今日は会社、休みます。だって雪だもん。

朝起きて、カーテンを開けたら、一面の銀世界…。あぁ、今日は会社、行きたくないなぁ。この間の大雪の記憶も新しい今日ほど、切実に、確実に会社を休みたいと思っている人はいないのでは。

そんなあなたに、今日、会社を休むための言い訳をプレゼンツ。しかし、これがうまくいくかは保証いたしません。自己責任でお願いします。

「ドアの前の雪だるまを踏めないので、家を出ることができません」

近所の子供たちがね、私の家の前に大きな雪だるまを作ったんです。それを踏みにじれって言うんですか?無理です、そんなの。だから今日は会社、休みます。

「家の前の道がなくなりました」

この冬、何度聞いたかわからない“非常に強い寒気”っていう言葉。家を出たら、今日はそこに道がありませんでした。だから今日は会社、休みます。

「凍えているカレを温めてあげないと死んでしまいます」

カレがベッドの中で凍えているんです。こういう時はあれでしょ?裸になってひとつの毛布にくるまるものでしょ?でもって、お互いの体温を分け与え合わないといけないんでしょ?だから今日は会社、休みます。

「犬が庭を駆け回って、そのまま出ていったので探しにいってきます」

雪が降ったから、うちの犬(飼ってないけどね!)が喜んで、庭(マンション住まいだから庭ないけどね!)を駆け回っています。「まぁ歌の通り!」なんて思っていたら、そのままどっかへ行ってしまいました。だから今日は会社、休みます。

「効率的に通勤するためにスキー板を買ってきます」

スピードを求められる私たちの毎日。なんでも早く、正確にこなすことが重要なんです。だったら目の前のこの坂道を転ばないように歩くより、いっそスキーで滑り降りちゃったほうがいいじゃない?だから今日は会社、休みます。


ふざけているわけじゃないんです。こうしてこの記事を書いていながら、私はきっと今日も会社にくるんだと思います。

でも、たまには会社を休んで、ただただのんびりと窓の外を眺める日があってもいいんじゃないかな。

いつもより、少し早く家についたら。
白・金・銀の3色がセットになった「雪色鉛筆」。それだけなら普通の色鉛筆。でもよく見て、ちょっと形が違う。
撮影されたのはカナダ・ブリティッシュコロンビア州、バンクーバー北部の山中です。2015年11月19日のこと。例年よりも雪が積もるのが早く、近くにある北米最...
自身も会社を辞めて転職、フリーランス、起業という道を経たライターが「会社を辞める!」と決めた後に踏むべき3つのステップを公開!
15時。ふと窓の外を見たら、思った以上に世界が白くなっていてギョッとした。電車大丈夫かな、と思いながらパソコンに再び目を向けると「早帰り推奨」とバックオフ...
どの国にとっても、クリスマスは特別な季節。街中に魔法がかかったような冬のひと時に、ポーランドのIwona Podlasińskaさんは、自分の2人の息子と...
夢の中に雪が出てきたことはないでしょうか。雪は自分の感情や情緒を示すといわれていますが、一概に雪といっても、様々なシチュエーションがありますよね。雪の夢に...
雪の日にオフィスで憧れの先輩とふたりっきりに。すると──
地球上で最も暑い場所とも呼ばれている「サハラ砂漠」で、1月7日にまさかの雪が降り積もりました。これは過去40年で3度目の積雪。今年は、場所によって40cm...
「雪に埋もれて動かない人がいる!」と勘違いした人が、救急隊員に電話。駆けつけてみると、そこには銅像が。離れて見ると、確かに勘違いしなくもない見え方だったら...
去る2月11日に閉幕した第67回さっぽろ雪まつり。多くの作品が人々を楽しませたなか、特に注目を集めたのが、「Hokkaido Shinkansen-Sup...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
ポーランドの「Śnieżny Labirynt」は、世界最大の雪の迷路だと言われています。壁の高さは2m以上もあるようなので、ゴールにたどり着くまでに時間...
雪の結晶は「同じものはふたつとない」と言われます。美しくも複雑な幾何模様は、まさに自然の神秘ですが、無数のかたちがあるからこそ、そのなかに何を見出すかであ...
街全体に魔法がかかる季節がやってきました。日本のいたるところがワクワクに包まれるクリスマスシーズンですが、それは世界共通なようです。モスクワ出身のフォトグ...
「冬のワンダーランド」。そんな言葉もしっくり来る写真を紹介しましょう。写真家ティーナ・トルマネンさんが撮り続けているのは、フィンランドのラップランドの風景...
「#東北が美しい」 そんなハッシュタグをつけたくなるのも納得のこれらの写真は、@yossy_photoさんが撮影し、Twitterに投稿したもの。タイトル...
「会社辞めたいなぁ」多くの人が漠然と思っているはず。私もそうでした。でも、思うだけで行動ができない。会社辞めたいな、この仕事でいいのかな、他に向いている仕...
『筒井時正 玩具花火』がつくるこの線香花火は、気温・湿度が低いことが製造条件。出会えるのは、冬だけ。
もう、すっかり冬ですね。さらに寒くなり、雪が降りはじめたりすると家にこもってしまいがち。ジムへ行くのも億劫、結果、運動不足になってしまう…。この記事を読ん...