シカゴで地元飯としてメキシカンサンドを選んでしまう

離着陸回数で世界一、二を争うシカゴの大空港、オヘア国際空港
飛行機が飛び立つ回数が多いということは乗り継ぎ利用も多く、そのサービスも充実しています。

そんな空港でオススメするトランジット飯は、アメリカの真ん中シカゴですがメキシカンサンドウィッチ=トルタをだすお店、『TORTAS Frontera(トルタスフロンテア)』
ターミナル1にもターミナル3にも店舗があるので、日本人もこの空港を利用した際はすぐに見つけられるでしょう。

シカゴローカルの味がわかる
世界の空港レストラン第3位の店

4873402905001984
©EQRoy / Shutterstock.com

オススメ理由はいくつかあります。
まずひとつ目は、ファストフード的なメニューながら、世界の空港レストランの中で第3位に輝いた実績。

この店舗の創業者は、メキシコに行った折に感動した「あの味」を再現したいと、シカゴのダウンタウンに店を始め、いまでは8店舗に拡大している人気店になっているほど。
そんなメキシカンレストランのトルタやモジェテ(メキシコのパンピザ)、新鮮なグアカモレ(日本ではワカモレで知られるアボガドディップ)が、味わえます。

メインメニューであるメキシコのサンドウィッチ=トルタは、ボリジョと言う楕円のパンに挟み、パニーニのように潰して焼き上げるもので、外はカリッとしていながら、具のチキンや豚肉がアボガドのクリーミーさとマッチしてジューシー。
付属のサルサをつけてビールも一緒に……だなんて気分は遥か遠くのメキシコ、カンクンへ飛んでしまいそう。

Xoco Chicagoさん(@xocochicago)がシェアした投稿 -

© xocochicago/instagram
© lilmoosetracks/instagram

オススメするふたつ目の理由は、その素材のこだわり。
創業者のこだわりで、シカゴローカルのものを使うことを基本としていて、それぞれの材料をどこで仕入れているのかも店頭でわかるようになっています。メキシカンなのに、シカゴローカルの味をちゃんと味わえるってことですね。

わずかな時間でも、降り立った地元を味を知るって、旅の食事には大事なこと。

Sandra Gerltさん(@sandrageewhiz)がシェアした投稿 -

© sandrageewhiz/instagram

@robotarmyがシェアした投稿 -

© robotarmy/instagram

さらに、3つ目の理由として、空港店なら毎日食べるチャンスがあること。
ダウンタウンにある店は、日曜、月曜が休みになっています。多少時間ができたらからと市内にでて店舗に行ってみたらお休みだった……なんてことではがっかり。

それに、この空港、巨大なだけあって移動するのにも大変ですし、利用者も国内のビジネスマンなど多く、トランスファーチェックに時間がかかってしまう。3時間くらいの乗り継ぎではあっという間に次のフライト。

テイクアウトのボックスも愛らしく、インスタにもアップしておきたくなります。
これなら、手短なトランジット飯になっても満足度は高いはず。

© hashtagmichaelolsen/instagram

利用者も多く、その分レストランなども数多く揃うシカゴ・オヘア国際空港。

深さが評判のSTUFFED PIZZAなどシカゴ名物も多くありますが、どこで過ごそうか迷って時間を潰すより、“シカゴで食べるメキシカン”を選択した方が、この土地に来たというログになるのではとオススメする次第。

「TORTAS Frontera」

所在地:アメリカ/イリノイ州シカゴ/オヘア国際空港

5985650805309440
©Songquan Deng / Shutterstock.com
世界の“おいしい”乗り継ぎ
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...
乗り継ぎ時間のケアいらずで、三ツ星シェフの味を堪能できるフェウミチーノ空港の『Attimi By Heinz Beck(アッティミ・バイ・ハインツベック)』。
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
通常、ピルの処方には産婦人科に行って処方箋を発行してもらう必要がありますが、Nurxは簡単な質問に答えて、身分証明書をアップロードするだけ。
「あたし、今どう見えてる?くすんでない?」東京に出てきたのは、「東京にいる自分」になりたかったから?地元に帰らないのは、「地元に帰った自分」になりたくないから?
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
世界でも3番目に忙しい空港と言われるダラス・フォートワース国際空港。「テキサスきたー!」のイメージ通りな『Cousin's BBQ(カズンズ バーベキュー...
普段はカリフォルニアを拠点としているわたしですが、久しぶりに東へトリップしてきました。水に囲まれた街「シカゴ」は、日本から直行便で約12時間。1900年代...
台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。
クロアチアの“海底ワイナリー”「Edivo Vina」。普段は一般公開されていませんが、今なら期間限定で行くことができます。11月まで!
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...
「Urban Rivers」が開発しようとしているのは、誰もがインターネットを通じてコントーロできるお掃除ロボットだ。
バンコクのスワンナプーム国際空港は、混雑具合がえげつない! なので、目指すべきは『Magic Food Point』。ひっそり存在するお得な食堂があります。
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
チェコにできたキャッシュレスマーケット。クラフトビールからアパレルショップまで様々なものが売られています。
Wi-Fi、飛んでる?いつしか、そんな言葉が海外旅行へ行ったときの決まり文句になりました。とくに、現地に到着してすぐ、空港でインターネットを使いたい人も多...
世界の空の旅に新たな選択肢をもたらしたローコストキャリア(LCC)の台頭で、格安旅行の醍醐味は増した。コストパフォーマンスを考えれば、機内食の削減も、手荷...
シカゴのイメージといえば、ミシガン湖に面した高層ビル群がパッと思い浮かぶ。けれど、その固定概念をいい意味で破ってくれたフォトグラファーがいます。「新しい視...
ミシガン湖の側にそびえ立つ、344mの超高層タワー「360 CHICAGO」。ここからは、シカゴの街並みや湖畔などの美しい景色が一望できます。特に注目なの...
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第7回は「地元の人で溢れるおすすめ朝食スポット3軒」をご紹介!
大阪の空の玄関口、伊丹空港―。その滑走路から飛び立とうとする飛行機の写真が、ロマンチックすぎる!と大きな話題に。Twitterでは、絵やCGだと思ったとい...
空港での時間のつぶし方を人にたずねると、その選択肢は意外と少ない。カフェやバーで飲んだり食事をするか、免税店を見て回る、もしくは早々に搭乗口へ向かい、タブ...