自殺の5秒前、彼女から電話がきた。そして今、ぼくらは夫婦になった。

「あなたの人生で、映画みたいな出来事があったら教えてください」

実名で投稿する海外のQ&Aサイト「Quora」で投げかけられた、ひとつの質問。これに対して投稿されたKevin Walshさんのエピソードは、「運命」以外の言葉が見つからない奇跡の物語でした。

自殺の5秒前、
彼女が電話をくれた。

Kevinさんは13歳のとき、サマーキャンプに参加しました。そこで一番可愛かった女の子・Blakeさんが、「あなた、黒が似合いそうね」と話しかけてきました。これをきっかけにふたりは友だちとなり、連絡先を交換しました。

その後しばらく連絡を取っていたふたりですが、中々会う機会がなかったこともあり、次第に連絡は途切れ途切れに。

90aed2e189befbbd39e65f3321f7a49364255be1
Photo by Kevin Walsh

やがて、彼らは高校生になりました。

「今でもどうしてだか分からないけど、連絡を取らなくなっても彼女を忘れることは一日もなかったよ」

と語るKevinさん。

しかし彼の学園生活は、あまり良いものではありませんでした。ひどいうつ状態に陥り、ついには自殺を決意するまで追い詰められてしまいます。

837313b39093ef3e86a1ecd556c1a84d1c12605e
Photo by PASAGRAPHY

遺書も書き終え、自分の人生を終えるのにふさわしい場所にたどり着き、まさに自殺を決行しようというちょうどその時。彼の携帯電話が鳴りました。ディスプレイを見ると、知らない番号。でも、それは聞き覚えのある彼女の声でした。

「『どうして急に電話をしてきたんだい?』って聞いたら、彼女は『なぜだか分からないけれど、あなたに電話をしなくちゃっていう衝動に駆られたのよ』と答えたんだ」

「『今から自殺するんだよ』と彼女に伝えると、『何言ってるの!そんなことしないで!』って止められたよ」

彼女は、自殺をやめるよう彼を説得し、次の日に電話をするよう約束させました。

運命の人は、
「彼女」しかいない。

F62479f96d5b0469786ab4017b412703079e971d
Photo by PASAGRAPHY

次の日、彼は約束どおり彼女に電話をかけました。これをきっかけにまた連絡を取り合うようになったふたり。そして10年後、彼は彼女に結婚を申し込みました。

37a19b59232a3a248cd0243de6b04f54b54a0d47
Photo by PASAGRAPHY

今ではこんなに幸せそうなふたり。10年前の電話がこんな未来をもたらすなんて、予想だにしてなかったはず。連絡が途切れても、お互いのことを想いあっていたからこそかもしれません。

人生、5秒先に何が起きるか分からない。時に沈むことがあったとしても、前を向いて歩いていこう、と思わされるエピソードでした。

Licensed material used with permission by PASAGRAPHY, Kevin Walsh, Blake Moore
ひとりの相手と半世紀ほど共に過ごすことになる結婚生活。そんなに長い期間一緒にいるのならば、「運命の人」と人生を歩んでいきたいもの。でもそれが誰かって、どう...
これまでに「運命の人」だと感じた経験は、何度かあるかと思います。でも、「違った」「思い過ごしだった」「出来心だった」という結末を迎えてしまうことも、同じく...
9月10日は「世界自殺予防デー」です。日本の自殺率は世界でも高いなか、私たちには何ができるのでしょうか。アメリカの自殺予防団体が挙げる自殺のサイン。これを...
誰もが夢見る“運命の人”との出会い。「Elite Daily」では、そんなロマンチックな考えを覆す、シビアな記事が掲載されていました。書いたのは、自身を「...
先日、カルガリー大学に通っている246人のニコルさんたちが友だちになるという、ちょっと変わった出来事がありました。
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
成功の定義は人それぞれあるかもしれません。だけど、「成功した人」は何がそうさせたのでしょうか。ここでは、成功と失敗に対する考え方を変えることで、自殺率が下...
今あなたが一緒にいるパートナーは「運命の人」ですか?もし確信がないなら、辛い恋愛の末に運命の人と出会えたというAnjali Sareen Nowakows...
運命の出会いとも言えるほどに相手のことを好きになっている3つのサインを、性科学者兼リレーションシップ・エキスパートの意見から紹介。相手の匂いが何とも言えず...
気温が高い地域ってわりとノンビリとしたイメージがあるので、これは意外です。
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
素敵な王子様が迎えに来てくれて、その後ふたりはいつまでも幸せに暮らしましたとさ…。「運命の人」と聞くと、そんなイメージがあるかもしれません。でも、本当に運...
運命の人との出会いは、美しくとても神秘的なものです。その人のすべてがあなたを夢中にさせ、「今までの恋愛は間違いだったかも!」と気付かせてくれるでしょう。で...
自殺未遂をする数時間前に撮影をしたセルフィーだとして、SNSに投稿したZoeさん。その表情は和やかで、とても自らの命を絶とうとしているとは思えない。記事で...
どんな女性と結婚すればいいのだろう?と悩んでいる男性に朗報。運命の女性に共通する8つの特徴が「Elite Daily」に掲載され大きな話題になりました。こ...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
ただ、幸せを与えてくれる人だからって、長く付き合うのにふさわしい相手とは限らない。Caitlyn Luce Christensenは「Elite Dail...
恋愛においての絆の深さは、一緒に過ごす「期間」ではなく、そもそもの「相性」にあるのかもしれません。2ヶ月ほどで今の旦那さんとの結婚を踏み切ったというライタ...
これまでも数々の恋愛記事を手がけてきたライターが、初デートで相手が「運命の人」かどうかを見極める3つのサインを紹介している。アプリなどを通じて短時間に多く...
あなたは、運命の相手を信じますか?「Elite Daily」の男性ライター、Anthony Petronzioさんの恋愛観がなかなか面白かったので紹介した...
今のパートナーとの将来に確信を持つためには、この5つの質問に挑むべき!と豪語するのは、「Elite Daily」のライター・Anjali Sareen N...
結婚を決意するのってどんな時?何が決め手になる?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。男性には、“あ、オレはこの人と結婚するんだ”ってなんとなく...
恋愛映画やラブコメで必ずといってもいいほど登場する「運命の人」。現実にそんな人いるの?と疑うあなたに、今の相手が運命の人かもしれない「11のサイン」をお教...
近頃、「運命の人」について友人と話す機会が増えたという、女性ライターMia Nicholson氏。独身同士でたくさんの議論を重ねたのち、とあるルールを設け...