落札額は全額陸前高田市へ。「奇跡の一本松」から生まれた万年筆、チャリティーオークションに出品

東日本大震災で甚大な被害を受けた陸前高田市の復興を願い、筆記具メーカー「MONTBLANC」がチャリティーオークションを実施する。対象となる商品は、あの“奇跡の一本松”から作られた万年筆、「モンブランマイスターシュテック 奇跡の一本松」だ。

「保存より復興のために…」
試作モデルをオークションへ

今回出品される万年筆は、2015年3月11日に日本国内のみで113本限定販売され即日完売となったものと、同企画で製造された試作モデルだ。同社によると、記者発表会やテレビ番組でのプロモーション用に発売前に作られたものだそう。そのため、インクの充填や試し書きはされたものの、その他仕様は変わらない。

もともと、永年保存が決まっていた試作モデルの万年筆だが、あの震災から5年の節目に陸前高田市のさらなる復興を願い、今回のチャリティーオークションの実現に至ったという。

落札額は全額、
陸前高田市へ寄付

枯死により切り落とされた松の枝を使って万年筆を作りたい──。2012年「奇跡の一本松」復元プロジェクトを指揮していた戸羽太陸前高田市長は、「断られるのを覚悟でMONTBLANCに協力を依頼した」と当時の心境についてインタビューに答えた。

市の情熱は同社の心を動かすには十分だった。MONTBLANC社は、想いの詰まった枝をドイツ・ハンブルグの本社へと持ち帰り、3年余りの歳月をかけて、特別限定万年筆「モンブランマイスターシュテック 奇跡の一松」を生み出した。

113本の万年筆にはシリアルナンバーが刻印され、No.1は陸前高田市へと送られた。ほか112本は震災4年目の当日のうちに完売し、売り上げの20%も同市の復興のためにと寄付された。今回のオークションによる最終落札額も、全額陸前高田市に寄付する予定だという。

入札締め切りは
3月25日(金)18時まで

陸前高田市と東北の想い、さらには創業110年の伝統とクラフトマンシップが融合した万年筆。最低入札価格は、2015年に販売された112本と同じ48万1,000円から。特別な意味と価値を内包した筆記用具は、決して安価なものではない。

今回のチャリティーオークションに興味ある人は、入札ガイドラインを確認の上、こちらから入札フォームがダウンロードできる。

入札条件は3つ。

・日本国内在住者であること

・個人であること

・転売目的ではないこと

Licensed material used with permission by MONTBRANC
海に沈めた酒が漁師の間でおいしいという話があり、実際に科学的な分析を実施したところ、まろやかさやうま味が増すことが判明。お酒は岩手の酒蔵「酔仙酒造」の吟醸...
先の大雨で甚大な被害を受けた千葉県君津市「亀山湖」を救うべく有志のストリートブランドやメーカーが立ち上げたチャリティー企画「SAVE LAKE YAMEY...
1989年に崩壊したベルリンの壁。あれから30年……。記念としてその一部が、3月にオークション出品されることとなりました。
日本にはないイギリスのチャリティー・ショップの紹介です。なんで日本にはないのでしょう?
外食が途絶え、およそ80,000杯分(約2万L)のビールが消費されずに余剰となった今春。これを廃棄するのではなく、新たにクラフトジンとして蘇らせるプロジェ...
現代アーティストKAWSが、「Black Lives Matter」運動の支援として、チャリティー企画をおこなうことを発表。自身のWebサイト「KAWSO...
「ハーバード大学」デザイン研究科の学生と卒業生の団体が、建築家や芸術家の作品を募り、オンラインでチャリティセールを開催。すべての売上は差別撲滅運動に力を入...
40年ほど前に発売されたAppleのパソコン「Apple I」がオークションにかけられ落札。実際に動いている様子を動画で見ることができます。マニアにはたま...
あなたは、1日何通のメールを送りますか?あなたの部署を合計すると?会社全体では?毎日、世界中で数え切れないくらい送られている電子メール。それは、全世界合わ...
イタリアの国家財産庁が、現在、歴史的な国有財産の一部をオークションに出品中。売却によって得たお金は、2.3兆ユーロにも及ぶ公的債務の返済に充てられるとのこと。
コロナ感染対策の措置として、酒類の販売禁止に踏み切った南アフリカ。これにより、国外での販売経路を完全に断たれた南アのワイナリーたち。海外マーケットに頼る他...
マイケル・ジョーダンが1985年のルーキーイヤーに実際にゲームで着用した「エア・ジョーダン 1」がサザビーズオークション出品。最高落札額は2000万円を突...
「日本ミャンマー・カルチャーセンター」所長が語る、高田馬場・リトルヤンゴンの誕生の理由と歴史、そして未来。
2020年4月18日(土)、新型コロナウイルスと戦う人々を支援するためのライブイベント「One World: Together at Home」がオンライ...
先日、20万キロを走行した1996年式のホンダ・アコードに、「eBay」のオークションで驚愕の値段が付きました。その額は、約1,700万円!出品者は、どん...
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
カオナシが持っているお皿にコインを載せると、コインを食べて貯金してくれる「千と千尋の神隠し カオナシむしゃむしゃ貯金箱」。だけど、このなんともいえないシュ...
ここ3、4年でフリマアプリが急激に広まったことで、そういった取引はもっと活発になったようにも思う。けれど、さすがに女性の『初体験』をオークションにかけるサ...
ミャンマーの人々が集う高田馬場・リトルヤンゴンのグルメやショッピング、魅力的なカルチャーをリポート。
アメリカで“セクシーすぎる”20代のイケメン医師が、自分の魅力を最大限に活かした奇想天外なチャリティーを実施中。「一番多く寄付してくれた女性とデートします...
Bansky(バンクシー)は、イギリスのオークション「Sotheby's」に本人自らアート作品「MEDITERRANEAN SEA VIEW 2017」を...
「MONTBLANC(モンブラン)」は、アンディ・ウォーホルやマイルス・デイビス、あるいはジョン・F・ケネディといった各界のレジェンドたちをイメージした筆...
有名写真家がかつてない規模で参加するチャリティイベント「Anti-Racism Photo Fundraiser」が開催中。イギリスで起きている人種差別を...