外国人が撮影した「サイバーパンク・シティ TOKYO」

これらの写真を見ていて、映画『ブレードランナー』を思い出した。

1982年に公開された作品は、サイバーパンクSFという新ジャンルを確立した。その世界観は、退廃的な近未来。監督のリドリー・スコットが来日した際に訪れた新宿歌舞伎町にヒントを得たとも言われている。

あれから、35年。映画の中のイメージは、現実となった。

TOKYOが
新鮮に見える
不思議さ

6e4edd208c10f165b554b3ba48ddcf73e5634ea4Ece04bdb98720fd217e39a812a409da983600ddfA5f135faaede1b8f304ad2969ec2625b9e794907Ba9332d548613485b5e95ae8d616ee0ec19b9e45A813e2d7242cdd7bb99b1b8dd3d34099285d47c7301671106af8f430de8d04af246a8724ed68cd4eDf860330a9875319911b0b356b16230c781ddd43

一連の写真を撮影したのは、ニュージーランド出身のCody Ellingham。東京のクリエイティブ・エージェンシーで働いているようだ。この写真シリーズは、漂流を意味する「DERIVE」とネーミングされている。地図を持たずにあてもなく街を彷徨いながら、撮影をしたそうだ。

Fb10b556b42381febdce42c2bea6cce45c055bcb08b427525ddf670ac358bb504a9dd853b4ca450bA151196d733c72c42162a33b0a8a17d699833d31

改めて、自分が住んでいる街並みを眺めてみた。外国人というフィルターが1枚かかるだけで、随分と印象が変わるんだよな。見慣れた景色が新鮮に見えてくる感覚は、じつに不思議だ。Codyは、ユニークなコメントを残している。

「僕にとっては、山に登るのも、ビルに登るのも同じさ。どちらにも、静寂な世界が横たわっている」

普段とは、ひと味もふた味も違うTOKYOの姿は、きっと撮影者の意識の違いで生まれてくるんだろう。興味を持った人は、彼のInstagramへ。しばし、幻想的なサイバーパンク・シティTOKYOを鑑賞してみてはいかがだろう?

Licensed material used with permission by Cody Ellingham, (Instagram)
外国人から見ると、東京の路地裏に広がるネオン街は「まるでゲームの世界に飛び込んだ」ような気持ちにさせてくれるとか。撮影したのは、アートとゲームをこよなく愛...
普段何気なく暮らしている東京の街を、外国人が見るとどう感じるのか?こうしたコンテンツは、文化の違いが見てとれるのでかなり好物。「そんなものに興味を示すの?...
「一つひとつが持っている字の意味が合わさって、新たな言葉が作られるところが魅力です。例えば、寺で日の光を見ていると『時』になったり、女性が家(屋根の下)に...
見始めたら最後、写真を探す手が止まらなくなる!
「最高峰の小豆(あずき)・幻の品種」をいただけると聞き、兵庫県の丹波市へ。どうやら小豆界におけるトップオブトップは「丹波黒さや大納言小豆」らしいのです。さ...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
造形物はすべて販売商品。「無印良品(MUJI)」が10,000点の商品を積み上げて東京の街を再現しました。東京都、東京観光財団、そしてMUJIによるコラボ...
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
今、日本には多くの外国人観光客が訪れています。富士山や京都も魅力的ですが、東京にも多くの魅力的な楽しみ方があると彼らは言います。ここでは世界旅行が大好きな...
2016年1月、初めて日本を訪れたイギリス人シネマトグラファーChristoph Gelepさん。5日間の東京滞在、夢中でカメラを回し続けた彼の目に映る東...
ブリリア ショートショートシアター オンラインで無料上映中。
カフェであり、雑貨屋さんでもあり、撮影スタジオでもあり——。そんな空間を沖縄で見つけました。外国人住宅をリノベしている「わわcafE」は、立ち寄るだけでも...
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...
50人分の手描きの「TOKYO」の地図が収められている『TOKYO 35°N』。「Romantic Geographic Archive」シリーズ第一弾書...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。日本人にとっては当たり...
小笠原諸島母島の、美しい動画をご覧ください。
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
フリートラベラー、中村洋太のコラム。英語が苦手でも、身近に外国人がいたら、なるべく話しかけるようにしてきた。そしてそのことが、ぼくの人生を豊かにしてくれた...
『Tokyo from above(上から見た東京)』は、日本を拠点に活動しているタイムラプスクリエーター、Justin Tierneyによる作品。スカイ...
見慣れた日本の風景が、他国と比較するといかに異質なものであるか。そんな事実にハッとさせられる画像を紹介。ヨーロッパと南米の4つの街を「東京化」してみると、...
以前、TABI LABOでご紹介した「BOOK AND BED TOKYO」の1号店が、1月21日にリニューアルして「BOOK AND BED TOKYO...
2020年の東京オリンピック開催に向けて、外国人観光客はさらに増えていくだろう。外国語にはめっぽう弱い日本人にとっては、悩ましい問題でもある。解決作に1つ...
日本にやってきた交換留学生たちが、“コンビニ愛”を自作の歌とともにPVにしました。タイトルはずばり『Konbini Ikou!(コンビニ 行こう!)』。「...