ワインの「酸化防止剤」を取り除く、フィルターが登場!味にも変化が?

ワインを飲んだ後、頭が痛くなったことはありませんか?アルコールを摂りすぎたことも原因ですが、ワインに含まれる酸化防止剤が原因とも言われます。
酸化防止剤とはワインを酸化から防ぐもので、作る工程では大いに活躍するのですが、それを嫌い酸化防止剤の入っていないものを選ぶ人も増えてきています。

th_スクリーンショット 2015-08-15 17.35.03
ただし、その種類は決して多くないのも事実。たいていのワインには、この酸化防止剤が含まれています。

th_スクリーンショット 2015-08-15 16.53.17

そんな中、酸化防止剤を取り除いてくれるアメリカ発のフィルターに注目が集まっています。それが、現在Kickstarterで資金調達をしている「Üllo」です。

th_スクリーンショット 2015-08-15 15.44.30

使い方は簡単。ワインを注ぐ時、Ülloをフィルターにして通すだけ。

フィルターからその他余計なものは取り除かれないので、ワイン本来の味を楽しめるんだとか。

th_スクリーンショット 2015-08-15 17.33.05

そのミニマルなデザインも相まって注目を集めており、すでに目標金額の10万米ドル(約1,200万円)を集めています。
さらにワインを美味しくするために、空気を含ませることができるスイッチ付き。好みによってオンオフが切り替えられます。

th_スクリーンショット 2015-08-15 16.01.17このÜlloを通した白ワインと、そうでないものを何人かのワインテイスターに試飲してもらったところ、4つ中3つの白ワインが濾過した方が美味しかったとか。一方、赤ワインでは、特に味の違いがでなかったそう。

価格は、Ülloと交換用のフィルターが5つ付いて50米ドル(約6,000円)から。
購入してみたい人は、こちらから。

Licensed material used with permission by Üllo

飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
香川照之氏が新たにプロデュースする「草花と昆虫のエシカルブランド Insect Garden」は、再生ペットボトル100%素材などのエコ素材を使用。ブラ...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
飛沫防止フィルターが装着可能な「フェイスガード」が新登場。本体は冷感素材を使用しており夏場のアウトドアやレジャーでも快適に過ごせる仕様。withコロナ時代...
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
男性とばかり付き合ってカラダを重ねていてた。でも、「気持ちいい」と思ったことは一度もなかった。
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
ワインって一度栓を開けると、すぐに酸化してしまいますよね。パーティーの時などに、たくさんのワインを開けたはいいものの、中途半端に余ってしまう…なんて経験を...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...
二十歳の女子大生がジョージアでイケメンをデートに誘い、本場のワインを堪能してきた話。
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
さすが無印良品!な画期的な新サービスを5つ紹介。
中国のスマートフォンメーカー「Vivo」が発表した新しいスマートフォンは、本体の上部からウィーンってカメラが出てきて、そのままポコって外せるらしい。
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
独自の自然発酵を促す「クヴェブリ製法」により、唯一無二の味わいを生み出すオレンジワイン「パパリ・ヴァレー スリー・クヴェブリ・テラスズ ルカツィテリ」。
日本酒の温度帯の変化を自在にコントロールする「酒器」と「冷温機」のセットアップが登場。
ワイングラス「Wino Sippo Glasses」には、ステム(脚)がなく従来のものに比べてサイズは一回りは小さい。さらに、ひょろりと伸びたストローみた...