日本で買えるパーティグッズ「食べられるシャボン玉」

クリスマスに忘年会。とにかく集まってワイワイやることの多い年末年始。こんなパーティグッズはいかがでしょう?

アメリカで人気の「Lick-a-Bubble」です。

使い方はフツーのシャボン玉キットと同じ。発泡剤を液体と混ぜて、息をふきかければシャボン玉になります。フツーじゃないのは「Lick-a-Bubble」で作ったシャボン玉は食べられるんです。

子どもたちの「シャボン玉を食べてみたい!」という欲望をカタチにしたというこの商品。お酒や炭酸飲料と混ぜれば、オリジナルの“フレーバーバブル”を作ることも可能です。

一点だけ注意。空中で食べ損ねたシャボン玉は、テーブルや床をベトベトにするので(ジュースやお酒とこぼしたようなもんですから)、調子に乗りすぎないように。

日本にも並行輸入で入ってきています。Amazonで「Lick-a-Bubble」と検索してみて!

©Firebox.com Ltd
Top image: © iStock.com/PeopleImages
スペイン・イビサ島といえば、美しい海や街並みもさることながら、世界のクラブシーンを牽引してきた場所として有名。その方面にさほど詳しくなくとも、フロアで泡ま...
スコッチウイスキー「シーバスリーガル」の樽で日本酒「満寿泉」を熟成させ、ブレンドした「リンク 8888」。ホリデーシーズンのパーティや宴で、お世話になった...
マイナス15度の環境で膨らませたシャボン玉。それが、どうなるか一部始終を捉えた映像を紹介します。透明なシャボン玉の表面に、氷の結晶が伸びていく様子は必見!...
2018年、過去最高の入館者数(1020万人)を記録したルーブル美術館。国内の観光客数の回復や動画「APES**T」の影響などを挙げています。2019年は...
以前、テイラー・スウィフトのコンサート会場内に、顔認証システムが搭載されたカメラが仕込まれていました。セキュリティ対策の一貫だったということですが……。プ...
メキシコ・オアハカで、12月29日から1月3日にかけて開催される「Restival」の紹介です。
洋画に出てくる大富豪やギャングになりきってみたい……。そんな願望があるあなたにおすすめしたいのが『Make It Rain Money Gun』!
開発を手がけたイタリア企業「Banale」の社員は、いま購入できるネックピローのほとんどに満足感を得られず、他のシーンでも使えるようにと、このトラベルグッ...
ドイツ・ベルリンのデザイン集団「Neo/Craft」。彼らのものづくりに対するモットーは、素材のもつ固有の美しさをプロダクトで表現すること。もちろん、見え...
鳥の巣箱を使ったストリートアート。道路標識や壁など、街中の何気ないところに設置されたそれは、まるで宝探しみたいで見ているだけでもおもしろい。
小さな球体にギュウっと景色が閉じ込められたみたい。よ〜く見てみると、建物や人が反射したり、ゆがんだりした幻想的な光景が広がります。でも、すぐに消えてしまう...
9年連続ミシュラン1ツ星を獲得するシェフが「野菜とマリアージュする酒」と表現する「惣誉 生酛仕込 純米大吟醸」。実家の親に大人としての成長を感じさせるのも...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。
着物の襟からおっぱいポロリしている女性のイラストが描かれた、“ちょっとエッチな日本酒”「ゆきおんな」。この冬限定で、12月15日から販売中。
パーティシーンに定番のお酒コカレロに、黒いルックスが目をひく新アイテム「コカレロ ネグロ」が11月に登場。これ、チャラさよりもじっくり大人が愉しむためのお...
2018年8月31日より国内90本限定で発売されていた「TID Canvas 002(ティッド キャンバス 002)」の紹介です。
フリーな素敵すぎるパーティのご紹介です。
一般的にレモンを搾ってツルり。ですよね。ここに紹介するのは、ひと味違うおいしさを体験できる食べ方です。
通常のウェイトではなく電磁力を応用して負荷を生み出します。
世界最大規模のシークレット・ディナーパーティーをご存知ですか?参加者全員が真っ白な装いで、公共のど真ん中で楽しむフランス発の大人のパーティー。「ディネ・ア...
今月アップされたこちらの動画は、「1ドルで何が買えるか」の最新版。日本円にして約112円(7/21現在)で、2017年の世界では何が買えると思う?日本なら...
ここのところ、家飲みには欠かせなくなってしまった日本酒。酒蔵を巡るのも好きだけど、もっと試飲がたくさんできたらいいのにな〜と思ってたら、埼玉の川越市にある...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。