世界で3番目に多忙なダラス空港利用者たちのエネルギー源とは?

サボテンの向こうに荒馬にまたがったカウボーイ。ロープをぐるぐるまわして牛を追いかけるスタン・ハンセン……そんなワイルドなイメージしか浮かばずにやってきました。テキサス州にありますダラス・フォートワース国際空港

西海岸のL.A.や東海岸はニューヨークといった都市を入口にして旅をすることはあれど、その2都市の中間くらいに位置するダラスを訪れるのはそうそうないかも。

ですが、ここ、世界でも3番目に忙しい空港と言われます。ハブ空港として北米や中米、南米への多くの乗り継ぎフライトを利用する方も多いのが特徴。
海外取材の都合で乗り換え利用することになりましたが、お土産を買うのも食事をするのにも困ることはないくらい大規模な空港。

そんなダラスの空港で見つけたトランジット飯が、『Cousin's BBQ(カズンズ バーベキュー)』。単純すぎたイメージを裏切らない、「テキサスきたー!」を感じさせてくれるスポット。

Low&SlowなテキサスBBQ
実は日本でも大人気です

© brian66motorpalace/instagram
© cousinstxbbq/instagram

ご存知ない方に説明しておくと、アメリカンBBQの中でも、“Low&Slow(低い温度でゆっくり燻製)”を特徴とするテキサスBBQは、日本のレストランでも大人気。独自の燻製により牛肉、豚肉、鶏肉などあらゆるお肉を美味しく柔らかく仕上げることのできる調理法で仕上げられます。

ダラスといったら他には、JFK(暗殺事件の現場)かNFLダラス・カウボーイズくらいしか情報がなかった自分。ワイルドなこのバーベキュー肉を食べずに、この土地へ降りた思い出は残せないと思ったわけです。

© jumpinsalmon/instagram
© edrbrousssrd/instagram

メインのお肉の種類・量を選んだら、サイドディッシュも。
盛り付けはドドーンで「カーモン、ベイビー、アメリカ!」と叫んでしまいますよ!……はい、話のほうも盛りました(謝)。

SNSで思い出ログを共有するには、いい写真が撮れるのは間違いありません。

© panda_q91/instagram

味については、「がっつりしたテキサスバーベキューですね」ってポーションについての言葉が残るばかり。特別に挙げるポイントがないのも正直な意見(笑)。
ただ、これを食べれば確実にエネルギーも満タンになるはず。

見渡せば、アメリカ大陸を東西南北へ飛ぶであろうシャツ&ネクタイのビジネスマンたちも多くいるこの空港。きっと、次の商談に向けて皆さんこのバーベキューでパワーつけているんでしょうね。

旅でも、仕事でも、取材でも、次の目的地へ向けて、ここ「カインズ バーベキュー」で食事をすれば、馬車馬のように働ける
トランジットってそういう利用もありじゃないでしょうか。

©WKanadpon/Shutterstock.com
Top image: © TABI LABO

『Cousin's BBQ』

所在地:アメリカ/テキサス州/ダラス・フォートワース国際空港

世界第3位に輝くメキシカンサンドウィッチ=トルタをだすお店『TORTAS Frontera(トルタスフロンテア)』。シカゴのオヘア国際空港でオススメです。
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
「カランダッシュ」は、エスプレッソマシンメーカー「ネスプレッソ」の「セカンドライフプロジェクト」のパートナーとして、「849 カランダッシュ+ネスプレッソ...
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
乗り継ぎ時間のケアいらずで、三ツ星シェフの味を堪能できるフェウミチーノ空港の『Attimi By Heinz Beck(アッティミ・バイ・ハインツベック)』。
台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。
バンコクのスワンナプーム国際空港は、混雑具合がえげつない! なので、目指すべきは『Magic Food Point』。ひっそり存在するお得な食堂があります。
12月1日〜25日の間、『FANZA(ファンザ)』が特別企画『TOKYO・LOVE・TREE』を実施します。「一緒に見るだけでお互いに惹かれ合う」をコンセ...
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
Virgin Holidaysのパッケージツアーを申し込んでいれば、誰でも無料で遊び放題です。
Wi-Fi、飛んでる?いつしか、そんな言葉が海外旅行へ行ったときの決まり文句になりました。とくに、現地に到着してすぐ、空港でインターネットを使いたい人も多...
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
大阪の空の玄関口、伊丹空港―。その滑走路から飛び立とうとする飛行機の写真が、ロマンチックすぎる!と大きな話題に。Twitterでは、絵やCGだと思ったとい...
空港での時間のつぶし方を人にたずねると、その選択肢は意外と少ない。カフェやバーで飲んだり食事をするか、免税店を見て回る、もしくは早々に搭乗口へ向かい、タブ...
「シンガポール・チャンギ国際空港」がさらなる進化を果たし、世界一の座を揺るがないものにしようとしています。
世界の空の旅に新たな選択肢をもたらしたローコストキャリア(LCC)の台頭で、格安旅行の醍醐味は増した。コストパフォーマンスを考えれば、機内食の削減も、手荷...
本日10月29日(月)は、トルコの建国記念日。そのタイミングで、首都イスタンブールに世界最大規模の新空港が開港しました。
9月27日のアイルランド・ダブリン空港では、驚くべきことをした男性がいました。
「AirPod」は、大人1人が数時間を過ごすのに、大きすぎず小さすぎない空間になっている。ベッド以外にも、デスクやテレビがついているという。