顔を触るたびに1ドルが徴収される「フィルター」誕生の理由とは?

ウェブ用写真加工サービス「SnapCamera」にてローンチされたフィルター「Facejar」。その機能はいたってシンプル。顔を一回触るごとに、画面上のメイソンジャー(ガラス瓶)に1ドルずつ溜まっていくというもの。

じつにユニークな機能のフィルターだが、その目的はチャリティー。顔を触った回数に応じてユーザーから集められたお金は、新型コロナウイルス(COVID-19)に対して前線で対応してくれている医療関係者に防護服などを提供する団体「GetUsPPE」への寄付に充てられるのだとか。

デザインも、画面の隅にシンプルなロゴがふたつがあるだけなので、ウェブ会議などでも取り入れやすそうだ。

手で顔に触ることがウイルス感染の可能性を高める行為だとわかっていても、ついつい癖で無意識に触れてしまう人も多いはず。でも、それが誰かの助けにつながっているのなら、少しは気持ちも救われるかも......。

© face_jar/Instagram

『Facejar』

【公式サイト】https://facejar.us/

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

最近、TiktokやInstagramでよく見かける、人の顔がアニメキャラになっている動画や画像。じつはこれ、Snapchatで新しくリリースされたフィル...
現在、米国では多くの裁判がリモートでおこなわれているという。そんななか、「テキサス州第394地方裁判所」がアプリ「Zoom」を用いて開いた裁判で珍事件が発...
7月8日、「Microsoft」がウェブ会議サービス「Microsoft Teams」の新機能として、「Together Mode」をリリースすることを発...
ドイツのコーヒーフィルターメーカー「メリタ」が自社工場でマスクの製造を開始。「EN14683」と呼ばれる医療用マスクの欧州規格にも適合し、その効果は細菌濾...
超高性能で、かつカッコよくキマるアウトドアグローブ「TAKI BE GLOVE」が「Makuake」に登場。
北欧を中心に展開するセレクトショップ「Carlings」が話題だ。中央に書かれたロゴがInstagramのARフィルターで認識するためのトリガーとなってお...
「POCKET FILTER」は、ドリップバッグ型のステンレス製コーヒーフィルター。個装された紙のドリップバッグコーヒーの“ステンレス版”と捉えるとわかり...
9月12日まで、クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」にて資金調達をおこなっている「Duo」は、鼻の中に入れて使うタイプのフィルターだ。
オーストラリアが国を挙げて、人々の寄付を募っている。新しく鋳造された1ドルコインは「Donation Dollar」と名付けられ、政府が慈善寄付を促進している。
「ASA(英国広告基準局)」は、化粧品の誇大広告を踏まえ、製品の効果などについてSNSに写真や動画をアップする際の加工フィルター使用を制限することを決定した。
「Amazon.com」の創業者であるJeffrey Preston Bezos(ジェフリー・プレストン・ベゾス)が設立した航空宇宙企業「Blue Ori...
世界40ヵ国以上で高機能マスクを展開するアメリカのブランド「vogmask」のプロダクトが日本でも販売スタート。
11月下旬、沖縄科学技術大学院大学の物理学者Mahesh Bandi氏が、「綿あめ製造機」で医療従事者が使用するグレードの「N95マスク」に相当するフィル...
飛沫防止フィルターが装着可能な「フェイスガード」が新登場。本体は冷感素材を使用しており夏場のアウトドアやレジャーでも快適に過ごせる仕様。withコロナ時代...
この言葉はフィルター加工をした写真の自分になるために整形をしたいと考える症状を表します。
Clarendon、Gingham、Moon、Juno、Lark、Reyes、Slumber、Crema、Aden、AmaroにMayfair…。ピンとく...
Ritzo ten Cateさんはみんなが気にしていない、スマホを触っている時の無防備な顔をパシャりと撮ってシリーズ化しています。被写体は普通に道を歩いて...
コロナ禍で一躍有名になった妖怪「アマビエ」が、ビデオ会議やオンライン飲み会で使える無料のエフェクトとなって登場。緊急事態宣言の全国拡大と共に、リモートワー...
4月21日に米「facebook」が運営する「Instagram」はいじめやヘイトスピーチの対策機能を追加すると発表。新しく追加される機能は「フォロー外か...
繰り返し使えるサステイナブルなマスクがオーストラリアよりお目見え。フロントの空気孔が印象的なマスクはオンラインにて購入可能。
“裸の慈善家”ことKaylen Wardさんは、オーストラリア森林火災に対して10ドル以上の寄付をした人に、自身のヌードを送るキャンペーンを始めたことで、...
着用時の不快さと効果を持続させるための衛生管理の難しさ、そして前時代的なルックス......。そんなマスクのネガを一蹴してくれるかもしれないエアーフィルタ...
今月アップされたこちらの動画は、「1ドルで何が買えるか」の最新版。日本円にして約112円(7/21現在)で、2017年の世界では何が買えると思う?日本なら...
あなたのバスタイムがリッチになる「H2O1」の『ビタミンシャワーフィルター』の紹介です。
有田焼をはじめとした日本有数の焼き物の名産地「佐賀県・有田町」。その伝統を存分に活かした、新しい製品が話題になっています。その製品とは…コーヒーフィルター...
今だからこそ欲しい空気清浄機「puripot L1」が「Makuake」で先行販売中。見た目はインテリアライトそのもの。有害物質を光触媒機能で分解して除去...
「WED」が3月18日にスマホで寄付できるアプリ「dim.」をリリースした。このアプリの特徴は、使い方がとてもシンプルなこと。
ファッションブランド「EMODA(エモダ)」がブランド10周年を記念して、ショップスタッフ100人の盛り顔から生まれたバーチャルモデル「Emo」を公開した。
テクノロジー企業「AŌ AIR」によって開発された空気洗浄マスク型ガジェット「ATMŌS」は、通常のマスクの50倍の効果があるという高性能フィルターを通さ...
イーロン・マスク氏が、またもや世間を賑わしている。その理由とは......?