「海外周遊旅」のハードルをグッと下げるアプリ

アムステルダムでコーヒーを楽しんで、ベルリンのクラブで踊り明かす。ブリュッセルのクラフトビールやリヨンのヴァンナチュールを飲んでみる。やっぱり王道だけど、ベルンの歴史的な街並みを体感して、ローマのスペイン広場で写真を撮りたい。

考えただけでも旅に行きたくなる強い引力のあるホットスポットが、ヨーロッパにはたくさんある。

だけど、いつだって問題になるのは「できるだけ多くの場所に行きたい」と欲張る分だけ予約の数が増えるフライトやホテル。

この面倒な作業を一気にシンプルにしてくれるのが「Eightydays.me」だ。

一人ひとりに合わせた
パッケージツアーを瞬時に作成

© Eightydays.me

このアプリをダウンロードさえしたら、使い方はカンタン。最大6都市までの目的地と期間を入力したら、飛行機と電車、バス、フェリーの4つの交通機関から、各都市を移動するのに最短で最安のルートを表示してくれる。

しかも、ホテルやホステル、民泊などの宿泊施設の予約もできるようになっている。地味だけど、早朝や深夜に移動しなければいけない方法を自動で除外してくれるのは嬉しいポイントだろう。

つまり、一人ひとりのニーズに合わせた“パッケージツアー”を瞬時に作成してくれる。

近い将来、「Eightydays.me」はリーガ・エスパニョーラやトゥモローランドなどのイベント予約サービスもスタートする見込みだ。

旅先で得たい体験がはっきりしている人は、かなり重宝するアプリだろう。

Top photo: © iStock.com/denizbayram
Licensed material used with permission by Eightdays.me
東南アジアの国々に多いトゥクトゥク。乗りたいけれど、ぼったくられないか目的地へちゃんと着けるか、心配になる旅行者も多いはず。でも、カンボジアでは配車アプリ...
東南アジアで利用度が高い配車アプリ「Grab」。このアプリを使えば、より快適で自由に、そして安心して旅することができます。
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
オフラインでも使える観光アプリ「Nexto」。情報を得るには、チャット機能やARを使って、ユーザーが楽しむことができるそうです。
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
バックパッカーになることを考えているあなた、行きましょう、姉妹と。あえて姉妹を推奨するのは「Elite Daily」のMarisa Cascianoさん。...
ケヴァン・チャンドラーさんは脊髄性筋萎縮症という難病を抱えており、普段は車イスで生活しています。自身がバックパックとなって友人に背負ってもらい、世界を旅す...
2015年に設立した「Wingly」は、パイロットと飛行機に乗りたいと考えている人をつなげるサービスを展開中だ。
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
クリスマスシーズンには4万本以上売れるという、兵庫県・神戸市にある「フロインドリーブ」の絶品シトーレン。教会のパン屋さんが作るシュトレンはたっぷりバターを...
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
睡眠アプリ「Shleep」は、あなたの睡眠を分析して、ありとあらゆる知識を与えてくれます。操作もカンタンなので、ストレスフリーで使い続けることができそうです。
これ、何がスゴいかって、動画を印刷できるんです。だから、『ハリー・ポッター』で見たような“魔法の写真”を手に入れることができます。
全28種類!L.A.スタイルのパイ専門店※撮影した期間限定の六本木店は閉店しました。Pie Holic〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番...
自分に似た人を探してくれるアプリ「Twin Strangers」。顔写真をアップロードすると、400万人以上が登録されているデータベースの中から似ている人...
アルツハイマー病を患うおばあちゃんをもつ少女が開発した、あるアプリの話。
去る7月27日、バチカン市国がローマ法王の演説を聞くための同時通訳アプリ「Vatican Audio」をリリースしました。
「Givling」は、アメリカで奨学金返済に苦しんでいる人のために開発されたアプリです。
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
「Miles」のユーザーは移動すればするほど彼ら独自のマイルをゲットできて、それをスタバやアマゾン、ターゲットのクーポンに交換できるようです。
「Couch Potato(カウチポテト)」は、何もせずゴロゴロしている時間を計ってくれるアプリです。動かなければ動かないほど、スコアが上がっていきます。