お湯に浸けて変形する「プラスチックカード」、どう使うかは閃き次第!

とっさに使い道がイメージできないかもしれない。必要だと、今すぐには感じないかもしれない。それでも、なんか役に立ちそうな気がしてならない。と、ここまでは個人的な感想。でも、そのアイテムが、Indiegogoで目標額の800%を超える出資金を得て、いよいよ商品化へ。

みんな、思ってることは同じ。なんか役に立ちそうなフンイキ。

熱湯でぐにゃぐにゃになる
不思議なプラスチック

イギリスで開発された、この薄いカード状のプラスチック。熱湯に浸けるだけで、たちまちぐにゃ〜んと粘土のように柔らかくなり、自在に形づくることができるというアイテム。「very hot」とだけしか表記されていないため、厳密なお湯の温度までは分からないが。

柔らかくなったところで、好きなように形を変えて(ハサミでだって切れる!)、しばらく置いておくと冷めたあとはカチカチになっている。これがでんぷんをベースにしたバイオプラスチックの性質だ。

一般的にこうした熱可塑(熱すると柔らかくなる)性のある物質には粒状のものが多く、その性質ゆえ、散らかったり、ムダが多かったり、なかには毒性のある物質を使用する場合もある、と「FORMcard」の開発者。

かたやこちらは、でんぷんをベースに開発された非毒性のバイオプラスチック。もちろんキッチンツールと一緒にしまっておいても問題なし。

困ったな…な時こそ
コイツの威力の見せどころ
携帯性も汎用力も◎

カードサイズの利点を活かし、お財布やポケットに忍ばせておけば、いつどんな時でもリペアが可能。きっと、さまざまなシーンで「あって良かった」、となるハズ。たとえば、開発者らは、こんなシーンを想定しているようだ。

ちっちゃいドライバーのグリップエンドを補強したり、

片口スパナが見当たらない、なんてときにも。

では、これが日曜大工の場でのみ活躍するような代物かといえば、さにあらず。もっとデイリーで「あったらいいな」なシーンがあるはず。たとえば…、

簡易フックをつくったり、

切れてしまったブラインドカーテンにも、

折れた傘のホネを繋ぎとめるものとして、

スマホの車載ホルダーだって急ごしらえできてしまう。使い方はまさしくアイデア次第だ。

そうそう、FORMcardはリユーサブル。お湯に戻せばまた柔らかくなり、何度だって形を整え直すことができるので、少し気に入らなかったり、用途が済んだら、お湯にポンと戻すだけ。他にも数枚混ぜて溶かして使えば、マーブル柄も楽しめる。

現在、最小ロットは3枚で5ポンド(約673円)。90枚入りだと100ポンド(約13,500円程度)に、それぞれ輸送費がかかる。

イマジネーションを刺激して、あらゆるものをリペアしたくなるFORMcard。どうだろう、いつか何かの役に立つときのため、カードの奥に忍ばせたくなるんじゃない?

Licensed material used with permission by Peter Marigold, FORMcard
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
2016年から、イギリス国内の一部の道路を、“環境に優しいアスファルト”に変えてきた「MacRebur」。そのアスファルトとは、プラスチックごみを再利用し...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
これまでDIYに“どっぷり”できていなかったのは、どうしても製作しているときがピークに思えて仕方なかったから。満足度のハナシです。自作したものを使う喜び、...
本当は直せるのに、そのままにしてしまっている壊れ物たちの、悲しくもおかしな魂の叫び。それらを修理することで得られる、より快適で心地いいおうち時間を「アロン...
プレゼントやメッセージカードが「何だか物足りないな」というときや、無地のTシャツをちょっと変えたいなんてとき、DIYプリントを試してみませんか?初級編から...
金網を製造する「石川金網株式会社」は、同社が製造する“純銅でできた金網”「おりあみ/ORIAMI」を用いたDIY銅マスクの作り方を公開中。同製品を購入して...
地球に暮らす人々が抱える社会問題に手を打つべく、「Hi Fly Airline(ハイフライ航空)」というポルトガルの航空会社は、使い捨てプラスチックの節約...
マクドナルドは、イギリス国内にある全店舗で「廃プラスチック」に対する新しい取り組みを発表。9月から、マックフルーリーのふたの提供停止とサラダの容器を「紙製...
Facebookの新製品実験チームである「NPE Team」は、今月12日、アートや料理といったユーザーが趣味として楽しむDIYの写真を整理できるアプリ「...
「亀の子束子西尾商店」から、新製品「亀の子ウォッシュ」が発売。
Christina Ramirezさんが立ち上げた「PLUS ULTRA」は、竹から作られた歯ブラシを販売しています。
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
紙のように薄く、鉄のように硬く、プラスチックのように加工できる。それだけ聞くと夢のような素材ですが、アメリカで開発され、クラウドファンディング「Kicks...
Twitterではハッシュタグ「#PacketInWalkers」をつけて、多くの人がポテトチップスの空袋をポストに投函する様子を投稿しています。
生活用品大手の「P&Gジャパン」は、日本で初めて海洋プラスチックを使用した製品ボトルを採用。台所用洗剤「JOY」シリーズより、そのボトルを使った「JOY ...
「FANCL(ファンケル)」から、スプレータイプの次亜塩素酸水「FANCL ハウスクリーンスプレー」がデビュー。9月17日(木)よりオンラインショップにて...
一見普通の椅子に見えるが、折り畳めるだけでなくローテーブルとしても大活躍。シンプルでぬくもりのあるデザインで、余裕を与えるインテリア。
中古のライトバンに「IKEA」の製品を積んでキャンピングガーに仕上げたアメリカ人夫婦のプチDIY。
手軽にDIYを楽しみ、自分好みの空間を自らつくり出してしまう“DIYの達人”たちがいます。いつか自分も!と思っても、工具の使い方すらサッパリ……。「あこが...
イギリスでこのコーラルピンクのカードを持っていれば、若者は「あっMonzo(モンゾ)を使ってるんだね。どんな感じ?」と声をかけてくるはずです。
中国の国家発展改革委員会が発表した報告書によると、2020年末までに主要都市でのビニール袋の使用を禁止。25年末までには中国全土で使用が禁止されるという。
施行されたのは1回限りで捨てられてしまう可能性の高いレジ袋やフォーク、ナイフなどのプラスチック製品の使用を禁止する制度です。
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。