「花粉症がツライ人」におすすめのフルーツ3選

イギリス生まれのフルーツドリンクを販売する「イノセントジャパン」が、管理栄養士が花粉症対策におすすめするフルーツ3選を発表。皮膚と腸内環境を元気にしてくれるフルーツで、体の内からも対策をしよう。

1つ目はビタミンCが豊富な果物代表のいちご。
コラーゲンの生成を促して皮膚を健康に保ち、美肌効果も抜群なのだとか。食物繊維のペクチンが善玉菌のエサとなって腸内環境を整え、花粉症の軽減に期待できるそう。

2つ目は栄養素の高い果物として知られるパパイヤ。
βカロテンが皮膚や粘膜を正常に保つ事を助け、花粉症対策に有効だそう。豊富なカリウムでデトックス効果もアリ。

3つ目は、“畑のバター”ことアボカド。
抗酸化作用の高いビタミンEや、皮膚や粘膜を強化してくれるビタミンB2を含んでいるため、花粉の侵入を抑えてくれるという。アボカドの脂質の大半は不飽和脂肪酸なので、悪玉コレステロールを減らすのにも一役買ってくれるのだとか。

そろそろ本格的にやってきた花粉症の季節。今年はフルーツを食べて対策をしてみては?

Top image: © イノセントジャパン合同会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事