんなあなたに教えたいのは...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
バルセロナにあるデザインスタジオBel&Belがつくった、電動立ち乗り二輪車「Z-Scooter」の紹介です。
早起きをすれば、時間をもっと有効活用できることくらい。寝坊しがちな、私だってわかってるんです。それでもベッドから抜け出せない…。毎晩、明日こそは早起きをと...
朝のコーヒーは豆から挽いて淹れています。今思うのは、一杯だけ淹れることが多いからサーバーはいらなかったし、金属のドリッパーならペーパーフィルターを買い置き...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
もしかしたら、あなたは間違った時間にコーヒーを飲んでいるかもしれません。というのも「朝9時前にコーヒーを飲んではいけない!」という、ちょっと意外な内容の動...
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!