イケメンと結婚しない方が、女性は幸せになる。(米研究)

このあいだ、「B専」の美人ライターが男性の魅力について語っている記事を紹介したけれど、やっぱり<美女と野獣カップル>って最強なのかもしれない。

イケメンとご飯を食べていると、食欲不振になるってことはすでに認められていたけれど、やっぱり緊張し続けてる状態って心にも体にも良くないみたい。いくら目の保養ではあっても……。

イケメンと結婚すると、
幸福度が下がる説。

フロリダ州立大学の研究で、「自分より容姿が悪い」と思っている夫を持つ妻のほうが、自分より外見的魅力の高い夫を持つ妻より、幸福度が高いことが分かってしまった。

対象は、20代後半の113組の新婚さん。全員の等身大写真を撮影した後、それぞれの顔と体の魅力を1~10にランク分けしておき、ダイエットと健康に関するアンケートを実施。

その結果、外見的魅力の高い夫を持つ女性は、食生活や体型に敏感になっていて、「食べると罪悪感がある」「太ったら隣に並べない」という、プレッシャーを感じている確率が高いことが判明。自分も美しくいなくちゃ、と思うのだろうけれど、この研究を行ったフロリダ州立大学のTania Reynolds氏は、夫の容姿が良いことは、妻にネガティブな影響を与えると述べている。

さらにこの研究が発表されてから2ヶ月後には、後押しするように「女性の方が外見的魅力が高いと自覚しているカップルは、満足度が高い」という別の研究の発表が(笑)。

美人をゲットした男性は、
幸福度・満足度高し。

心理学者のAndrea Meltzerさんは、4年間にわたり450組の夫婦を調査。その結果、自分より容姿のレベルが高い奥さんをゲットした男性は、結婚生活に対する満足度がとても高かったのだ。

「満たされている」と感じているパートナーと一緒にいることで、当然、奥さんの幸福度も上がるでしょう。

「美女と野獣」は、
幸せと幸せのかけ算◎

愛も幸福も定義できないからこそ、「これが絶対だ!」と言い切ることは出来ないけれど、容姿の優れた男性を好む一方で、隣に並ぶと女性がプレッシャーを感じてしまうというのは、多くの女性の共感ポイントだとも思う。

「イケメンは目の保養」とよく言うけれど、結局見ているだけが1番っていうのは有力だろうなぁ。


 
【TABI LABOのsarahahができました◎】
 
・TABI LABOでこんな記事が読みたい

・こういう記事が好き

・何か聞きたいこと、伝えたいこと
 
などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ
将来玉の輿に乗りたいと思っている女性は、イケメンとナルシストはやめておいたほうがいいという研究結果があります。必ずしも全員に当てはまるわけではないけれど、...
今回語ってくれるのは、Elite Dailyの敏腕コラムニスト、Alexa Mellardoさん。恋愛についてのズバズバ主張が、女性たちの共感を集めている...
世間のムードはまだまだ重たい。そこで、少しでもポジティブになってもらいたいと思い、「幸福度」に関する研究結果をいくつか紹介。
現生ペンギンの共通祖先は、いつどのようにして地球上に現れたのか──? これまで多くの研究者たちが調査を続けてきたその謎が、ついに解明された。
今回は、ライターRが「OHNUT ALOE」を初体験した感想をお届けします。
ルックスのいい男性ほど、ビジネスにおいては損をしがちである。英大学の研究によるこの仮説は、デキるビジネスマンのイメージを払拭するもの。何かと得をしそうなハ...
あるアメリカの研究は、テキストメッセージでの会話で、人間がウソをつくときの特徴を調査から割り出しました。その結果は、女性の方が分かりやすいというものでした。
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
不幸だった14年の結婚生活に終止符を打つために、離婚記念パーティを開催したKimberly Santleben-Stitelerさん。彼女はウェディングド...
イェール大学とオックスフォード大学の研究結果によれば「運動はメンタルヘルスに効果的」だと判明。また「運動はお金よりも人を幸せにする効果がある」との事実も。
マスクの内側に貼って使える「固体酸素シート」は、 呼吸をしやすくするだけでなく、ウイルスやバクテリアの除菌、抗菌、消臭性能にも優れ、いつものマスクを手軽に...
女性の「満腹感と性的興奮」の因果関係が、最新の研究結果から明らかになってきました。ライターChristine Schoenwald氏は、「YourTang...
今月、米「プリンストン大学」の研究者たちは、家庭菜園がサイクリングやウォーキング、外食と同じく「感情の幸福度」の向上に影響するという研究結果を発表。その詳...
イケメンの先生がいる。それだけで学校に行くのが楽しかったのは昔の話。なぜか、先生がカッコイイというだけで、その教科の成績がよくなったな〜。今回、紹介するR...
旅行へ行くとスッキリする、行く前に比べて自分の中で変化がある気がする、なんて事を経験したことがある人は多いのでは?この記事では、研究や調査結果を通して「な...
会社にイケメンは必要なのか否か。「そんなのいたほうがいいに決まってるでしょ!」という声も聞こえてきそうなものだが、改めてそんな疑問を詳しく調査した統計結果...
一生忘れられない宿泊体験を提供するホテル(?)が世界にはたくさん。もちろんここ日本にも。
先週10月22日(木)から規格外品を集めた展示販売イベント「NO PROBLEM store」が「パスザバトン表参道店」内の「パスザバトンギャラリー」で開催中。
「結婚=幸せ」なんてシンプルに考えたいところですが、「めでたし、めでたし」を手に入れるためには、たくさんの試練があります。「Elite Daily」の既婚...
この「Arranged」という名のゲーム。いわば、すごろくです。遊びながら南アジアの女性問題、結婚問題を実感させるボードゲーム。いったい、どんなものなので...
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
記憶力UP・仕事が捗る・前立腺がんのリスク低下・気持ちがポジティブに。セックスと健康にまつわる意外な研究結果まとめ
なかなか恋愛がうまくいかないなぁ……と悩んでいる男性に向けて「ちょっとした心理学をつかえば、それはすぐに解決する!」と豪語するビジネス心理研究家、神岡真司...
若いうちの恋人選びは「可愛ければいい」「ライバルがいるほうが燃える」なんて理由だったとしても、大人になるにつれて、内面的な部分やさりげない思いやりに目を向...