朝スッキリ目覚められる「7つの科学」。コーヒーの代わりに飲むべきは、オレンジジュース!?

朝が弱い!という人に。「ASAP Science」が睡眠のメカニズムを元に紹介した、スッキリ目が覚める7つの方法が役に立つかもしれません。以下、参考にしてみてね!

01.
朝食のお供に、
オレンジジュース。

柑橘系の中でもフラボノイドが豊富で、認知機能の低下を遅らせる効果があると考えられています。たくさん摂取した人の集中力や認知機能が向上したという研究結果も。

02.
水を一杯飲む。
(朝だけじゃない!)

人間の体のおよそ60%は水分です。が、寝汗やトイレに行ったあとに脱水症状に陥ると、心身ともに疲労を感じることが科学的な調査でわかっているとのこと。朝だけでなく、一日を通して気をつけましょう。

03.
カーテンを開けて、
朝日を浴びよう。

暗くなると眠くなるのは、脳内でメラトニンの分泌量が増加するからだそうです。明るくなれば自然とその量が減り、覚醒すると言われており、脳にとってはよく効く方法なのだとか。

04.
それでもダメなら、
冷たいシャワーを浴びてみて。

心臓がビックリしない程度に抑えたほうが良さそうですが、冷たさを感じる刺激は眠気を司る脳内物質を増加させ、新陳代謝を向上させる効果が研究でわかっているようです。

05.
朝食のメニューは、
糖分控えめに!

とくに忙しいと、朝の食事をカンタンに済ませたくなるもの。しかし、糖分の高いものを摂ると、集中力が落ちるのも早く、その落差が大きくなるため、食物繊維の豊富な炭水化物やオーツなどを食べたほうがベター。

甘いものや脂質の高いものを1日の始めに摂ると、より多くの食事が必要に。満足感を得づらくなる心配もあります。


06.
登校・出勤するときに、
少しでも運動をしよう。

活発に運動する生徒ほど成績が良かったなんて研究結果が。そのほか血行が良くなり、脳に酸素がより多く行き届くため、認知機能が向上し、精神が安定するとも。海馬が活性化し、記憶力や学習機能にも良い影響が見られたようです。

少し息が上がるくらいの運動ができると良いかもしれませんね。

07.
朝のプレイリストで、
テンションを上げよう!

音楽を聞くと、脳内の感情や行動を司る部位が活性化することがわかっているそうです。ドーパミンが分泌され、血圧を上げる効果にも期待!早速、朝の選曲からこだわってみては?

Licensed material used with permission by AsapSCIENCE
科学的に裏付けられた、より良い朝を迎えるための6つの簡単な方法を紹介。
コーヒーは、起き抜けよりも「他の時間」に飲むほうがいいらしい。それは一体いつなのでしょうか。
早起きをすれば、時間をもっと有効活用できることくらい。寝坊しがちな、私だってわかってるんです。それでもベッドから抜け出せない…。毎晩、明日こそは早起きをと...
朝起きるのがつらいと悩んでいませんか。朝が苦手な人にとって早起きはつらいものですが、生活習慣を変えていくだけで、スムーズに起きやすくなります。すぐに生活に...
国内外のアウトドアブランドが手がけるマスクをまとめて紹介します。今夏、待ってでも欲しいマスクは要チェック!
熱中症対策に飲むのももちろんOKなのですが、甘酒が輝くタイミングがもうひとつあるんです。それは、朝一番!
健康的で爽やかな朝を迎えたいけど、朝からジョギングに行ったりヨガを始めたりするのはちょっと面倒…。毎日そんなに特別なことをしなくても、日々の習慣をちょっと...
春もおいしい赤カブ(ラディッシュ)のサラダレシピ。ドレッシングは、沸かしたオレンジジュースにカレーパウダーを混ぜるという斬新さ!
もしかしたら、あなたは間違った時間にコーヒーを飲んでいるかもしれません。というのも「朝9時前にコーヒーを飲んではいけない!」という、ちょっと意外な内容の動...
幸せなカップルは、朝から幸せな習慣を一緒に身につけています。同じ時間に目を覚ましたり、心から「おはよう」と言い、モーニングコーヒーを共にし、そしていってら...
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
余裕を持って朝を過ごし、仕事にもプライベートにも取り組みたい。「Elite Daily」のCaroline Burkeさんのアイデアは、カンタンにできちゃ...
Micによれば、ケンブリッジ大学で音楽心理学に携わっているデイビッド・グリーンバーグ教授がニューヨーク市立大学と音楽ストリーミングサイト「Spotify」...
ニューヨークで今もっとも影響力を持つ10人が、どのようにコーヒーを朝の生活に取り入れているか。お気に入りのコーヒーとともに紹介されています。最新のコーヒー...
一日の始まりを自分らしいルーティンでスタートさせる、朝の習慣。
コーヒーとビールで健康管理できたり、メンタルの向上に役立つなんて言われても、にわかには信じがたい話ですよね。そこでこの本のご紹介。メディアカルクリニックで...
選りすぐりの3アイテムをご紹介。
空港での遺失物のなかで受取人の現れなかったものを格安で販売するアメリカで唯一のお店「Unclaimed Baggage Center」。アラバマ州に誕生し...
あなたの寝る前の「習慣」は大丈夫?安眠するにはどうしたら良いかを、Caroline Burkeさんが「Elite Daily」に綴っている。読むと、世の中...
これで朝の習慣が変わるなら…。
以前TABI LABOでは、世界中の成功者たちが朝の8時前にしていることをまとめた記事を紹介しました。ナイキのCEOマーク・パーカーは朝にヨガをし、ディズ...
気持ちのいい一日は「朝をどう過ごすか」にかかっています。「Inc.」に寄稿する女性起業家のElle Kaplanさんが提案する、ちょっとした朝の習慣を生活...
「実験と失敗を繰り返し、半年かかった」と前置きをしながらも、早起きが苦手だった自分がどのようにして朝型人間になれたか、をまとめたJeff Haden氏。彼...
第77回米国アカデミー賞短編実写部門ノミネート、ヨーロッパ映画賞2004最優秀作品賞ノミネート、ミラノ映画祭 2004 観客賞/特別賞/学生審査員賞など、...