自分だけの「隠れ家」に。自宅に作るダンボールの「プライベートスペース」

「自宅だと思うように仕事や勉強に集中できない」「家族や同居人がやっぱり気になる」──。そんな悩みを抱えている方にオススメな、段ボールのプライベートスペース「ROOM CRAFT」

1畳ほどのコンパクトな完全個室を自宅に作り出すこの商品。工具を一切使わず、サクサクと20分弱で組み立てられるカンタン設計。ダンボール製の机もセットなので、椅子を用意するだけで使用可能だ。

プライベートブース ダンボール カスタマイズ
©Makuake
プライベートブース ダンボール カスタマイズ
©Makuake

ダンボールだからカスタマイズの幅も無限大。好きなものを好きなように飾れる「秘密基地」にするもよし、仕事に必要なものをすべて揃えた「マイオフィス」にするもよし、壁紙やアクセサリーでかわいく飾った「子ども部屋」にするもよし。つまり......なんでもアリだ

また、部屋のどこに置いておいても気にならないシンプルなデザインも魅力のひとつ。

日本の住宅事情現在の世情にマッチしすぎな「ROOM CRAFT」が気になったらコチラをチェック。

プライベートブース ダンボール テレワーク
©Makuake
プライベートブース ダンボール 子ども部屋
©Makuake
プライベートブース ダンボール 秘密基地
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
仕事の生産性が上がったり(するかもしれない)、手軽に除菌できたりと、いま自宅で使いたい便利グッズをまとめて紹介。
「Think Lab HOME」は、3分で作れる自分専用の書斎。パーツを組み立てれば、お家のどこだって書斎に早変わり!
リモートワークや在宅勤務で、仕事場の仲間との「雑談」が懐かしいアナタにオススメしたい新サービス「RemoRoom」のご紹介。
「リモートワークが苦手な人に聴いてほしいプレイリスト」をTABILABOの映像ディレクターが作成しました。
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
「ワークアウト」とは、体の強さや見た目を向上させるために運動することを意味します。この記事では、トレーニング・エクササイズとの違いやおすすめのワークアウト...
「ALL YOURS(オールユアーズ)」が、公式オンラインストアにて利用できる「リモートワーク応援プラン」を導入。今月30日(木)まで、1万5000円以上...
嗅覚を通して脳に伝わることで自律神経には働きかけ、心身にさまざまな作用をもたらす精油を用いれば、リモートワークをより快適に過ごせるかも?朝、仕事モードに切...
通常のウェイトではなく電磁力を応用して負荷を生み出します。
愛猫と一緒に遊びたい。だけど仕事をしなきゃいけない……。そんなニッチな葛藤を解消してくれるワークデスクを、世界中のクリエイターが自身の作品を発信するWEB...
せわしない現代社会では、不安やストレスを抱えながら生活している人も少なくないだろう。そんな不安やストレスを軽減するためには、かわいい動物の写真や動画を見る...
2020年5月6日に販売開始予定の「Forme Life」は、AIが搭載されたスマートスクリーンだ。映し出されるのは、ボクシングやヨガのトレーナー、インタ...
リモートワークが続くなか、オンラインでのWEB会議に「お茶」の共有体験を。
「MAISON SPECIAL」が、在宅で働く人に向けたセットアップ「リモートワークスーツ」を販売中。本格的なドレスアイテムなのに快適で楽チンな機能が満載。
リモートワーカーの増加によるの緊急の需要に応えるため、デンマークの家具スタートアップ「Stykka」が、ダンボールで作ったワークデスクを格安で発売中。使用...
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「リモートワークが捗るアイテム」を3つ紹介。スマホ用刑務所...
デザインスタジオ「hej」が「Corona Food Masks(コロナフードマスク)」を考案した。マスクの着用は感染対策に有効である一方で、見た目や装用...
日本を代表する画家「葛飾北斎」。日本だけではなく世界中で愛されている北斎だが、そんな北斎の「幻の挿絵」が「大英博物館」のオンラインで公開されることになった。
ワーケーションの意味やテレワーク(リモートワーク)との違い、ワーケーションが注目される理由、導入への課題など網羅的に解説した記事です。
ポケットにも収まる「Monkii」は、ドアに引っ掛けて使うタイプのワークアウトグッズ。場所に縛られることなく、自宅でもホテルでもトレーニングができるように...
何かと便利な部分も多いリモートワークではあるが、ついつい家に引きこもりがちになるなんてことも。もしこのまま今の生活を続けると、一体人間はどんな姿になるのだ...
斧型ワークアウトグッズ「The Chopper」の紹介。
同ブランド公式サイトにて、独自の研究結果をベースに導き出したリモートワークに最適な環境作りのコツを公開中。
アメカジファッションに欠かすことのできない「ワークシャツ」の丈(たけ)が長い理由って? そこには、野球やアメフトの「ユニフォーム」とも深い関係が!