なぜ外国人は、タイムラプス動画のロケ地に「TOKYO」を選ぶのか?

「一つひとつが持っている字の意味が合わさって、新たな言葉が作られるところが魅力です。例えば、寺で日の光を見ていると『時』になったり、女性が家(屋根の下)にいると『安らぎ』になったり。そうしたところに日本文化が垣間見えるのが面白いですね」

漢字の魅力についてそう話すのは、アメリカ人のJustin Tierneyさん。マイブームは雅楽で、自分で蕎麦を打ってしまうほど日本食好きな彼もまた、「TOKYO」を舞台とするタイムラプス動画の撮影者のひとりだ。

ネオン輝く
眠らない街、東京を記録

ゆりかもめから始まり、新宿、渋谷、東京駅へ──。『Tokyo Aglow』は、いわゆる定番をしっかりおさえつつも、自動車からの視点を織り交ぜるなどオリジナリティーが発揮された作品に仕上がっている。

ちなみに、「Aglow」とは「キラキラと輝く」の意。眠らない街、東京の姿がそこに。

ところで最近、この『Tokyo Aglow』以外にも、外国人が撮影した東京をテーマとするタイムラプス動画をよく見かけないだろうか?

「TOKYOでは、
撮影に集中できる」

そもそもタイムラプスとは、何枚もの静止画をつなげて動画にしたもの。数秒に一回シャッターが切れるようカメラを設定し、5〜10時間をかけて撮影したものが、最終的に10〜20秒のタイムラプス作品になるのだそう。

その間、ミリ単位でもカメラが動いてしまうと、すべてが水の泡に。

しかし、Justinさんによると、東京ではカメラが動くようなトラブルの心配がないらしい。

「街中で機材を出しても、まったく危険を感じません。治安が良いので、夜遅くまで撮影したとしてもリスクは低い。安心して撮影に集中することができます。アメリカで同じことをしようとしても、なかなか難しいでしょうね。もちろん、タイムラプスに適した繁華街がたくさんあることも理由の一つです」

「日没の早さも魅力」

さらに、彼にとっては、早い時間に日が沈むことも魅力なのだとか。

「私は夜景のタイムラプスが好きです。故郷である米・コネチカット州では、夏だと21時ごろまで明るい。でも、東京は19時には日が没みます。その分、夜景を撮影する時間を多く確保できるのが嬉しいですね」

上の写真は実際に新宿で撮影中のJustinさん。

「タイムラプス撮影で面白いことは、自分が予期していなかったものを記録できること。偶然起こることこそが、タイムラプスの大きな構成要素になっているのです」とその魅力についても教えてくれた。

つい先日、そんな彼の最新作『In Praise of Shadows』が公開された模様。今回は日本の「交通機関」がテーマ。気になる人はぜひチェックしてほしい。

Licensed material used with permission by Justin Tierney
2016年1月、初めて日本を訪れたイギリス人シネマトグラファーChristoph Gelepさん。5日間の東京滞在、夢中でカメラを回し続けた彼の目に映る東...
普段何気なく暮らしている東京の街を、外国人が見るとどう感じるのか?こうしたコンテンツは、文化の違いが見てとれるのでかなり好物。「そんなものに興味を示すの?...
外国人から見ると、東京の路地裏に広がるネオン街は「まるでゲームの世界に飛び込んだ」ような気持ちにさせてくれるとか。撮影したのは、アートとゲームをこよなく愛...
これらの写真を見ていて、映画「ブレードランナー」を思い出した。1982年に公開された作品は、サイバーパンクSFという新ジャンルを確立した。その世界観は、退...
飲んで、食べて、腕を磨く。渋谷にある「卓球タウン」T4 TOKYO〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目12−16 ASIA BUILDINGhttp...
天井まで届く棚に1300本以上のウィスキー 特別な空間を満喫できる表参道のバーラウンジTOKYO Whisky Library〒107-0062 東京都港...
ニュージーランドで話題のラテが飲めるのはここだけ! 奥渋谷にある日本初上陸のコーヒーショップ Coffee Supreme Tokyo〒150-0047 ...
『Tokyo from above(上から見た東京)』は、日本を拠点に活動しているタイムラプスクリエーター、Justin Tierneyによる作品。スカイ...
世界中のビールファンを熱狂させるデンマークのクラフトビアバーが渋谷に復活Mikkeller Tokyo〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目19-1...
造形物はすべて販売商品。「無印良品(MUJI)」が10,000点の商品を積み上げて東京の街を再現しました。東京都、東京観光財団、そしてMUJIによるコラボ...
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
日本の温泉文化は、外国人にとっては馴染みのないものです。だからこそ、海外から来たお客さんの中には、ルールを知らないまま入浴してしまう人も多いんだとか。そん...
茶室がテーマの泊まれる部屋は全10室渋谷にあるホテル併設型アパレルショップhotel Koé tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町3-7ht...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
50人分の手描きの「TOKYO」の地図が収められている『TOKYO 35°N』。「Romantic Geographic Archive」シリーズ第一弾書...
近頃よく目にする、世界の様々な街のタイムラプス動画。ここでは花の都・パリが舞台です。登場するのは、ルーヴル美術館や凱旋門など、いわば王道の観光スポットばか...