究極の黒に染める。100年続く「京都紋付」からリウェアブランドがデビュー

100年に渡って伝統産業「京黒紋付染」を受け継いできた「株式会社京都紋付」から、サステイナブルな新ブランドがデビューした。

リウェアブランド「K」が提供するのは、色落ちや汚れで着られなくなった服を生まれ変わらせる「黒染めサービス」だ。

光を吸収して黒く見せる独自の“深黒加工”によって、Tシャツやセーターからデニム、バッグ、キャップまで、職人の手によって究極の黒に染め上げてくれる。しかも仕上がりは撥水効果が加わり、新品のようなソフトな風合いになるのだそう。

値段はTシャツ1枚で2500円から。新しいTシャツを手に入れるより、今あるものを長く使えて、さらにカッコよくしてもらえるならとってもお手頃かも。気になる人はコチラをチェック。

Top image: © 2020 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ホテルブランド「ヒルトン」から、日本初上陸となるブランド「ヒルトン・ガーデン・イン」を京都に2022年12月開業すると発表された。
京都の「そわか(SOWAKA)」は、2019年3月にオープンしたモダンホテル。老舗料亭の数寄屋建築をリノベーションした本館は、伝統とモダンを調和させた空間...
京都への全面移転を進めている「文化庁」が、京都移転を世に広く知ってもらおうと、令和3年2月14日(日)までロゴマークの案を募集中。
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
見た目は靴下のようでいて、靴に劣らずタフで多機能。「Makuake」にて先行販売を開始したシューズ「Skinners2.0」。
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
昨年末のオープンと新顔でありながら、早くも京都のカフェシーンを代表するほどの人気を集めています。
10月より東京も対象となったことでさらなる注目を集めているGo To トラベルキャンペーン。この記事ではGo To トラベルキャンペーンを使っていける京都...
格好良さ、機能性ありき。そのうえで環境に配慮されているサステイナブルなファッションブランドを3つピックアップ。
「京都タワー」の最頂部、120.9メートルからのVRバンジージャンプ体験イベント。2月1日〜3月31日までの期間限定開催。
こんな時代だからこそ紹介したい、イギリスの研究チームにより明らかになった「勤務時間とメンタルヘルスの関係」を示した研究結果。
世界160ヵ国で愛され続ける米国アウトドアブランド「MERRELL」の新アパレルライン「JAPAN CAPSULE」が2020年秋冬シーズンにデビュー。
「株式会社サン・クロレラ」は創業50年を迎えるにあたり、クロレラの貴重な成分が入った緑湯を提供する昨年大好評だった特別イベント「サン・クロレラの湯」をパワ...
2021年春より「NORDISK(ノルディスク)」のアパレルアイテムが展開開始となる。
京都の「MOGANA」は、“日本の食事”を味わえるモダンホテル。2018年12月のオープン以来、食の宝庫と呼ばれる淡路島から食材を取り寄せ、こだわりの朝ご...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
2020年春、体験型複合拠点「スノーピーク京都嵐山(仮称)」がオープン。
「日本酒の新しい可能性を広げる!」をコンセプトに全国で展開する利き酒イベント「SAKE Spring @嵯峨おもてなしフェスタ」が、今週末の12月14日・...
京都の寺町にオープンしたのが缶詰専門店の「ひとかん」。旗艦店オープンに合わせてリリースされた「京都雅缶シリーズ」(全5種)は、京都ならではの味覚に雅なパッ...
京都の「ENSO ANGO」は内装テーマの異なる5棟が、徒歩圏内に分散しているちょっと変わった形態のホテル。モダンホテルなのに坐禅体験ができるのは注目ポイ...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「三井ガーデンホテル京都河原町浄教寺」は、500年以上の歴史を誇る浄教寺を三井ガーデンホテルと一体開発することで、その伽藍再建を実現するというプロジェクト。
優しい口当たりのちりめんじゃこと、ピリッと効いた山椒の実を一緒に炊き合わせた、柔らかく優しい風味が特徴の「じゃこ山椒」。ちりめんじゃこも山椒も古くから京都...
京都は魅力ある街なので「どこに行くべきか」と、悩みは尽きませんよね。ここでは、頭を抱えがちな「観光スポット」について押さえておきたいポイントを紹介します。...
京都のモダンホテル「麩屋町二条」は、ワコールがプロデュースしている「京の温所」という宿泊施設のひとつ。「カリモク家具」で統一された室内は、最大8名まで利用...
京都の中心部、祇園にあるリーズナブルに宿泊できるシンプルさを追求した「TSUKIMI HOTEL」は、“お弁当”というスタイルで朝ごはんの販売を開始。
今年で12年目になる『京都手帖』。京都広域MAP、鉄道路線図、バス路線図、葵祭・祇園祭・時代祭のルートMAP。さらには、主要な社寺の拝観データ、文化施設の...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
どの季節でも、訪れた人に様々な気づきを与えてくれるのが「京都」。日本古来の奥ゆかしさはもちろん、京都発の新しいムーブメントを堪能するため、年に何度も足を運...
京都・寺町に都市型オフプライスストア「Re:nne」がオープン。ラグジュアリーブランドからファストブランドまでさまざまなデッドストックを展開し、その規模は...