旅をしながら資金を集める「紙コップトラベラー」

もともと絵を描くことが好きだったというBerk Armaganさん。カフェでくつろいでいた時に友達に頼まれたのがきっかけで、紙コップを「キャンバス」代わりにしはじめました。1つの絵にかける時間は、30分の時もあれば5時間かかることも。今では旅をしながら道端でカップを売り、資金を集めています。

「紙コップマネー」の力を借りてこれまで訪れた国の数は17カ国35都市。紙コップと有名観光地のコラボレーション、意外にしっくりくるんです。

849f7a793a6e8253fbbc0b0b093f12f386eae632

イタリア・ローマ

F7ea54dcc7eae8872a563300e6cf657f5d62d660

オランダ・アムステルダム

6ced75ef3b7f6c6ec0bce88480955a908cac2347

ドイツ・ベルリン

27a95a73b8ecd7415aa9d73eb1279ade1e2de445

ノルウェー・ベルゲン

06ea596b02052feda0117e9d09bb2150af998654

ポーランド・クラクフ

7d7d60b2dabb0db9c66619d2a349fd6b2e488ba7

ドイツ・ケルン

B2cf5fa160bd72f932619d95351b9119c6fdbc70

フランス・パリ

7661e7cfd1d82cb04b590ce6f19024ff2352614d

デンマーク・コペンハーゲン

Da7d78bd5ee2234143f81a6c0fa49d0957923491

セルビア・ベオグラード

B59883890225e8b8f19348772d5d59bb6dfa0b35

オーストリア・ウィーン

Licensed material used with permission by Berk Armagan
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
宿を選ぶときに、これだけは絶対にチェックしておくべき!というポイントをまとめました。カウチサーフィンも、Airbnbも大好きだけど、一緒に説明するとややこ...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
北海道から沖縄まで47都道府県を写真で繋ぐ日本地図。全国津々浦々にある風景や情緒を海外の人に感じてもらい、よく知ってもらおうーー。経産省によって公開された...
イラストレーターのMinelli Pintoさんは旅行が大好き。旅先で写真を撮るのも趣味なんですが、自分が写るのは何だか恥ずかしい。だからいつも旅の写真は...
仕事を忘れ、非日常を満喫しよう。そう思ってせっかくヨーロッパへ来たのに、どこもかしこも日本人だらけ。そんな状況は、正直言って味気がありません。どうせなら、...
イギリス人デジタルアーティストのJames Gilleardさんが訪日した際に体験した、都会から田舎までの道のりを描いた「Japan By Car」作品が...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
フランス人風景写真家のBeboyさんは、世界各地をすでに3年以上かけて旅をしている。目的は、世界で一番美しい景色をフレームに収めるため。それを演出する最良...
バッハやモーツァルト、マリー・アントワネットの写真を教科書で見るたびに、あまりにも特徴的な髪型が気になって仕方がありませんでした。歴史に名を残す彼らが、ど...
ヴィクトリアとテレンスは、モデルと写真家のカップル。2人は、ヨーロッパ9ヶ国とアメリカ国内の5州を旅しながら、まるで「おとぎ話」のような写真を撮影してまわ...
「旅に行きたい」とぼやいているけど、ついつい言い訳ばかりしていない?仕事で重要な案件を抱えているから。バイトを休むと代わりがいないから。挙げたらきりがない...
淡いブルーで描かれた美しい抽象画…と思いきや、実はこれ上空から塩田を捉えた風景写真。撮影したのは、スコットランドの風景写真家Simon Butterwor...
以下のようなシチュエーションって、ありませんか?仕事の合間に一息つこうと、コーヒーを購入。自分の席に戻り、ゆっくり飲みながら休憩を…なんて思っていたら、上...
丹後鉄道が運行する観光列車「丹後くろまつ号」「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」は、丹後の風土を感じることのできる車両、丹後の歴史や特産を目と舌で味わえる...
フランス近代絵画に魅せられ、画商として約30年間で2万枚もの絵画を売買してきたという、高橋芳郎さん。自身の著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』...
Gallagherさんのインスタには、義足のカバーを黒板にして、地名のペイントをしている様子がアップされています。それに気づいた周りの人からは、「イケてる...
家や部屋はきれいに片付けておきたいけれど、たまの来客用に机やイスがあると便利だし、たまにはソファも使いたい。でも、できればデザインにもこだわりたい…。いま...
〈FREITAG〉の新作「ZIPPELIN」は、意外にも初の海外旅行向けのバッグ。言うまでもなく、トラックの幌をリユースしているのですべて1点物です。
サンフランシスコに住むデジタルアーティストのTed Chinさんは、思うように旅に出かけられない代わりに、写真とデジタルアートを組み合わせて「自分だけの目...