見た目とは裏腹にさわやかな味。「黒いバター」がごはんをおいしくする!

バター、マーガリン、ジャム、ピーナッツバター、クリームチーズ。パンに塗るものの定番といえばそんなところ。ところが「Food52」のEmma Laperruqueさんは、それだけは留まりません。
彼女が考案するのは、フードプロセッサーで黒オリーブ、柑橘系の果汁、それからバターを混ぜ合わせたスプレッド。
真っ黒の見た目ですが、どんな味がするのでしょうか。

意外とさっぱり
“真っ黒バター”

Photo by Julia Gartland

トーストにこれを厚塗りして、プロシュート、大根、そしてミントを乗せてかぶりつくのが私のお気に入り。熱々の麺に、パルメザンの粉を振りかけて、ルッコラと一緒にいただくのもおいしいんです。鶏もも肉のグリルや、フライパンで焼いたポークチョップ、もしくはローストしたフェンネルの上に溶かして食べるのもおすすめですよ。

こんな具合に、何にでも合うこの“黒いバター”。
缶詰に入った黒オリーブでは味の濃さが足りないので、あまり合いません。ちなみに、オレンジの代わりにレモンの果汁を絞るのも◎。赤唐辛子のフレークも合いそうな予感!

 

<材料(3/4カップ分)>

やわらかくした無塩バター:1/2カップ(113g)

オイルに漬けた黒オリーブ:1/2カップ(85g)

オレンジの果汁:小さじ1(小さいサイズOK)

コーシャーソルト:ひとつまみ(お好みで)

<作り方>

1.バター、黒オリーブ、そしてオレンジの皮をフードプロセッサーに入れて混ぜます。器具に具材がベトッとくっついてしまったら、プロセッサーを何度か止めて、払い落とします。バターがふくらみを持つまで、しっかり混ぜましょう。すると、濃厚でココアのような色合いに仕上がるはず。味見をしながら、必要であれば塩で調整。

2.ラップを使い、丸太の形に巻いて、冷蔵庫もしくは冷凍庫に保存します。もしくは瓶で保存をしても大丈夫です。

Top Photo by Julia Gartland
Written byEmma Laperruque
Licensed material used with permission by Food52

関連する記事

本格的なバターライスに仕上げるには、それなりに手間はかかります。はい。それでも、一度でいいから作ってみてください。きっとハマるはずだから。押さえるべきポイ...
普通のバターではありません。
海藻に特化したブランド「SEASON」が手掛ける「三陸海藻バター」。調味料ならぬ「風味料」として、いま注目のバターです。
今人気のスイーツ「バターサンド」をお取り寄せできるお店を5つ紹介。素材や製法にもこだわり、レーズンだけじゃなくさまざまなフルーツやナッツ、チョコなどが挟ま...
フルEVとなって2023年に次世代モデルがデビュー予定の「ポルシェ マカン」が、今月10日にそのプロトタイプを公開した。
せっかく焼きたてのパンが用意できても、カチカチバターでは意味がありません。ということで生まれたのがこのトースター。
常温保存できるバターケース「Butter Bell」。いつでもクリームのような柔らかさにキープしてくれる。
カリブ海に浮かぶ小国ハイチ。フランス領だったこの土地は、食の影響も多分に受けているようですが、この味だけはローカル(クレオール料理)かも。
「CANOBLE」から、バターの可能性を無限に広げるためにあらゆるテクニックを駆使して生み出される、バターを楽しむためのバターケーキ「CANOBLE TH...
今日もどこかで大切な人への甘いプレゼントを探している方のお役に立つべく、立食パーティと女子のイメチェンをほめることの次くらいに「食レポ」が苦手な人間が、背...
25を超えるブランドが集結し、ファッションの楽しさが凝縮されたアダストリアグループ公式WEBストア「.st(ドットエスティ)」が実店舗になって登場。「らら...
厚切りトーストの真ん中にのるバターのイメージというと、どうしてもアノ四角く切ったものをイメージするはず。ですが、このバターの切り方って、じつはめちゃくちゃ...
アツアツのままはもちろん、室温に冷めてもおいしい「ツナキムチパスタ」。コチュジャンにバターを加えるのがポイントです!
今回は奥渋にある「MEALS are DELIGHTFUL(ミールズアーディライトフル )」。ここのラムバターパンケーキがめっちゃ気になる!っちゅうことで...
大人気の「フルーツバター」を販売する、山形県に本社を構える「株式会社セゾンファクトリー」から注目の新メニューが誕生!その名も「フルーツバターのどらやき」。
世界の味をバターで表現する「CANOBLE(カノーブル)」から、いつもの料理にチョイ足しするだけで本格タイ料理を楽しめるブールアロマティゼ「トムヤムクン」...
自炊が疲れたすべての皆さまへ。心を込めて、12種類の「ふりかけ」をご紹介します。三つ目は、北海道行きたいな〜、お祭り行きたいな〜、そんな想いにこたえる「じ...
シナモンシュガーチュロスやグリルドチーズサンドウィッチに続き、「ディズニー」がフレンチトースト……いや、「チョコレート・ピーナッツバター・バナナフレンチト...
おいしいバターさえあれば、たしかにトーストだけでも十分、ごきげんな朝ごはんになります。そこで、バターを買うんじゃなくて、自分でつくってしまうというのがこの...
ニュージャージーに住むAdam Hillmanさんのトーストは、私たちの想像を超えている。
卵と牛乳の比率が適当だったり、パンもなんとなくで選んでいたりすると、うまくなんてつくれません。でもこの5つのコツを参考にすると、フレンチトーストに失敗する...
フランスのグラスフェッド牛から採取されたミルクを使用して作る「Rainbow Farms(レインボーファームズ)」のギーバターに、濃厚抹茶が香る「抹茶・ギ...
フランス産発酵バター<エシレ・メゾン デュ ブール>で買うべきは、マドレーヌよりも、ケーキよりも、クロワッサンよりも、マシュマロ!
チベット伝統のお茶様式「バター茶」。高地生活で不足しがちなビタミン、脂肪分、たんぱく質などを上手に補う、喫茶文化のひとつなんだとか。デザートまでは手を出さ...
子どものころ、大好きだったアニメにこんなシーンがあります。山小屋の朝、あたたかい炎でチーズをあぶって、黒パンの上にのせる。ゆっくりとろけていくチーズがほん...
体験したことがないほどおいしいトーストが味わえる魅惑のトーストプレート「Sumi Toaster」が発売。
細長い容器に、バターをブロックのまま豪快に投入。すると、数秒でスプレー状の“バタービーム”を放てるように!コレは、冷蔵庫から取り出したばかりの「固いバター...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
健康意識の高い人たちから、このところ注目されているのが「ナッツバター」。動物性脂肪ゼロのナッツをフードプロセッサーで撹拌するだけ。この手軽さも人気の所以か...
カレーといえばインドを連想するように、シチューもヨーロッパの国々をイメージするかもしれません。煮込んだソースをパンやお米とともに食べるスタイルが各地にあり...