【AIEN Coffee and Hostel】北谷にある、通いたいカフェ

僕が「北谷」←この漢字の読み方を知ったのは中学生のとき。高校バスケの名門「北谷高校」をきっかけに、なんとなく気になる地名のひとつになっていました。
ちゃたん——。なんだか、かわいい響きです。

これまでは、サンセットビーチやアメリカンビレッジ、旧 海岸倉庫とか、いわゆる “アメリカンカルチャーの街” というイメージだったんですが、今回の取材で少しくつがえされました。

9月にオープンしたばかりの「AIEN Coffee and Hostel」が、毎日通いたくなるレベルで心地よかったんです。

「合縁奇縁」が
ありますように。

5a927d9a8a97eb0b256738f344db387073af47a44d8114185a0fdce387d903b1f67a5c43ae3949152202f6e36d4c6f71751248949a96133299f37057

朝は、7:00からオープン。土地柄、外国人のお客さんも多いです。

でも驚くべきは、その安さでした。TOAST、EGG、BACON、SALADにCOFFEEまで付いた「AIEN PLATE」が500円。

こういうイケてるお店にありがちな「あ、でも値段はそれなりにするんですね…」といった不意打ちはありません。CHICKEN STEAK付きの「KIEN PLATE」でも850円なので、ブランチとして朝からガッツリいきたい人でも大丈夫。

74b64b6af24d93c4f4999f91f6cffb31cd47ef891775568f8ef89c107da9b5aea14163c534a59fb790b245908c8fe917f15e58c370ecc7bc08cfb0b2

お店の名前は、フシギなめぐり合わせを意味する「合縁奇縁(あいえんきえん)」に由来。

砂辺エリアの旧海岸倉庫をリノベーションした「カフェ&ホステル」というスタイルになっていて、沖縄でも初なのだそう。

「仲間同士で立ち上げた」とは言うものの、それぞれバリスタや料理人、世界をバックパックで回った宿泊業のプロなどが揃っていて、この地でさまざまな人たちの縁を生んでいるんです。

歩いて3分で海岸
コーヒーはテイクアウトで。

D838b5478bc8d00521ae6fe0be29baa00d57fc7d153d0f53902908cd5e7bee901f83fc48ae50a1c29321caf50722cb830cfb61d4fb66050b4be63311

バリスタでもある店主、稲嶺さんが淹れるこだわりのコーヒー。この日飲んだ「AIENオリジナル」のアメリカーノは、エチオピアの豆をブレンドしていて、しっかりしているのにとてもフルーティ。

ドリップではなく、マシンを使って淹れたブラックコーヒーは、ほど良い酸味が寝ぼけた頭をスッキリさせてくれる一杯でした。

Ba23b90894e066eb71e1ac684bfdb4fecb0d12de

明るい光が差し込む店内でくつろぐのもありですが、徒歩3分ほどで海岸にも行けるので、テイクアウトも最高。レンタサイクル「AIEN号」で北谷の街を散策してみたり。

4202b2e65a77d08c65f23cf886125debe3b211b3

壁にかけられた、藍染めの『BORO』。

布切れを粗末にせず、つぎはぎ、大切にする、という意味を「合縁→藍縁」に込めているそうです。

E9d2d80fc7c0366449949ae00c1dda9a0c9f313d

お店で使われている陶器は、すべて徳島の「SUEKI CERAMICS」。

「4年前、四国のお遍路88ヶ所を野宿で回ったんです。なにか四国に関係するものを使いたいなって思ったときに見つけました」

と稲嶺さん。

あぁ、居心地がいい。

4e8203c4b7abb39417fc257844bd36b02f3de10807b9f0fa7150891c604417594dc609ba27a7bd1eA0da9d3bed0673e8401f538def47e192878e244827ebe2ee6d008e6f2277ef5027077c026c7a67d5C198461ce8bc6d519ce79794a373b476ea0ca69f

そして何より、笑顔がステキな店員さんたち。次に来るときはホステルも使ってみたいと思います。

 

…ということで、北谷の旅には「AIEN」が欠かせなくなりそうです。

AIEN Coffee and Hostel

住所:沖縄県中頭郡北谷町港6-9
電話:098-989-1430
営業時間:
モーニング 7:00-11:00
ランチ 11:00-17:00
カフェバー 18:00-23:00

[20名ドミトリー]
1人1泊 2,800円
[個室1部屋貸し切り 最大4名]
1室1泊 10,000円
[女性専用ドミトリー 最大6名]
1人1泊 3,200円

Photo by JAPAN LOCAL
カフェであり、雑貨屋さんでもあり、撮影スタジオでもあり——。そんな空間を沖縄で見つけました。外国人住宅をリノベしている「わわcafE」は、立ち寄るだけでも...
「函館」には、町を内側から元気にしようとしている人たちがいる。リードしているのは、箱バル不動産の代表、蒲生寛之さん。蒲生さんは4年前、地元函館の西部地区に...
福岡の中心部・天神エリアから地下鉄で約8分の中央区六本松にある「SEN&CO.HOSTEL」。住宅街にひっそりと建つここは、1階はカフェ兼フリースペース、...
7月2日、3日。今週末の土日は、このお店に注目。01.COBI COFFEE AOYAMA02.Little Pool Coffee03.The AIRS...
シアトルは自家焙煎の豆を使ったカフェが多いのも特徴です。そういうところは大抵、お店の名前が「〇〇〇ロースター」となっています。そこに誇りを感じますね。古き...
2015年12月、浅草にオープンした「BUNKA HOSTEL TOKYO」は、築30年の商業ビルをリノベーションしたホステル。日本の暮らしの中でふと感じ...
400年の伝統を誇る「波佐見焼」を、現代のコンセプトで革新するテーブルウェアとして誕生した「HASAMI PORCELAIN」を紹介する。日本の伝統漆器「...
これまで、海外のスイーツが上陸する場合に店を構えるのは、原宿や代官山あたりが定石だった。だからこそ、NY発の「DUMBO Doughnuts and Co...
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...
お店の名前でもある「ONIBUS」は、コーヒー大国ブラジルの公用語ポルトガル語で「公共バス」「万人の為に」という意味なんだそうです。今回、インタビューした...
関西のみなさん、お待たせしました。これまでにない斬新なコンセプトで大反響を呼んだ「BOOK AND BED TOKYO」が、ついに京都に上陸です。しかも、...
「1日、ここでまったり仕事をするのもいいなぁ」。そんな風に思ってしまった場所があります。北中城の外国人住宅が集まっている丘を上っていくと、たどり着いたのは...
いつの間にか、私たちの暮らしに欠かすことが出来なくなったコーヒー。そんな何気ない日常のカップの奥底には、遙かなるコーヒー豆たちの冒険が隠されている。果たし...
人の手で作られた、ぬくもりを感じさせるものは、なにも形あるものだけに限りません。『I Love Coffee』は、シアトル在住の岩田リョウコさんが、香りを...
「ねぇ、ホステルとゲストハウスの違いって何?」——って聞かれて、あなたは答えられますか!? どちらも泊まったことがある&旅行ガイドメディアに携わっているく...
2015年11月5日(木)、東京・池袋にこれまでにない斬新なコンセプトのホステルが誕生。提供するのは、「最高の寝心地」ではなく、あまりにも幸せな「寝る瞬間...
“非日常がまるで日常になる、シェアする旅の宿”。さまざまな国籍・年齢・キャリアの人々が、世界各国、もしくは日本各地から訪れます。近年ではリノベーションされ...
以前、TABI LABOでご紹介した「BOOK AND BED TOKYO」の1号店が、1月21日にリニューアルして「BOOK AND BED TOKYO...
日南市・油津商店街にある「fan! -ABURATSU- Sports Bar & HOSTEL」は、空き店舗再生プロジェクトの一環としてリノベされた、宿...
ブラジル・サンパウロには70以上のホステルがあり、毎日世界中から何百人もの若い旅人たちがやって来ます。たいてい1人身で、予算は少なめ。そんな彼らにゆったり...