台湾で文房具に惚れた!ハイセンスな「物外設計」の万年筆

勝手ながらですが台湾雑貨のイメージは、赤に黄色や黒の配色で「レトロかわいい」なんて表現されるキッチュなデザインで、つい買って帰りたくなるものだと思っています。ただ、お馴染みの国だからこそ、ありきたりな“洒落たモノ”ではなく「実はこれ台湾で買ったんだ!」って、自信を持って推せるお土産を選びたい。

そんな思いで、次は絶対に立ち寄ろうと思っているのが、『物外設計』という文具ブランドのお店。
なかでも「Y STUDIO」シリーズは、銅や真鍮素材剥き出しでインダストリアル感を漂わせながら、女性の手にも映える繊細さのあるデザイン。これ、一目惚れしました。

台北市内だけでも数店舗あるから、アクセスしやすいって理由を含めてのチョイス。
オンラインでも購入できるけれど、重さにもこだわっているから実際に触れてみたいんです。ショップリストはこちらから。

 

この万年筆に、ビビッときた

クラシックポータブル万年筆 / 1万8000〜2万円

「Y STUDIO」の万年筆は、真鍮にブラック塗装されたものと、銅素材の2種類。この艶やかなピンクゴールドに惹かれる女性って、少なくないと思います。

素材を剥き出しにしているのは、使う人の握り方や手の大きさによって、それぞれ違う味が出てくるように。そして、酸化によって色が変わっていくのを、目でも楽しんでもらうためだそうです。

ハイエンドなニブ(ペン先)とレフィルは、ドイツのシュミット社が手がけたもの。メープル材のペンケースと、革のストラップがセットになっています。

「背景まで愛せること」が
使いつづける理由になる

デザイナーである楊格さんと廖宜賢さんは、手書きが当たり前だった時代の、文章や言葉をゆっくり吟味する時間をもう一度大切にしたいという想いから、「Y STUDIO」シリーズを立ち上げました。

軽さと安さを追求された文具によって、紡がれる言葉の重が失われたように感じていたふたりは、あえて重さのある金属を素材に選んだのです。
ひんやりとした冷たさと、指先にかかる重量で、綴る前に心がスッと整うように。

地元の工場でつくられたそれぞれの文房具は、1000度以上の炉に入れた後に、職人さんたちの熟練した旋盤技術によって、一つひとつ整えられています。

どんな人たちが、どんな想いを込めて手がけたものなのか、ひとつのモノを設計している余韻や価値まで届けることが、選ぶ理由になる。それを体現するから『物外設計』、というワケです。

いかがです? このセンスあるアイテムを実際にチェックしに、次の台湾旅の計画に含めておきたくなりません?

Top image: © 2018 Y STUDIO
行きたい、食べたい、楽しみたい……台湾の話

関連する記事

ドイツの筆記具ブランド「stilform」より、グッドデザインな万年筆「stilform INK」が登場。
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
忠孝新生駅(台北市内)近くの『Plain Stationery Homeware & Cafe』。生粋の文具マニアであるタイガー・シェンの有名文具店ではク...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
発酵食品仕込み教室「神楽坂発酵美⼈堂」が、天然のヒト型セラミド配合した「オーガニック セラミド甘酒」をリニューアル発売。
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
東日本大震災で甚大な被害を受けた陸前高田市の復興を願い、筆記具メーカー「MONTBLANC」がチャリティーオークションを実施する。対象となる商品は、あの“...
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
「アシックス」は、これまで廃棄されていた衣類を活用した100%リサイクル素材のエコバッグ「GREEN BAG」を発売。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
毎年夏に「代々木公園」でおこなわれていた「台湾フェスタ」がオンラインで開催決定。「カバランウイスキー」や「サンマイクラフトビール」のテイスティング会、「ほ...
台湾・九份は日帰りで遊びに行くより泊まるのがオススメ! だけど宿選びには気をつけて。条件をかねていて、九份に行ったら泊まりたい! と思えるの宿がここ、『山...
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
小籠包、魯肉飯、牛肉麺、タピオカミルクティーにかき氷。それぞれお気に入りの専門店があるはず。でも、台湾庶民の味ならばコチラ!
次の台湾旅は、ちょっと南下して「台中市」に泊まってみては?バリ島よろしくリーズナブルでありながら、リゾート感満載の台湾のモーテルは、家族連れや友達同士でも...
台湾発の「machi machi」は、丁寧に抽出した台湾茶に塩味の効いたチーズクリームをのせたチーズティーの専門店。台湾ではすでに人気上昇中。6月26日に...
台湾での買い物や街歩きって楽しいけれど、ガイドブックでよく見る観光地にはもう飽きたな。お土産も似通うし。そんな人に行ってみてほしい、台中の「綠光計畫」。
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
食堂でも屋台でも夜市でもない、台湾家庭の味を伝える「台湾キッチン かのか」。薬膳鍋がうまい!
去年の10月から教育部(教育省)で議論されている台湾での英語公用語化。実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が8月末に報じました。
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。
やっぱり年齢を感じさせないファッションスタイルが特徴的ですね。
台湾に3600店を展開する「ファミリーマート」で、大豆、えんどう豆、しいたけ、米を主原料とする香港発の植物性ミート「OMNIPORK」を使用したインスタン...
台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。
台湾の総統府に宿泊できるという企画が発表され、申し込み受け付けが開始された。応募要項にはSNSに関連するいくつかの条件や事項などが含まれている。
台湾の人気食雑貨セレクトショップ「神農生活」1号店が、大阪「あべのハルカス近鉄本店」に2020年秋オープン。バイヤーが台湾全土を回り“おいしさ”や“安心、...