沖縄・北谷で見つけたカフェ&ホステル「AIEN Coffee and Hostel」

僕が沖縄の「北谷」←この漢字の読み方を知ったのは中学生のとき。高校バスケの名門「北谷高校」をきっかけに、なんとなく気になる地名のひとつになっていました。
ちゃたん——。なんだか、かわいい響きです。

これまでは、サンセットビーチやアメリカンビレッジ、旧 海岸倉庫とか、いわゆる “アメリカンカルチャーの街” というイメージだったんですが、今回の取材で少しくつがえされました。

2017年の9月にオープンしたばかりの「AIEN Coffee and Hostel」が、毎日通いたくなるレベルで心地よかったんです。

沖縄のAIENで
「合縁奇縁」がありますように

朝は、7:00からオープン。土地柄、外国人のお客さんも多いです。

でも驚くべきは、その安さでした。TOAST、EGG、BACON、SALADにCOFFEEまで付いた「AIEN PLATE」が500円。

こういうイケてるお店にありがちな「あ、でも値段はそれなりにするんですね…」といった不意打ちはありません。CHICKEN STEAK付きの「KIEN PLATE」でも850円なので、ブランチとして朝からガッツリいきたい人でも大丈夫。

お店の名前は、フシギなめぐり合わせを意味する「合縁奇縁(あいえんきえん)」に由来。

砂辺エリアの旧海岸倉庫をリノベーションした「カフェ&ホステル」というスタイルになっていて、沖縄でも初なのだそう。

「仲間同士で立ち上げた」とは言うものの、それぞれバリスタや料理人、世界をバックパックで回った宿泊業のプロなどが揃っていて、この地でさまざまな人たちの縁を生んでいるんです。

歩いて3分で海岸
コーヒーはテイクアウトで

バリスタでもある店主、稲嶺さんが淹れるこだわりのコーヒー。この日飲んだ「AIENオリジナル」のアメリカーノは、エチオピアの豆をブレンドしていて、しっかりしているのにとてもフルーティ。

ドリップではなく、マシンを使って淹れたブラックコーヒーは、ほど良い酸味が寝ぼけた頭をスッキリさせてくれる一杯でした。

明るい光が差し込む店内でくつろぐのもありですが、徒歩3分ほどで海岸にも行けるので、テイクアウトも最高。レンタサイクル「AIEN号」で北谷の街を散策してみたり。

壁にかけられた、藍染めの『BORO』。

布切れを粗末にせず、つぎはぎ、大切にする、という意味を「合縁→藍縁」に込めているそうです。

お店で使われている陶器は、すべて徳島の「SUEKI CERAMICS」。

「4年前、四国のお遍路88ヶ所を野宿で回ったんです。なにか四国に関係するものを使いたいなって思ったときに見つけました」

とAIENの稲嶺さん。

あぁ、このカフェ
居心地がいい

そして何より、笑顔がステキな店員さんたち。次に来るときはホステルも使ってみたいと思います。

 

…ということで、北谷の旅には「AIEN」が欠かせなくなりそうです。

AIEN Coffee and Hostel

住所:沖縄県中頭郡北谷町港6-9
電話:098-989-1430
営業時間:
モーニング 7:00-11:00
ランチ 11:00-17:00
カフェバー 18:00-23:00

[20名ドミトリー]
1人1泊 2,800円
[個室1部屋貸し切り 最大4名]
1室1泊 10,000円
[女性専用ドミトリー 最大6名]
1人1泊 3,200円

Photo by JAPAN LOCAL
カフェであり、雑貨屋さんでもあり、撮影スタジオでもあり——。そんな空間を沖縄で見つけました。外国人住宅をリノベしている「わわcafE」は、立ち寄るだけでも...
日本全国のホステルで使える泊まり放題のパス「ホステルパス」の予約受付が10月からはじまりました。日曜日〜木曜日の間のみ使用できる年間パスは18万円(月15...
福岡の中心部・天神エリアから地下鉄で約8分の中央区六本松にある「SEN&CO.HOSTEL」。住宅街にひっそりと建つここは、1階はカフェ兼フリースペース、...
「ねぇ、ホステルとゲストハウスの違いって何?」——って聞かれて、あなたは答えられますか!? どちらも泊まったことがある&旅行ガイドメディアに携わっているく...
2015年にニューヨーク5番街にあったフラッグシップ店が惜しまれながら閉店。この度ロックフェラープラザにカムバックです。あの巨大鍵盤「THE BIG PI...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
2015年12月、浅草にオープンした「BUNKA HOSTEL TOKYO」は、築30年の商業ビルをリノベーションしたホステル。日本の暮らしの中でふと感じ...
「函館」には、町を内側から元気にしようとしている人たちがいる。リードしているのは、箱バル不動産の代表、蒲生寛之さん。蒲生さんは4年前、地元函館の西部地区に...
「1日、ここでまったり仕事をするのもいいなぁ」。そんな風に思ってしまった癒しの場所があります。沖縄県北中城の外国人住宅が集まっている丘を上っていくと、たど...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
昔ながらの沖縄の風景が残る南部で、暮らすように1週間くらい泊まりたい宿をエアビーで見つけました。場所は、斎場御嶽などの聖地が有名な南城市にある奥武島のつけ...
噂には聞いていたし、気にはなっていたんです。世界有数のオーガニックタウン、小川町(おがわまち)。そんな小川町に、最近新たにオーガニックコーヒーが飲めるカフ...
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
ある者は、冬山のガイドをしてもらいたくて。ある者は、弟子入りをしたくて。北海道の札幌にある小さなホステル「SappoLodge(サッポロッジ)」には、名指...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
沖縄の南城市にある、野草を知り尽くした会社「長生薬草(ちょうせいやくそう)」直営のビュッフェに行ってきました。沖縄の「野草」は、栄養素となる太陽やサンゴ礁...
日南市・油津商店街にある「fan! -ABURATSU- Sports Bar & HOSTEL」は、空き店舗再生プロジェクトの一環としてリノベされた、宿...
沖縄県の「国立公園」は、ただ見て周るだけではなく、山や海に飛びこんで “体験する” のがオススメです。ここでは「やんばる国立公園」「慶良間諸島国立公園」「...
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...
“非日常がまるで日常になる、シェアする旅の宿”。さまざまな国籍・年齢・キャリアの人々が、世界各国、もしくは日本各地から訪れます。近年ではリノベーションされ...
果報バンタ、フクギ並木、古宇利大橋、大石林山、あがいてぃだばし、ター滝、ワルミ大橋など、沖縄本島の車で行ける絶景スポットを集めました。ゴールデンウィークや...
大阪で働いていたサラリーマンが、移住先として選んだのは宮城県丸森町という人口1万4000人ほどの消滅可能性都市。「まるまるまるもりプロジェクト」という起業...
心底コーヒーが好きな人たちに向けて、最高の一杯を提供する。それがメルボルンという街。