乳ガンで乳首を切除した女優。彼女の勇気ある行動に、賞賛の嵐

32歳、ハリウッド女優であるアニエラ・マックギネスさん。彼女は乳ガンを患い、治療のために乳房を切除しないといけませんでした。無事にガン細胞をとり除いた彼女は、あるプロジェクトをはじめます。

乳ガン予防の啓発を促す
ユーモア溢れる写真

th_スクリーンショット 2015-11-05 17.44.24なんと彼女は、手術後の胸を写真におさめることにしたのです。自身を被写体にして、ユニークな方法で撮影する「My Breast Choice」というプロジェクトを開始。
上の画像は、マネキンを題材にしたもの。ガンの治療で、髪の毛が抜けてしまったことを彼女なりに面白く表現したのだとか。

th_スクリーンショット 2015-11-05 21.06.23これは、治療が終わった後アニエラさんに支給された人口乳首。それをあえてコミカルに表現しています。

「そんなに悲観しないで」
多くの人に勇気を伝える活動

最初は、乳房を失うことが不安で不安で仕方がないと思うの。でも、切除することはそんなに悲観する必要ないって言い続けたいわ

さらに自身のブログで、このプロジェクトをはじめようと思ったきっかけを紹介しています。

女性にとって、乳房というものは本当に大切なもの。でも、生き残るために犠牲にしないといけないこともある。そういった意志を真面目に、でもユーモアを持って多くの人に伝えたいと思ってるの

実は、アニエラさんはお母さんをガンで亡くしているのだとか。そんなこともあり、乳ガン予防の啓蒙活動に力を入れているのだそう。
こういった写真を撮る決断が、相当な覚悟だったことは想像に難くありません。ただ彼女のプロジェクトが広まることで、乳ガン患者の人たちを強く勇気付けることに繋がるのではないでしょうか。

Reference : My Breast Choice
Licensed material used with permission by IMP Features

Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
小学校の先生であるアドリアーナ・ロペスさんは、2015年1月に乳ガンと診断され、現在化学療法を受けています。そんな彼女を励ますため、生徒たちで結成されたコ...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
もし、おっぱいのガンになったら…と、女性ならば誰しも一度は不安を感じたことがありますよね。生活習慣を改善するなどして、なんとか予防出来ないものでしょうか?...
「Snapchat」がユーザーのメンタルヘルスをサポートする機能「Here for you」のローンチを発表。