ワインの「酸化防止剤」を取り除く、フィルターが登場!味にも変化が?

ワインを飲んだ後、頭が痛くなったことはありませんか?アルコールを摂りすぎたことも原因ですが、ワインに含まれる酸化防止剤が原因とも言われます。
酸化防止剤とはワインを酸化から防ぐもので、作る工程では大いに活躍するのですが、それを嫌い酸化防止剤の入っていないものを選ぶ人も増えてきています。

th_スクリーンショット 2015-08-15 17.35.03
ただし、その種類は決して多くないのも事実。たいていのワインには、この酸化防止剤が含まれています。

th_スクリーンショット 2015-08-15 16.53.17

そんな中、酸化防止剤を取り除いてくれるアメリカ発のフィルターに注目が集まっています。それが、現在Kickstarterで資金調達をしている「Üllo」です。

th_スクリーンショット 2015-08-15 15.44.30

使い方は簡単。ワインを注ぐ時、Ülloをフィルターにして通すだけ。

フィルターからその他余計なものは取り除かれないので、ワイン本来の味を楽しめるんだとか。

th_スクリーンショット 2015-08-15 17.33.05

そのミニマルなデザインも相まって注目を集めており、すでに目標金額の10万米ドル(約1,200万円)を集めています。
さらにワインを美味しくするために、空気を含ませることができるスイッチ付き。好みによってオンオフが切り替えられます。

th_スクリーンショット 2015-08-15 16.01.17このÜlloを通した白ワインと、そうでないものを何人かのワインテイスターに試飲してもらったところ、4つ中3つの白ワインが濾過した方が美味しかったとか。一方、赤ワインでは、特に味の違いがでなかったそう。

価格は、Ülloと交換用のフィルターが5つ付いて50米ドル(約6,000円)から。
購入してみたい人は、こちらから。

Licensed material used with permission by Üllo

ワインって一度栓を開けると、すぐに酸化してしまいますよね。パーティーの時などに、たくさんのワインを開けたはいいものの、中途半端に余ってしまう…なんて経験を...
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
カナダの企業「Carbon Engineering」が、空気をフィルタリングすることで二酸化炭素濃度を削減することができる新しいシステムを開発した。加えて...
世界トップレベルでワインの消費量が多い国であるイギリス。誰もがワインを愛する反面、空になったワインボトルのゴミ処理は、国内でも大きな問題になっています。
2月23日(金)からhako galleryで、14~15世紀のフランスで親しまれていたスパイスワイン「hypocras(イポクラス)」が飲める。体の内側...
有田焼をはじめとした日本有数の焼き物の名産地「佐賀県・有田町」。その伝統を存分に活かした、新しい製品が話題になっています。その製品とは…コーヒーフィルター...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
近頃、注目されているグレープシードオイル。ワインの製造過程において、ブドウの搾りかすの種子からできるこの食用オイルの、いったいどんなところが優れているので...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
赤、白、ロゼ、アルコール度数が一緒なら、酔い方だって同じはずと思っている人たちへ。ワインの色によって「二日酔いの度合い」がまったく違うという事実を覚えてお...
ヨーロッパで支持され、いよいよアメリカへ。不思議な変化を遂げた「ワインボトルの一輪挿し」が、こちらです。
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...
Clarendon、Gingham、Moon、Juno、Lark、Reyes、Slumber、Crema、Aden、AmaroにMayfair…。ピンとく...
いろんなストーリーが浮かんできます。
ワインを注ぐときに、イヤなこと。それは垂れること。テーブルクロスや洋服を汚しかねないから慎重にやるけど、やっぱり垂れちゃう。しかも、ワインの染み抜きって時...
紙粘土みたいな見た目ですが、こいつがスゴかった。
シンプルにボトル6本が収納できるワイヤーバスケット。取っ手も付いてるので、持ち運びも簡単です。
入浴剤ソムリエの肩書を持つ、パラダイス山元さんがプロデュースした「蔓潤湯椿」。入浴剤なんてどれも同じ、と思っている人にこそ試してもらいたい逸品です。
「お酒を楽しく、美味しくするグラス」をモットーとした製品が誕生しました。この「ottotto」は、家具デザイナー林秀行氏が、自分のデザインした器でお酒を飲...
リーデルは、オーストリアのワイングラスやシャンパングラスを扱うガラスメーカー。ソムリエからも圧倒的な支持を受けている世界最高のグラスだ。