「スポンジ・ボブ」は「LGBTQ+」?Twitter上で話題に!

アメリカの子ども向けケーブルテレビチャンネル「ニコロデオン」が、今月のプライド月間を祝福するツイートを投稿。

ツイートのなかで、スポンジ・ボブの画像がLGBTQ+の仲間たちと共に投稿され、ファンのなかでは「スポンジ・ボブはクィアなのではないか?」と話題になっているようだ。

© Nickelodeon/Twitter

「LGBTQ+コミュニティとその仲間たちと共に、今月、そして毎月プライドをお祝いしよう」との文言に合わせて公開されたのは、カラフルに彩られたスポンジ・ボブに『ザ・レジェンド・オブ・コラ』のコラ、『ヘンリー・デンジャー』のシュウォツ・シュウォーツ役で知られる俳優のマイケル・D・コーエン。

コラは作品中でバイセクシュアルとして描かれているほか、マイケルはトランス男性として知られているので、一緒に並んだスポンジ・ボブのセクシュアリティに注目が集まるのも当然のこと。

海外のツイッターでは「スポンジ・ボブ ゲイ」というワードがトレンド入りするなど大きな話題になっているようだが、正式にスポンジ・ボブのセクシュアリティに関して発表はされていない模様。

いずれにしても「ニコロデオン」のこの発表はファンやLGBTQ+コミュニティから好意的に迎えられ、「スポンジ・ボブを誇りに思う」との意見が多いよう。

大事なのはセクシュアリティではなく、ありのままを受け入れることだ。

Top image: © iStock.com/thenatchdl
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事