落札額は全額陸前高田市へ。「奇跡の一本松」から生まれた万年筆、チャリティーオークションに出品

東日本大震災で甚大な被害を受けた陸前高田市の復興を願い、筆記具メーカー「MONTBLANC」がチャリティーオークションを実施する。対象となる商品は、あの“奇跡の一本松”から作られた万年筆、「モンブランマイスターシュテック 奇跡の一本松」だ。

「保存より復興のために…」
試作モデルをオークションへ

今回出品される万年筆は、2015年3月11日に日本国内のみで113本限定販売され即日完売となったものと、同企画で製造された試作モデルだ。同社によると、記者発表会やテレビ番組でのプロモーション用に発売前に作られたものだそう。そのため、インクの充填や試し書きはされたものの、その他仕様は変わらない。

もともと、永年保存が決まっていた試作モデルの万年筆だが、あの震災から5年の節目に陸前高田市のさらなる復興を願い、今回のチャリティーオークションの実現に至ったという。

落札額は全額、
陸前高田市へ寄付

枯死により切り落とされた松の枝を使って万年筆を作りたい──。2012年「奇跡の一本松」復元プロジェクトを指揮していた戸羽太陸前高田市長は、「断られるのを覚悟でMONTBLANCに協力を依頼した」と当時の心境についてインタビューに答えた。

市の情熱は同社の心を動かすには十分だった。MONTBLANC社は、想いの詰まった枝をドイツ・ハンブルグの本社へと持ち帰り、3年余りの歳月をかけて、特別限定万年筆「モンブランマイスターシュテック 奇跡の一松」を生み出した。

113本の万年筆にはシリアルナンバーが刻印され、No.1は陸前高田市へと送られた。ほか112本は震災4年目の当日のうちに完売し、売り上げの20%も同市の復興のためにと寄付された。今回のオークションによる最終落札額も、全額陸前高田市に寄付する予定だという。

入札締め切りは
3月25日(金)18時まで

陸前高田市と東北の想い、さらには創業110年の伝統とクラフトマンシップが融合した万年筆。最低入札価格は、2015年に販売された112本と同じ48万1,000円から。特別な意味と価値を内包した筆記用具は、決して安価なものではない。

今回のチャリティーオークションに興味ある人は、入札ガイドラインを確認の上、こちらから入札フォームがダウンロードできる。

入札条件は3つ。

・日本国内在住者であること

・個人であること

・転売目的ではないこと

Licensed material used with permission by MONTBRANC
他の記事を見る
1989年に崩壊したベルリンの壁。あれから30年……。記念としてその一部が、3月にオークション出品されることとなりました。
40年ほど前に発売されたAppleのパソコン「Apple I」がオークションにかけられ落札。実際に動いている様子を動画で見ることができます。マニアにはたま...
あなたは、1日何通のメールを送りますか?あなたの部署を合計すると?会社全体では?毎日、世界中で数え切れないくらい送られている電子メール。それは、全世界合わ...
先日、20万キロを走行した1996年式のホンダ・アコードに、「eBay」のオークションで驚愕の値段が付きました。その額は、約1,700万円!出品者は、どん...
気持ちも温まるホットチョコレートを飲めるカフェ。晴れた日に、ふらっと立ち寄りたい『COFFEE SUPREME TOKYO』は公式サイトにも、Instag...
壊れてしまったモノに、美しさという付加価値をつけて、新たな命を吹き込む「金継ぎ」。アーティストTatiane Freitasさんが手がけた作品は、日本文化...
ここ3、4年でフリマアプリが急激に広まったことで、そういった取引はもっと活発になったようにも思う。けれど、さすがに女性の『初体験』をオークションにかけるサ...
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
アメリカで“セクシーすぎる”20代のイケメン医師が、自分の魅力を最大限に活かした奇想天外なチャリティーを実施中。「一番多く寄付してくれた女性とデートします...
野球カード、スターウォーズグッズ、超合金。この3つの共通点は、超がつくほどのコレクターが世界中にいることですが、ここにiPodが加わるかもしれません。実は...
都会の真ん中で緑に癒される焙煎カフェも併設した南青山の話題スポットSHARE GREEN MINAMI AOYAMA〒107-0062 東京都港区南青山1...
ここで紹介するのはアイルランドのキュートな農夫カレンダー。社会貢献が目的で製作されました。ちなみに、2019年は10作目の発表なんだとか。(知らなかった!)
ここに登場する絵は、すべてイラストレーター高田美穂子さんによって描かれた「挿絵」です。小説の主役は、言うまでもなく「物語」そのもの。けれど、こうして文芸誌...
なんとも海外らしいイベントがある。参加者がほぼ全裸になり走るというチャリティーラン。しかし目的は至って真面目。絶滅してしまうのではと危惧されているトラを守...
世界的に見ても、優秀な学校として名高いイギリスのウォーリック大学。そのボート部が毎年リリースしているチャリティカレンダーが話題になっていますが、ご覧の通り...
アーティストの小野川 直樹さんの作品である盆栽と小さな折り鶴を一体化させた『鶴の樹』シリーズ。静かなのに、生命力を感じるこの作品。3.11を体験した小野川...
2月の「Black History Month」に合わせて、アメリカで発表されたAdidasのコレクション。それに対して、SNSを中心に多くの疑問の声が上...
あなたの周りに、11月になると急に口ひげを蓄え始める外国人の友人はいませんか?日本ではまだあまり知られていませんが、じつはこれ「MOVENBER」と呼ばれ...
イギリスのあるチャリティーショップに、匿名で寄付されたウェディングドレスが話題を呼んでいます。その理由とは?思わず涙!ドレスに付けられた感動的なメモ件のウ...
ひたすら文房具(ほとんどがアンティーク)をアップし続ける気になるアカウント。
全裸でピッチに立つ女性たちは、オックスフォード大学の女子ラグビーチームです。もちろん、このまま試合に臨んだりはしませんが、彼女たちがこの姿でプレイしてるの...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
うら若き乙女たちが、惜しげも無く裸を披露!しかも、写真をカレンダーにして販売していたそうです。一体何ゴト?じつはこれ、シドニー大学で30年間も続いている毎...
食べられるインクや、懐かしのペンまで自由に使える表参道で人気を集める「文房具カフェ」 文房具カフェ〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目8-1htt...