お湯に浸けて変形する「プラスチックカード」、どう使うかは閃き次第!

とっさに使い道がイメージできないかもしれない。必要だと、今すぐには感じないかもしれない。それでも、なんか役に立ちそうな気がしてならない。と、ここまでは個人的な感想。でも、そのアイテムが、Indiegogoで目標額の800%を超える出資金を得て、いよいよ商品化へ。

みんな、思ってることは同じ。なんか役に立ちそうなフンイキ。

熱湯でぐにゃぐにゃになる
不思議なプラスチック

D374fc9df7008a9387c6aea460c1e7b96e76b27a505e57b8130f3f909f46e0eca608b71fcf79fa80

イギリスで開発された、この薄いカード状のプラスチック。熱湯に浸けるだけで、たちまちぐにゃ〜んと粘土のように柔らかくなり、自在に形づくることができるというアイテム。「very hot」とだけしか表記されていないため、厳密なお湯の温度までは分からないが。

柔らかくなったところで、好きなように形を変えて(ハサミでだって切れる!)、しばらく置いておくと冷めたあとはカチカチになっている。これがでんぷんをベースにしたバイオプラスチックの性質だ。

一般的にこうした熱可塑(熱すると柔らかくなる)性のある物質には粒状のものが多く、その性質ゆえ、散らかったり、ムダが多かったり、なかには毒性のある物質を使用する場合もある、と「FORMcard」の開発者。

かたやこちらは、でんぷんをベースに開発された非毒性のバイオプラスチック。もちろんキッチンツールと一緒にしまっておいても問題なし。

困ったな…な時こそ
コイツの威力の見せどころ
携帯性も汎用力も◎

B8f7f9985c0a89c17438610526807eda9af0ce48

カードサイズの利点を活かし、お財布やポケットに忍ばせておけば、いつどんな時でもリペアが可能。きっと、さまざまなシーンで「あって良かった」、となるハズ。たとえば、開発者らは、こんなシーンを想定しているようだ。

6c808745a7d034fb0bdab12778ffd0f257a66ffa41a3b2045f61b896657d19108f02d1ab049a7caa

ちっちゃいドライバーのグリップエンドを補強したり、

182c51929fd227dd3bfd43d8bcde3da4c8d31bcc

片口スパナが見当たらない、なんてときにも。

では、これが日曜大工の場でのみ活躍するような代物かといえば、さにあらず。もっとデイリーで「あったらいいな」なシーンがあるはず。たとえば…、

Ffa628add6c92b9c58933ac02cf1a5d3cd361e71

簡易フックをつくったり、

D6eb509ec9f4619fc223437cb1b3e8d5c7022f92

切れてしまったブラインドカーテンにも、

11c3cb1c7ac4e89747e3d91da1eafad30a99dbf4

折れた傘のホネを繋ぎとめるものとして、

51b8546d3c8d061d0ca47c88e565a2e21e942e0a

スマホの車載ホルダーだって急ごしらえできてしまう。使い方はまさしくアイデア次第だ。

そうそう、FORMcardはリユーサブル。お湯に戻せばまた柔らかくなり、何度だって形を整え直すことができるので、少し気に入らなかったり、用途が済んだら、お湯にポンと戻すだけ。他にも数枚混ぜて溶かして使えば、マーブル柄も楽しめる。

Ecbe21171be6bad3ec186a3f0c20468efbaedcd93d0549537f534596bcb6b91852b625ba21c8b26d

現在、最小ロットは3枚で5ポンド(約673円)。90枚入りだと100ポンド(約13,500円程度)に、それぞれ輸送費がかかる。

イマジネーションを刺激して、あらゆるものをリペアしたくなるFORMcard。どうだろう、いつか何かの役に立つときのため、カードの奥に忍ばせたくなるんじゃない?

Licensed material used with permission by Peter Marigold, FORMcard
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
これまでDIYに“どっぷり”できていなかったのは、どうしても製作しているときがピークに思えて仕方なかったから。満足度のハナシです。自作したものを使う喜び、...
プレゼントやメッセージカードが「何だか物足りないな」というときや、無地のTシャツをちょっと変えたいなんてとき、DIYプリントを試してみませんか?初級編から...
紙のように薄く、鉄のように硬く、プラスチックのように加工できる。それだけ聞くと夢のような素材ですが、アメリカで開発され、クラウドファンディング「Kicks...
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
Christina Ramirezさんが立ち上げた「PLUS ULTRA」は、竹から作られた歯ブラシを販売しています。
施行されたのは1回限りで捨てられてしまう可能性の高いレジ袋やフォーク、ナイフなどのプラスチック製品の使用を禁止する制度です。
手軽にDIYを楽しみ、自分好みの空間を自らつくり出してしまう“DIYの達人”たちがいます。いつか自分も!と思っても、工具の使い方すらサッパリ……。「あこが...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
余談ですが“バッファローウィングフレーバー”も同時に売り出すようです。
人類が発明した便利な素材「プラスチック」。低コストながら加工性も高いので、生活のあらゆる場所で使われていますが、基本的に自然のなかでは分解されず、環境汚染...
先日、炊飯器が壊れたので、ある家電量販店へ修理を依頼しに行った。すると、修理費を見積るのに前金が必要で、もし、見積もりが高く、修理を中止にする場合は、預け...
夏休みの過ごし方は色々あるが、家族の力をかりてキャンピングカー全体を大がかりにDIYしちゃった女の子がここに。木材が使用された至ってシンプルな車が、まるで...
一過性のブームではなく、きちんとカルチャーとしてDIYが根付いている。なんでも自分で作っちゃう、海外の“DIY女子”はひと味違いますね。アメリカのティーン...
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
自宅のガレージでカヌーを作りあげてしまったのは、オレゴン州在住のAdam Koekkoek。その制作技術は、もはやプロフェッショナルの領域に達しているよう...
プラスチックの代替素材として、日本でも馴染みのある「寒天」が注目されています。なかでも日本人のデザイナーグループ「AMAM(アマム)」は、国際コンペティシ...
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
静岡の西伊豆の離島で開催される「MUJINTO cinema CAMP」は、無人島でキャンプをしながら映画を楽しむフェス。その最大の特徴は、参加者も含めて...
DIYが人気の昨今では、天井高など部屋の寸法を測る機会も増えたことでしょう。他にも、引越し時や模様替えで窓やドアの測定をすることもありますよね。そうしたシ...
世界初の液体プラスチック「BONDIC」は、「UV(紫外線)」を当てると固まる接着剤です。歯の治療法からヒントを得ているのだとか。まるで、工芸に使う「グル...
スタンフォード大学と北京大学の研究者により、「ミルワーム」にプラスチックを生分解する能力があることが確認されました。釣りのエサなどで使われることもあります...
プラスチックは自然にも還らず、海を漂い、プランクトンが食べることによって食物連鎖で人間の体まで到達する厄介なシロモノだ。これをなんとか有効活用できないもの...