台湾の「夜市で食い倒れ」は、空港で

台湾・桃園国際空港のグルメといえば、だいたい注目されるのは第2ターミナル。大きなフードコートが地下2階と4階に広がっているだけでなく、2階にある『COME BY TEA』のオープンカフェも有名です。

ところが、タイガーエア、ジェットスター、エアアジア、ジンエアー、スクートなど、多くのLCC利用者が使うのは第1ターミナル。日本から3時間以内で行ける国だからこそ、LCCを使う人も多いはず。乗り継ぎだって、格安ですし。けれど安いかわりに、トランジットの時間が長いのもよくあること。

安く賢い旅をするなら、むしろ第1ターミナルの“美味しい情報”を握っていることが重要なのです。桃園国際空港でのトランジット飯は、夜市のようなフードコートで食い倒れ!

時間を気にせず、
空港で食い倒れるって最高……。

第1ターミナルにあるフードコートは、台湾各地に店舗をもつ食品専門店『新東陽』がマネジメントしているという『新東陽美食廣場(新東陽フードコート)』

台湾料理店やタピオカ専門店はもちろん、ベーカリー、中華、ハンバーガーショップなど10店舗以上がぎゅっと集まっています。美味しい匂いが漂っているし、目移りしてしまうけれど、まずはこれ、『熊厚呷』の名物のフライドチキン。そして生ビール!

© 2018 TABI LABO
© 2018 TABI LABO

グビッといきましょう。「くう〜〜〜!!!」

© 2018 TABI LABO

台湾の街では、本当にフライドチキンを食べている人をたくさん見かけます。夜市でも超人気のB級グルメ! 空港で唯一味わえるのが、『熊厚呷』なんです。
ひとくちサイズで食べやすいし、お肉に絡んだ台湾バジル(九層塔)の香りが「アジア旅きた〜!」と実感させてくれる一品。

LCCを使う場合、座席の間隔が狭かったり、深夜便・早朝便も多い。疲れが溜まった状態で、空港で長時間過ごさなければいけないからこそ、ビールは正義です。
そしてフライドチキンを片手にした時、ほんのり湧き上がる背徳感は最高のスパイス。

「とりあえず一杯🍻」が終わったら、次は「貢丸」と呼ばれる肉団子や、「米粉」と呼ばれるビーフンが有名な『海瑞摃丸』へ。お肉がぎっしり詰まった団子は、想像以上にプリップリですよ。
ピーク時には長蛇の列ができているから、一杯飲んで、ちょっと遅めの時間を狙うのがちょうどいい。

この肉団子とビーフンは、台北から車で1時間ほど離れた場所にある新竹市の名物。新竹はIT企業や工場が集まっているため、「台湾のシリコンバレー」と呼ばれることもあるそう。
ビジネストリップならともかく、観光客にはあまり馴染みのないエリアです。だからこそ、本場の味を空港で味わおうと、多くの人が『海瑞摃丸』を目当てにフードコートに集まるんですね。

空港内の冷房がすごく強くて、半袖でいると寒いくらいだからこそ、出来立てのほかほか焼きビーフンと、ダシのきいたスープがちょうどいい。ホッと肩の力が抜けていきます。

最後は、『CoCo 都可』のタピオカミルクティーをテイクアウト。顔の大きさほどあるので、チェックインの待ち時間のお供にはぴったり。
1980年代に台湾で生まれ、日本を含む世界各国に、タピオカブームをもたらした一杯。
タピオカ自体は日本でも飲むことが出来るけれど、本場だと美味しさもひとしお。この国に来たら、やっぱり飲まずには発てないものです。

『新東陽美食廣場』では、最初のビールからデザートまで、夜市感覚で周りながら、あれこれ選ぶのが断然楽しい!
空路で寄っただけでも“台湾旅のおたのしみ”をこなせてしまうってわけです。

紹介した3店以外にもお店はたくさんあるから(コンビニも)、色んな台湾フードを味わいながらフライトを待つのが正解です♡

『新東陽美食廣場』

所在地:台湾/台湾桃園国際空港

©viewfinder / Shutterstock.com
行きたい、食べたい、楽しみたい……台湾の話

関連する記事

空の旅も乗り継ぎ時間をどう過ごすかは永遠の課題。そんなとき空港内のグルメな情報があれば、きっとただの待ち時間から、美味しい時間になるはず。
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
車に直接連結できるカーテント「CAREX(カーレックス)」。
世界第3位に輝くメキシカンサンドウィッチ=トルタをだすお店『TORTAS Frontera(トルタスフロンテア)』。シカゴのオヘア国際空港でオススメです。
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...
「ワールドエアポートアワード」で、7年連続1位に選ばれているシンガポール・チャンギ国際空港。東南アジアを結ぶハブ空港でのオススメは『Collin's (コ...
乗り継ぎ時間のケアいらずで、三ツ星シェフの味を堪能できるフェウミチーノ空港の『Attimi By Heinz Beck(アッティミ・バイ・ハインツベック)』。
エルサルバドルの若者たちの更生などを間接的に支援できるサステナブルなトートバッグがクラウドファンディング「Fannova」で販売中。
この国の「安うまグルメ」から抜け出すことは、容易ではない!
航空業界調査・格付け会社「SKYTRAX」が、世界の空港ランキング「世界ベスト空港2020(World’s Best Airport in 2020)」を発表。
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第7回は「地元の人で溢れるおすすめ朝食スポット3軒」をご紹介!
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
世界でも3番目に忙しい空港と言われるダラス・フォートワース国際空港。「テキサスきたー!」のイメージ通りな『Cousin's BBQ(カズンズ バーベキュー...
毎年夏に「代々木公園」でおこなわれていた「台湾フェスタ」がオンラインで開催決定。「カバランウイスキー」や「サンマイクラフトビール」のテイスティング会、「ほ...
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第8回は、言わずと知れた台湾一のパワースポット「龍山寺(ロンシャンスー)」について。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
カナダに暮らすJahmaul Allenさんは、働いているトロント・ピアソン国際空港でちょっとした有名人なんです。そのワケは飛行機を先導するときにダンスを...
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
今ではすっかり有名な、煙草工場の跡地を利用して作られた巨大なアート空間「松山文創園区」や酒工場の跡地をリノベーションした複合施設「華山1914」だってもち...
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。