世界で3番目に多忙なダラス空港利用者たちのエネルギー源とは?

サボテンの向こうに荒馬にまたがったカウボーイ。ロープをぐるぐるまわして牛を追いかけるスタン・ハンセン……そんなワイルドなイメージしか浮かばずにやってきました。テキサス州にありますダラス・フォートワース国際空港

西海岸のL.A.や東海岸はニューヨークといった都市を入口にして旅をすることはあれど、その2都市の中間くらいに位置するダラスを訪れるのはそうそうないかも。

ですが、ここ、世界でも3番目に忙しい空港と言われます。ハブ空港として北米や中米、南米への多くの乗り継ぎフライトを利用する方も多いのが特徴。
海外取材の都合で乗り換え利用することになりましたが、お土産を買うのも食事をするのにも困ることはないくらい大規模な空港。

そんなダラスの空港で見つけたトランジット飯が、『Cousin's BBQ(カズンズ バーベキュー)』。単純すぎたイメージを裏切らない、「テキサスきたー!」を感じさせてくれるスポット。

Low&SlowなテキサスBBQ
実は日本でも大人気です

© brian66motorpalace/instagram
© cousinstxbbq/instagram

ご存知ない方に説明しておくと、アメリカンBBQの中でも、“Low&Slow(低い温度でゆっくり燻製)”を特徴とするテキサスBBQは、日本のレストランでも大人気。独自の燻製により牛肉、豚肉、鶏肉などあらゆるお肉を美味しく柔らかく仕上げることのできる調理法で仕上げられます。

ダラスといったら他には、JFK(暗殺事件の現場)かNFLダラス・カウボーイズくらいしか情報がなかった自分。ワイルドなこのバーベキュー肉を食べずに、この土地へ降りた思い出は残せないと思ったわけです。

© jumpinsalmon/instagram
© edrbrousssrd/instagram

メインのお肉の種類・量を選んだら、サイドディッシュも。
盛り付けはドドーンで「カーモン、ベイビー、アメリカ!」と叫んでしまいますよ!……はい、話のほうも盛りました(謝)。

SNSで思い出ログを共有するには、いい写真が撮れるのは間違いありません。

© panda_q91/instagram

味については、「がっつりしたテキサスバーベキューですね」ってポーションについての言葉が残るばかり。特別に挙げるポイントがないのも正直な意見(笑)。
ただ、これを食べれば確実にエネルギーも満タンになるはず。

見渡せば、アメリカ大陸を東西南北へ飛ぶであろうシャツ&ネクタイのビジネスマンたちも多くいるこの空港。きっと、次の商談に向けて皆さんこのバーベキューでパワーつけているんでしょうね。

旅でも、仕事でも、取材でも、次の目的地へ向けて、ここ「カインズ バーベキュー」で食事をすれば、馬車馬のように働ける
トランジットってそういう利用もありじゃないでしょうか。

©WKanadpon/Shutterstock.com
Top image: © TABI LABO

『Cousin's BBQ』

所在地:アメリカ/テキサス州/ダラス・フォートワース国際空港

世界の“おいしい”乗り継ぎ、ここにあり!
空の旅も乗り継ぎ時間をどう過ごすかは永遠の課題。そんなとき空港内のグルメな情報があれば、きっとただの待ち時間から、美味しい時間になるはず。
世界第3位に輝くメキシカンサンドウィッチ=トルタをだすお店『TORTAS Frontera(トルタスフロンテア)』。シカゴのオヘア国際空港でオススメです。
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...