雪の日を単純に、喜べなくなった私たち。

15時。

ふと窓の外を見たら、思った以上に世界が白くなっていてギョッとした。

電車大丈夫かな、と思いながらパソコンに再び目を向けると「早帰り推奨」とバックオフィスから連絡がきていたことに気がつく。

普段は遅くまで残って仕事をする人たちが、あっさりとオフィスから去っていく。まだ16時にもなっていないのに嘘みたい。

なんだろう、こんなふうに強制的に仕事を終わりにさせられた日は、主婦ってこんな感じだろうか、とか思う。16時に、帰路だなんて。

生足にハイソックスを履いて、ほとんど防寒能力のないスカートを纏う女子高生とすれ違う。そういえば帰宅部はいつも、16時くらいに帰るのか。

 

普段はすれ違わない、いつもとは違う人たちで溢れる、いつもと同じはずの帰り道。

 

こんな寒い雪の日に、猛烈に欲しいものがある。ふたつ。

その1
「おかえり。雪すごいね、転ばなかった?」

帰ったら、恋人からのこの一言が欲しい。

早く帰れたのは嬉しいけれど、寒いし、濡れるし、遅延した電車の中で押しつぶされてヘトヘトだし。とりあえず、ぬくぬくした部屋と、ぬくぬくした恋人に包まれたい。

でも、このタイミングで恋人がいて(さらには同棲していて、彼氏の方が早く家についていて)玄関のドアを開けてくれるなんて、そんな都合のいいことある?

その2
露天風呂と熱燗

はぁ〜〜〜!欲しすぎる!!!

この際、熱燗の美味しさを理解しているかどうかなんて大した問題ではない。飲みたい。銀世界に包まれた町並みを見渡しながら、「ふぅ〜〜」とか言いたい。わざとらしく、畳んだタオルを頭の上に置いたりしたい。

町並みを一望できるような露天風呂の温泉とか、都合よく徒歩圏内にあるわけないけど。

 

このふたつがないのなら、せめて友達と飲みに行きたい。でも電車は規制されてるし、遅くなったら危ないし、結局帰宅ラッシュにうもれながら帰るしかないじゃん!

 

さぁ、この夜をどう過ごそうか?

 

映画を見るでもよし、本を読むでもよし、最近サボっていた料理をするのだって。

強制的に手持ち無沙汰にされる日も、たまには無いと、心と体のバランスがおかしくなってしまうから。ぬくぬくした恋人も、露天風呂もないけど、ちょっとお得な気分だけはある。

明日の朝会議、やるのか?なんて心配をしてしまうあたり、私たちは随分、毎日仕事を頑張っている。

だからこんな雪の日の夜くらいは、持て余した時間にどっぷりつかって、ぼけーーーーーーっとするためにある。と、思う。

 

何が言いたかったって?

 

働いているすべての人へリスペクトを込めて、雪の日まで、お勤めご苦労様です。気をつけて帰ってくださいね。

6031163600666624

【暇つぶしに、sarahahでもどうぞ。】

・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと

などなど、匿名でポッチっと受付中です。こちらからどうぞ

ポーランドの「Śnieżny Labirynt」は、世界最大の雪の迷路だと言われています。壁の高さは2m以上もあるようなので、ゴールにたどり着くまでに時間...
雪の日にオフィスで憧れの先輩とふたりっきりに。すると──
いつもより、少し早く家についたら。
白・金・銀の3色がセットになった「雪色鉛筆」。それだけなら普通の色鉛筆。でもよく見て、ちょっと形が違う。
2009年から提供されている「ツアーイスタンブール」の紹介です。
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
撮影されたのはカナダ・ブリティッシュコロンビア州、バンクーバー北部の山中です。2015年11月19日のこと。例年よりも雪が積もるのが早く、近くにある北米最...
朝起きて、カーテンを開けたら、一面の銀世界…。あぁ、今日は会社、行きたくないなぁ。今日ほど、切実に、確実に会社を休みたいと思っている人はいないのでは。そん...
地球上で最も暑い場所とも呼ばれている「サハラ砂漠」で、1月7日にまさかの雪が降り積もりました。これは過去40年で3度目の積雪。今年は、場所によって40cm...
去る2月11日に閉幕した第67回さっぽろ雪まつり。多くの作品が人々を楽しませたなか、特に注目を集めたのが、「Hokkaido Shinkansen-Sup...
ベネチアのゴンドラで移動するスタイルを取り入れるそうなので、これに合わせたインフラも整備予定。
どの国にとっても、クリスマスは特別な季節。街中に魔法がかかったような冬のひと時に、ポーランドのIwona Podlasińskaさんは、自分の2人の息子と...
『筒井時正 玩具花火』がつくるこの線香花火は、気温・湿度が低いことが製造条件。出会えるのは、冬だけ。
夢の中に雪が出てきたことはないでしょうか。雪は自分の感情や情緒を示すといわれていますが、一概に雪といっても、様々なシチュエーションがありますよね。雪の夢に...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
アーティストPhil Gableさんは、以下の画像に映る銅像をブルックリンに5つほど置いたそうです。
雪の結晶は「同じものはふたつとない」と言われます。美しくも複雑な幾何模様は、まさに自然の神秘ですが、無数のかたちがあるからこそ、そのなかに何を見出すかであ...
街全体に魔法がかかる季節がやってきました。日本のいたるところがワクワクに包まれるクリスマスシーズンですが、それは世界共通なようです。モスクワ出身のフォトグ...
「冬のワンダーランド」。そんな言葉もしっくり来る写真を紹介しましょう。写真家ティーナ・トルマネンさんが撮り続けているのは、フィンランドのラップランドの風景...
「#東北が美しい」 そんなハッシュタグをつけたくなるのも納得のこれらの写真は、@yossy_photoさんが撮影し、Twitterに投稿したもの。タイトル...
映画「泳ぎすぎた夜」は、6歳の少年が雪が降り積もる街で迷子になる。ただ、それだけの何も起こらない物語だ。
雪の気配を背に感じつつ、テント内でお酒に舌鼓。
もう、すっかり冬ですね。さらに寒くなり、雪が降りはじめたりすると家にこもってしまいがち。ジムへ行くのも億劫、結果、運動不足になってしまう…。この記事を読ん...
「雪に埋もれて動かない人がいる!」と勘違いした人が、救急隊員に電話。駆けつけてみると、そこには銅像が。離れて見ると、確かに勘違いしなくもない見え方だったら...