鼻の穴に入れる「フィルター」

9月12日まで、クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」にて資金調達をおこなっている「Duo」は、鼻のなかに入れて使うタイプのフィルターだ。

着用した時のルックスに不安を覚えるかもしれないが……その効果はなかなかのもの。PM2.5は83%、PM10にいたっては100%カットすることができる。

値段は50ドル(約5300円)。メーカーによれば花粉症にも効果があるとのことなので、マスクと併用で使ってみるのもいいかもしれない。

プロジェクトの支援はコチラから。

Top image: © 2020 Resprana, Inc.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
花粉症ラスト・スパートは、これで乗りきりましょう。
花粉症ラスト・スパートは、これで乗りきりましょう。
花粉症ラスト・スパートは、これで乗りきりましょう。
「じゃばら」に含まれるナリルチンは、花粉症の症状を緩和して抗酸化力を向上させることができるとされ、子どもや妊婦でも安心して摂取が可能。生産農家を支援し、花...
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
沖縄・宮古島の「シギラセブンマイルズリゾート」では、スギ花粉が飛散する時期に、スギが育ちにくく、植林もほとんどおこなわれないため、スギ花粉によるアレルギー...
花粉症ラスト・スパートは、これで乗りきりましょう。
ナノ・ユニバースから「花粉バリアコート」が登場した。
福井市のアイウェアブランド「FACTORY900」が新型コロナウイルス感染症対策として開発したメガネ。ウイルスと最前線で闘う医療従事者に向けて開発されたもの。
本記事では花粉症の人におすすめの食べ物、飲み物を紹介しています。食事に気を使うことで免疫力を高めたり、症状を抑えたりできるので、くしゃみや目の痒みに悩まさ...
スピーカーとスマホの充電機能を搭載した多機能テーブル「スマートテーブルZ9」が応援購入サービス「Makuake」で予約を受け付けている。
世界40ヵ国以上で高機能マスクを展開するアメリカのブランド「vogmask」のプロダクトが日本でも販売スタート。
花粉症ラスト・スパートは、これで乗りきりましょう。
花粉の時期になると「花粉症予防になるらしい」と話題に昇る食材のひとつが「ビーポーレン」。いつもの朝食に「ふりかけ感覚」で取り入れてみるのはいかが?
世の中に出回っているもののほとんどは、白や黒など単色でシンプルなものばかり。インテリアではなく、あくまでも空気をキレイにする家電だから、デザイン性がややイ...
「Soaptopia」は、カリフォルニア ベニスビーチで生まれた、植物をベースに丁寧に作られたハンドメイドソープ&ナチュラルボディケアブランド。作りたての...
「株式会社京都紋付」から、リウェアブランド「K」がデビュー。究極の黒に染め上げる「黒染めサービス」でお気に入りの服が美しく生まれ変わる。
廃棄物ゼロを目指すフランスのバイオテクノロジー企業「geochanvre」が、マスク需要の高まりを受けて、堆肥化可能な材料で出来たマスクを開発し注目が集ま...
着用時の不快さと効果を持続させるための衛生管理の難しさ、そして前時代的なルックス......。そんなマスクのネガを一蹴してくれるかもしれないエアーフィルタ...
エッグ・イン・ザ・ベーグル!その名のとおりの朝食「目玉焼き in ベーグルの”穴”」です。ものすごく合理的で簡単だから、忙しい朝でもプチ豪華な朝食になりますよ。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
熱中症予防のために開発された「穴空きマスク」なら、マスクをしたままストローを使って水分補給が可能に。
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
ビジネスウエアの代表格「スーツ」の「ラペル(襟)の穴」に隠されたロマンチックなストーリーとは?