夜市よりディープな台湾。「学生街」の自助餐

夜市のジャンクなローカルフードに超人気の小籠包。外せない魯肉飯、牛肉麺も捨てがたい……。マップにピンして有名店をくまなく巡る。これはこれで台湾グルメの愉しみ。

だけど渡航も2度目となれば、定番だけで満足しているわけにはいかない。もう一歩ディープな台湾へと踏み込むためには、学生街を訪れるべし!狙うべきは「自助餐(ジージューツァン)」だ。

とにかく安うま!台式ビュッフェ

©iStock.com/VictorHuang

「自助餐」とは、セルフサービスの食事を意味する言葉。ずら〜っと並んだ料理は、炒め物から煮物、揚げ物、シメの麺飯まで、目移りするほどのおかず・おかず・おかず。

よくあるビュッフェと違うのは、自分でよそうのではなく、こちらは店主に「這個(これ!)」と告げ、皿にどかっと盛ってもらうスタイルだという点。言葉がわからなくたってOK、指差しだけでもオーダーはできる。ただし、食べ放題のバイキングでないことだけは念頭に。

ものにもよるが、野菜はだいたい10元(約36円)程度で、肉や魚を使ったものでも50元くらいなもの。ここにさらにセルフで白米とスープまでついてくるのが学生街。

どうしたって少人数で旅すれば、メイン料理を決めて、行けたとしてももう2〜3品が関の山。ひとり旅なら尚更だ。それが自助餐にかぎっては6品だって夢じゃない。トライしてみたい味を“ちょい食い”する感覚で利用してもいいわけだ。

それにしても、100元もあればお腹がはちきれるほどになるんだから、どれだけ財布に優しいかがわかるはず。もちろん、旅行者だってその恩恵を受けていい。

© iStock.com/Adisa

日本だろうが、台湾だろうが、安くてうまいは学生街に集まる。台北ならば、国立台湾師範大学や台湾大学が集中する公館地区。台南なら、国立成功大学と台南駅を結ぶ育楽街エリアがオススメ。若者たちの欲望と胃袋を刺激する食がそこにある。

地元の学生や家族連れに同化して、お箸とレンゲでかき込むディープな台湾。一度でも自助餐に味を占めると、この国の“安うまグルメ”から抜け出すことは容易でなくなるはずだ。

Top image: © okimo/Shutterstock.com
行きたい、食べたい、楽しみたい……台湾の話
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
次の台湾旅は、ちょっと南下して「台中市」に泊まってみては?バリ島よろしくリーズナブルでありながら、リゾート感満載の台湾のモーテルは、家族連れや友達同士でも...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
「LOWDY」は、革靴とスニーカーの両ステージでキャリアを積んだデザイナーによる2WAY仕様のローファー・スニーカー。
台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
台湾での買い物や街歩きって楽しいけれど、ガイドブックでよく見る観光地にはもう飽きたな。お土産も似通うし。そんな人に行ってみてほしい、台中の「綠光計畫」。
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
9月26日(土)より渋谷区エリア限定の「渋谷区観光協会」公認の”渋谷ご当地クラフトビール“「渋生(しぶなま)」が発売された。
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
今ではすっかり有名な、煙草工場の跡地を利用して作られた巨大なアート空間「松山文創園区」や酒工場の跡地をリノベーションした複合施設「華山1914」だってもち...
台湾・九份は日帰りで遊びに行くより泊まるのがオススメ! だけど宿選びには気をつけて。条件をかねていて、九份に行ったら泊まりたい! と思えるの宿がここ、『山...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第6回は、台湾中に店舗がある人気ドリンクスタンド「50嵐(ウーシーラン)」での、通なオーダ...
司法の場で虐待被害児に寄り添う「コートハウス・ファシリティ・ドッグ(付添犬)」を知っているだろうか?
味とは無関係の理由で、価値が付かずに廃棄されてしまう未利用魚を活用したミールキット「Fishlle!」が登場! 徹底した品質へのこだわりと、環境への配慮が...
2019年1月19日から、コンテンポラリーアーティストKAWSによる巨大なアートが、台湾・台北の中正紀念堂の前に足を伸ばすようなかたちで設置されています。...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第7回は「地元の人で溢れるおすすめ朝食スポット3軒」をご紹介!
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
台湾に来たら多くの人が九份に遊びに来るけれど、日帰りで帰る人の方が圧倒的に多い。だけどあえて1泊して気がついたことは、みんなが帰った後の九份こそ、散策する...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...