顔を触るたびに1ドルが徴収される「フィルター」誕生の理由とは?

ウェブ用写真加工サービス「SnapCamera」にてローンチされたフィルター「Facejar」。その機能はいたってシンプル。顔を一回触るごとに、画面上のメイソンジャー(ガラス瓶)に1ドルずつ溜まっていくというもの。

じつにユニークな機能のフィルターだが、その目的はチャリティー。顔を触った回数に応じてユーザーから集められたお金は、新型コロナウイルス(COVID-19)に対して前線で対応してくれている医療関係者に防護服などを提供する団体「GetUsPPE」への寄付に充てられるのだとか。

デザインも、画面の隅にシンプルなロゴがふたつがあるだけなので、ウェブ会議などでも取り入れやすそうだ。

手で顔に触ることがウイルス感染の可能性を高める行為だとわかっていても、ついつい癖で無意識に触れてしまう人も多いはず。でも、それが誰かの助けにつながっているのなら、少しは気持ちも救われるかも......。

© face_jar/Instagram

『Facejar』

【公式サイト】https://facejar.us/

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
ドイツのコーヒーフィルターメーカー「メリタ」が自社工場でマスクの製造を開始。「EN14683」と呼ばれる医療用マスクの欧州規格にも適合し、その効果は細菌濾...
北欧を中心に展開するセレクトショップ「Carlings」が話題だ。中央に書かれたロゴがInstagramのARフィルターで認識するためのトリガーとなってお...
世界40ヵ国以上で高機能マスクを展開するアメリカのブランド「vogmask」のプロダクトが日本でも販売スタート。
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
ウール専門ブランド「Woolly」が、ランニング用として徹底的にこだわり抜いたソックスを開発。
Clarendon、Gingham、Moon、Juno、Lark、Reyes、Slumber、Crema、Aden、AmaroにMayfair…。ピンとく...
コロナ禍で一躍有名になった妖怪「アマビエ」が、ビデオ会議やオンライン飲み会で使える無料のエフェクトとなって登場。緊急事態宣言の全国拡大と共に、リモートワー...
この言葉はフィルター加工をした写真の自分になるために整形をしたいと考える症状を表します。
Ritzo ten Cateさんはみんなが気にしていない、スマホを触っている時の無防備な顔をパシャりと撮ってシリーズ化しています。被写体は普通に道を歩いて...
繰り返し使えるサステイナブルなマスクがオーストラリアよりお目見え。フロントの空気孔が印象的なマスクはオンラインにて購入可能。
「Apple」が6月のプライドマンスに向けて二種類のアップルウォッチバンドを発表。一つはNikeとのコラボ商品だとか。
「メルカリ」は外出自粛要請を受け、寄付プロジェクト「Stay Home & Share Smiles」を実施中。おうち時間を充実させてくれるような出品をす...
今月アップされたこちらの動画は、「1ドルで何が買えるか」の最新版。日本円にして約112円(7/21現在)で、2017年の世界では何が買えると思う?日本なら...
有田焼をはじめとした日本有数の焼き物の名産地「佐賀県・有田町」。その伝統を存分に活かした、新しい製品が話題になっています。その製品とは…コーヒーフィルター...
あなたのバスタイムがリッチになる「H2O1」の『ビタミンシャワーフィルター』の紹介です。
“裸の慈善家”ことKaylen Wardさんは、オーストラリア森林火災に対して10ドル以上の寄付をした人に、自身のヌードを送るキャンペーンを始めたことで、...
「モエ・エ・シャンドン」のブランドアンバサダー、ティモシー・ベック氏が「モエ アンペリアル」を例に、自宅での上手な楽しみ方を指南する動画が公開されている。
石川県の元・縫製工という僧侶が型紙作成、裁断、縫製までをすべて“ひとり”で生産するデニム「ボーズソーイング」。応援購入サービス「Makuake」でプロジェ...
テクノロジー企業「AŌ AIR」によって開発された空気洗浄マスク型ガジェット「ATMŌS」は、通常のマスクの50倍の効果があるという高性能フィルターを通さ...
世の中に出回っているもののほとんどは、白や黒など単色でシンプルなものばかり。インテリアではなく、あくまでも空気をキレイにする家電だから、デザイン性がややイ...
不要となった本、CD、DVDなどを買取、その金額を全額寄付に回す「ブックオフ」の取り組み「キモチと。」が、首里城復興・再建に向けた寄付ができる取り組みを開...
ワインを飲んだ後、頭が痛くなったことはありませんか?アルコールを摂りすぎたことも原因ですが、ワインに含まれる酸化防止剤が原因とも言われます。酸化防止剤とは...
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州の交通大臣が、電車に乗る際に、切符や交通系ICカードの代わりに顔認証システムを使うことを検討している。
6月14日、パキスタンでショーカット・ユスフザイ氏がFacebookを通して記者会見をおこなった際に、顔に「猫の耳やヒゲ」がついていたそうです。猫フィルタ...