男性は、女性の「美しさ」よりも「賢さ」を重視しつつある(研究結果)

European Review of Social Psychology」に掲載されたノースウェスタン大学とインスブルック大学による研究・統計によれば、男性のパートナー選びの基準が、「美しさ」よりも「賢さ」を重視するように変化しているのだとか。

研究者が紹介した、3つの要素は以下のとおり。

01.
男女平等化によって
価値観が変化した

brains-over-beauty160310-03

国ごとの文化を調査した結果、男女平等な社会基盤がある国であるほど、「稼ぐ男性」や「若く美しい女性」が価値として重要視されない傾向にあったそうです。

例えば、ジェンダーフリーな社会基盤があるフィンランドの男性は、教養のある女性に対して、より興味を示したそう。

02.
「共働き」が増えた

研究によれば、「一家の稼ぎ頭」や「専業主婦」は減少中。例えば、アメリカでは18歳未満の子どもを持つ母親の70%が働いています。さらに、共働きしている家庭の38パーセントにおいては、妻のほうが夫よりも収入が多いとのこと。

03.
パートナー選びの基準が
多様化している

研究に携わったEagly氏は、こうコメントしています。

「今は、生活を支えるために共働きするのが当たり前の時代です。多くの男性が、より高い賃金を得られる、教養のあるパートナーを求めるようになっています。そして、魅力的な女性のために、男性が容姿や家事のスキルを磨くことも考えられます」。

SAGE journal」 に掲載された2013年の統計では、専業主夫が増えていると言われていました。極端な例とも言えますが、子どもをベビーシッターに預けるかわりに、夫に家事や育児を依頼するキャリア思考の女性が増えていたとも。

キッチン男子やイクメンが注目されるのも、暮らしが多様化した結果なのかもしれませんね。

Reference:European Review of Social Psychology,SAGE journal.
Licensed material used with permission by The Science Explorer.

ポルトガルのある研究によれば、女性の背中の反りが大きいほど、男性は魅力的に感じるそうです。つまり、猫背を改善できれば、男性からの好感度も上がるのでは?
女性が年々美しくなっていくからか、もちろん恋愛は何歳になってもアリ。老若男女、恋愛を楽しむお国柄は、もしかしたら女性の美しさに理由があるのかもしれないと思...
アメリカの新しい研究で、「自分より容姿が悪い」と思っている夫を持つ妻のほうが、自分より外見的魅力の高い夫を持つ妻より、幸福度が高いことが分かりました。イケ...
米造形作家による作品です。
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
The Journal of Sex Researchの研究によれば、女性のオーガズムにこだわるのは「満足させたいから」というのは表面的な理由であって、「...
あるアメリカの研究は、テキストメッセージでの会話で、人間がウソをつくときの特徴を調査から割り出しました。その結果は、女性の方が分かりやすいというものでした。
「男と女の脳は違う!」なんて話をよく聞きますが、男女の生物学的な差は、実際のところ知性にどれだけの影響を与えているのでしょうか。男女差は本当にある?それと...
女性の「満腹感と性的興奮」の因果関係が、最新の研究結果から明らかになってきました。ライターChristine Schoenwald氏は、「YourTang...
男女の違いがあるとよく言いますが、果たして私たちはその男女の性別の違いをどこまで理解できているのでしょうか。男女の違いや平均値などをざっくりとまとめた動画...
ある意味、好きな人にだけとどけばいい。
ここで紹介するのは、デンマークの広告会社がインターネット上でも男女平等を実現しようという目的で行った社会実験動画。内容を知ると、彼らの平等に対する考えがい...
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
いかにもセクシー服装をしている女性の姿より、セクシーじゃない女性の普段の姿や行動が、男性にとってそそられるそうです。例えば、歩く姿やユーモアのある時や、好...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、社内における男性上司との人間関係の築き方。男心を研究し、試行錯誤を繰り返して発見した3つ...
価値観が変わりつつあるとはいえ、ルワンダには、いまだに男性は仕事、女性は家事をするものという考え方が残っているらしい。この慣習があるがゆえ、女性が教育を満...
ピンク色で連想するのは女性?それとも男性?1900年代初頭まで、「ピンク」は赤の一種とされていて、火やエネルギーを表し、男性と繋がりが強い色だったそうです...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
「『科学によって証明された』と言われると、偏りのない事実のように感じられるけれど、実はそうではない側面がある」と語るのは、サイエンスジャーナリストのAnn...
リーダーシップ研修の講師実績を持つ西村直哉さんと、人材育成コンサルタントとして活躍する清家三佳子さん共著『一瞬で心をつかむ女性部下マネジメント』(幻冬舎)...
男の人には決してみせない女性の本当の姿があえて描かれているイラスト。女性だったら思わず共感してしまう要素がたくさん。ただ、男性はあまりショックを受けないで...
IT系企業の採用面接に向けて、インタビューのスキルを向上させるオンラインサービス「Interviewing.io」の女性CEO、Aline Lerner氏...
男女平等は大切だけど、やっぱり男性と女性は「違う生き物だなぁ」と感じることっていっぱいありますよね。男性と女性は、生物学的にももちろんですが、社会的な行動...
女性が【共感脳】で、男性が【目的脳】だから。そもそも脳のつくりからして違うのが理由だ、ということは、すでに知っている人も多いでしょう。でも、それだけではな...