オーストラリアの新1ドルコインに「寄付して」の刻印。そのワケは?

オーストラリアで発行された、新たな1ドルコイン。そのエリザベス2世の肖像画の裏面には「Donation Dollar:Give to help others」の刻印が......。

大規模な森林火災新型コロナウイルスの影響で、現在、オーストラリアは30年ぶりともいわれる大不況。その結果、今後2年間で慈善寄付の金額が18%も減少し、国内に5万7000ほど存在する慈善団体非営利団体の活動が困難に。

そこで登場したのが「誰かの助けになろう」というメッセージが刻まれたドネーション(寄付)コイン。

政府は、国民一人一人にこのコインが行き渡るよう2500万ドル分を発行する予定で、すべてのオーストラリア人が1ヵ月に1ドルを寄付した場合、その額は3億ドル(約200億円)に達するのだとか。

たった1ドル、されど1ドル──。小さな思いやりこそが、人と世界を救うのだ。

© Donation Dollar/YouTube
Top image: © 2020 Royal Australian Mint
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事