オーストラリアの新1ドルコインに「寄付して」の刻印。そのワケは?

オーストラリアで発行された、新たな1ドルコイン。そのエリザベス2世の肖像画の裏面には「Donation Dollar:Give to help others」の刻印が......。

大規模な森林火災新型コロナウイルスの影響で、現在、オーストラリアは30年ぶりともいわれる大不況。その結果、今後2年間で慈善寄付の金額が18%も減少し、国内に5万7000ほど存在する慈善団体非営利団体の活動が困難に。

そこで登場したのが「誰かの助けになろう」というメッセージが刻まれたドネーション(寄付)コイン。

政府は、国民一人一人にこのコインが行き渡るよう2500万ドル分を発行する予定で、すべてのオーストラリア人が1ヵ月に1ドルを寄付した場合、その額は3億ドル(約200億円)に達するのだとか。

たった1ドル、されど1ドル──。小さな思いやりこそが、人と世界を救うのだ。

© Donation Dollar/YouTube
Top image: © 2020 Royal Australian Mint
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

“裸の慈善家”ことKaylen Wardさんは、オーストラリア森林火災に対して10ドル以上の寄付をした人に、自身のヌードを送るキャンペーンを始めたことで、...
「メルカリ」は外出自粛要請を受け、寄付プロジェクト「Stay Home & Share Smiles」を実施中。おうち時間を充実させてくれるような出品をす...
オーストラリアのフリーマントル市議会は、市内における「バルーンリリース」を禁止する条例を可決。港湾都市として、海や海洋生物など環境に配慮した政策に取り組む。
オーストラリアのファストフード店「Oliver's Real Food」のサイドメニューは、蒸したサヤインゲンや枝豆、トウモロコシなど健康的なものばかり。...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
不要となった本、CD、DVDなどを買取、その金額を全額寄付に回す「ブックオフ」の取り組み「キモチと。」が、首里城復興・再建に向けた寄付ができる取り組みを開...
オーストラリア のコメディアン、セレステ・バーバーさんはFacebook上でオーストラリアの森林火災への募金活動をおこない、その額はFacebookの資金...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
資生堂のボディケアブランド「シーブリーズ」と赤城乳業株式会社の「ガリガリ君」のコラボ商品が4月下旬より数量限定で発売。
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...