「洗濯物を畳むのだけは苦手」だったパパが開発したマシーンのその後

以前、TABILABOでも紹介した、全自動洗濯物折り畳みマシーン。見るからに便利そうなこの家電が、多くの人の熱い支持と長い開発期間を経て、とうとう2017年末に予約開始とのこと。

じつは、このマシーンを開発したGal Rozovさんは、働く奥さんと一緒に3人の子どもの面倒を見る「子育てパパ」。完成するまでの道のりは、想像よりも長く険しいものでした。

あらゆる家事のなかで
洗濯物畳みが一番苦手だった…

3778cfad829601d877d4ab7d505ca086580c9b8f

「開発したきっかけ?それはとてもシンプルだよ。もうとにかく洗濯物を畳むのが本当に苦手だったんだ。数ある家事のなかでも一番苦手だよ。

妻と家事の分担を決めたとき、どっちも洗濯物を畳むのがイヤで、押し付け合いになったくらいさ。結局僕がやることになったんだけど、妻は1回も僕の畳んだ洗濯物にOKを出さなかった。しかも子どもは3人いるんだ。わかるだろう?洗濯物はいつでも山積みさ!

家事を手伝ってくれる家電は、世の中にたくさんある。食器洗い機にも乾燥機能がついているし、ロボット掃除機はあいかわらずの大人気だ。洗濯機も乾燥までやってくれる。

それなら、洗濯物を畳むところまでやって欲しい、と思うのが普通だろ?

いろいろ調べた結果、一応ないわけではないということがわかったんだけど、とても一般家庭に置けるようなものじゃなかった。それならもう自分で作るしかない、と思ったのさ」

会社をやめてから苦節7年。
ようやく出荷の見通し

Ab4d626586ce7d39dc8af57a7766809072a1cbfa

Rozovさんは元々ソフトウェア開発の仕事をしていましたが、2010年に思い切って退職。イスラエルに渡り、どうやったらこの洗濯物折り畳みマシーン「FoldiMate」がつくれるか、研究を重ねました。

2012年にはアメリカ・シリコンバレーに引っ越し、起業。2013年には機械的に洗濯機を折り畳む方法で特許を取得し、そして2016年、家族や友人たちから集めた資金を元手に、ようやく初期のプロトタイプが完成しました。

2017年末には予約を受け付けを開始し、2018年末には出荷開始となる見通しとのこと。会社を辞めてから現在まで7年の歳月を経て、Rozovさんの夢はとうとう実現しようとしています。

事前登録している人の数は、すでに20万人。Rozovさんの夢は、世界中の洗濯物畳みに苦しむ人たちの夢でもあったわけです。

こちらの公式ウェブサイトから事前登録が可能です。では最後に、600万回も再生されているこちらの動画も見てもらいましょう。

Licensed material used with permission by FoldiMate
取り込んだ洗濯物をすぐにたたまず、バサッと床に置いておくだけでは、せっかくキレイに洗った衣類にまた汚れやシワが付いてしまう。かといってキレイにたたむには、...
「Sous La Vie」は、ホームレスになってしまった人にも美味しくご飯を食べて欲しいという思いから考案された製品です。
みなさん「エクササイズ」してますか?定期的な運動はカラダにもいいし、ストレス発散にもなります。ただ、運動が大事ってことは分かってるんだけど、仕事は忙しいし...
「METAPHASE」という名の漫画がある。自閉症の息子、Ollie君のパパが自分で描いたものだ。理由は、既存のものを探しても「どうしても読ませたいと思う...
人類初の民間月旅行の発表後、イーロン・マスク邸ではスペシャルディナーが開催されていました。そこで出された食べ物は、まさかの◯◯だった!
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
節約、とくに水道代について考えたことは? 水道代は段階式に値段が上がっていくので一概には言えませんが、相場を見ると1リットルあたり約0.25円が平均となっ...
息子がいるStåle Gerhardsenさんは、育児休暇中に起きたできごとを思い出に残そうと、息子との日々をイラストに描いている。描きためた絵は本になっ...
持ち運びやすい袋に洗濯板の機能を組み込むことができないか?というアイデアのもと、開発されたのが「Scrubba Wash Bag」です。
以前旦那にプレゼントしたシャッツ。せっかく気持ちを込めたものなのに、縮んだからもう着れないと捨てられそうなところを発見。娘のためにリメイクしてSNSに写真...
チューインガムの原材料を見直したら、必要なのは6つだけだった。
出先でコーヒーこぼしちゃった!でも、この後大事な約束が…。そんな時にめちゃくちゃ役立つアイテムが登場しました。使い方がカンタンな上に、かかる時間が最短30...
今すぐ自宅の洗濯槽を洗わずにはいられなくなる―。今回はそんな動画をご紹介。用意するのは、過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)とお湯のみ。実は、これらを使うだけ...
カナダに住むJustin Simardさんが、スーパー『Sobeys』の駐車場で思わぬ「男女差別」と出会った。それは、妊婦もしくは、赤ちゃんを連れたママ専...
旦那さんが生まれてきた娘をこんなに可愛がって、張り切った成長記録をつくっているなんて、やっぱり嬉しいものではないでしょうか。茶目っ気とユーモア溢れる、パパ...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
ひとり暮らしやアウトドアには最適かも?足で踏むだけで使える、小型の洗濯機が話題!「Drumi」は電気が要らない超お手軽サイズのドラム式洗濯機。動画を見てみ...
洗濯をするたびに、環境破壊に繋がる行為をしていたなんて…。私にはまったく悪気がなかったけれど、そんなこと言われたら使うしかないじゃない。このコロコロした手...
一瞬見ただけで、思わず顔がほころんでしまった。フォトグラファーのGuy Vainerは1歳になる双子の父親なのだけど、自分の子どもたちを愛しすぎて彼のIn...